【タイ】 メークロンの線上マーケットに行ってきた

バンコク近郊にある線上市場へ行った話です。

2013年4月 1バーツ=約3円

僕は、電車を乗り継いでメークロンへ行った。

なのでその方法を紹介する。

◎はじめに

流れとしては、

1.ウォンウィアンヤイ駅⇒マハーチャイ駅(電車)1時間

2.マハーチャイ駅⇒バーンレム駅(渡し船)10分

3.バーンレム駅⇒メークロン駅(電車)1時間40分

この中で3番が一番本数が少ないので、これに合わせないいけない。

2014年3月現在、1日3往復なようだ。

バーンレム発⇒メークロン行(08:05, 12:05, 16:40)

メークロン発⇒バーンレム行(06:20, 10:20, 14:30)

※所要1時間40分。

すなわちチャンスは6回。

もし、朝8時5分の電車に乗りたいならば、6時半にはウォンウィアンヤイ駅を出ないといけない。

現実的なのは、12時5分の電車。

9時40分か10時40分発の電車に乗れば、間に合う。

ただ、10時40分の電車は乗換時間が、20分しかないので、オススメはしない。

◎線上市場までの行き方

国鉄の始発駅は、ウォンウィアンヤイ駅(Wongwian Yai)。

]

<アクセス>

BTSのWongwian Yai駅からは離れている。しかし、中心部から来る人にとっては、分かりやすい上、渋滞の心配も要らない。

カオサンからは82番バス(ミニバス)で1本。大きなバス通りの、王宮方面行。

宿があるクロントゥーイからは、4番赤バスで向かうことが出来た。

f:id:Kouhei50:20140321135936j:plain

↑赤バス

f:id:Kouhei50:20140329072424j:plain

↑ウォンウィアンヤイ駅

小さな駅だけど、露店やセブンイレブンがあるので不便ではない。

中は少し市場になっているようだ。

最初に目指すのは終点のマハーチャイ駅。10バーツ(約30円)。

f:id:Kouhei50:20140329072458j:plain

↑車内の様子

横揺れ、縦揺れがある。ローカル感満載。

後から聞いた話によると、日本製らしい。

 

1時間ほどで終点のマハーチャイ駅到着。だが、ここはまだゴールではない。

バーンレム駅へ行くには、川を渡らないといけない。

f:id:Kouhei50:20140329072545j:plain

↑マハーチャイ市場

人が多いので、スリに注意。

マハーチャイの市場を通り抜け、渡し船着き場に到着。
結構道が分かりにくいので、地元の人に聞きながら向かった。

5分ぐらいはかかる。

f:id:Kouhei50:20140329072607j:plain

↑渡し船


バーンレム行きの渡し船に乗車。3バーツ(約9円)。10分ほどで対岸に到着。
ここから歩いて5分ほどで、バーンレム駅到着。

終点のメークロンまでは、10バーツ(約3バーツ)

f:id:Kouhei50:20140329072636j:plain

↑バーンレム駅


1日に3本しか走らないメークロン線。ちょいちょい観光客もやってきていた。

◎メークロンの線上マーケット

電車に乗車し1時間半頃。

だんだんと雰囲気が出てきて、一番前へ行く。

f:id:Kouhei50:20140329072707j:plain

運転手さんが好意で中へ入れてくれた。

f:id:Kouhei50:20140329072851j:plain

だんだん近づいてきた。

f:id:Kouhei50:20140329072915j:plain f:id:Kouhei50:20140328070525j:plain f:id:Kouhei50:20140328070602j:plain


皆がこっちを見る。有名人になった気分。

 

終点に到着。屋台を折りたたむのは、電車が来て、出ていく2回。そして1日3便なので、計6回のみ。

f:id:Kouhei50:20140328070707j:plain

市場を散策。線路の上を歩けばいいので、簡単。
線路の横にはお店がたくさん。食べ物系が多い。
野菜とか線路の近くに置くけど、大丈夫なんだろうか。

f:id:Kouhei50:20140328070754j:plain

 

時間になると、片付け開始!
手際よく、テントを折りたたんでいく。

f:id:Kouhei50:20140328070846j:plain f:id:Kouhei50:20140328070925j:plain

 

そして、電車がやってきた。

f:id:Kouhei50:20140328071047j:plain f:id:Kouhei50:20140328071136j:plain f:id:Kouhei50:20140328071227j:plain

どんどん近づいてくる。

f:id:Kouhei50:20140328071334j:plain f:id:Kouhei50:20140328071426j:plain

自分の真横を通る。スリルあるけど、地元民はいつも様子で待ってる。

f:id:Kouhei50:20140328071509j:plain f:id:Kouhei50:20140328103800j:plain

電車が通りすぎると、再びテントを張る。

◎バンコクへ


周辺には食べ物系屋台もあるし、セブンイレブンもあった。タイではセブンをどこでも見かける。不便に感じたことがない。
帰りは、時間節約でロットゥーを使う。バンコクまで70バーツ(約210円)。頻繁に出ているので、すぐ戻れる。

f:id:Kouhei50:20140328071727j:plain


終点は戦勝記念塔。塔周辺
にも屋台がある。

たいていのロットゥーはここが起点。

f:id:Kouhei50:20140328071919j:plain

↑戦勝記念塔

BTSも走ってるので、伊勢丹やMBK、シーロムにも1本。

カオサンへは59番赤バスで1本。6.5バーツ。乗り場は沢山あるので、バスターミナルで確認したほうがよい。

十分日帰り可能な線路マーケット。バンコクに訪れた際は、是非行ってみてはどうだろうか。

2 件のコメント

  • はじめまして。この市場の情報を集めててたどり着きました。
    一つ疑問なのですが、『電車』ということはレールから給電しているわけですね?
    (架線が見当たらないので)
    本数の少ないローカル線をわざわざ電化して(沿線に変電施設も必要)、しかも線路から給電して走らせるとは、何か特別な事情があったのでしょうか?
    日本だったら、気動車で済ますとこですよね〜
    ほんと興味の尽きない国です^_^

  • >タイスキさん
    コメントありがとうございます。
    ごめんなさい、これは僕の言葉の使い方が間違っているかと思います苦笑
    鉄道事情について詳しくないのですが、気動車と見られるので、正しくは『鉄道』と表記すべきでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です