【イモトのwifi】レンタル〜返却までの流れと使用方法総まとめ




f:id:Kouhei50:20170729122259p:plain

海外旅行先で日本同様にLINEやInstagramなどのSNSやネットを使おうとすると、必要になってくるのがネット環境。

世界でも着々とWifiが導入されるホテルや飲食店が増えてきたものの未だ限られています。また、導入されていても毎回違う飲食店で繋ぐのは面倒なもの。free-Wifiではセキュリティも不安ですよね。

かといってdocomoやau、ソフトバンクの回線を使って海外でネットを使用すれば数十万かかってしまうかもしれません。そんな時に便利なのが海外レンタルWifiです。   1日数百円〜使用でき、日本での受け取りから返却も非常に楽なのがイモトのWi-Fiです。   芸能人のイモトさんが使っており知名度も高いwifiでしょう。

イモトさんの評判も良く、イモトのWi-Fiの評判も上々です。

この記事では、海外wifiをレンタルして海外旅行へ行こうとしている方にオススメのイモトのWi-Fi新規について価格やメリット、特徴や注意点を徹底解説していきます。

イモトのwifiとは

f:id:Kouhei50:20170729122259p:plain

イモトのWi-Fiはエクスコムグローバルが運営する海外レンタルwifiです。

エクスコムグローバルは1995年に創業し、海外渡航時の携帯電話レンタルサービスを提供してきた会社なので、通信業界では強い信頼があります。大手法人も多く契約していることから信頼は伺えるでしょう。

名前にもある通り芸能人のイモトさんを起用しており、好感度、知名度共に非常に高いレンタルwifiだといえますね。

イモトのwifiのメリット4選

f:id:Kouhei50:20170806133738j:plain

まず、イモトのwifiをレンタルして海外旅行へ行くメリットを紹介していきますね。

世界130以上の国・地域で利用可能

f:id:Kouhei50:20170806133838p:plain

まずはこれ。世界200以上の国と地域で使えるので、学生の卒業旅行や社会人の短期旅行なら大体どこでもつかえると思っていいでしょう。海外旅行でイモトのWi-Fiが使えない国に行く人は、相当ニッチな仕事をしてる人が僕みたいな変わり者でしょう。

【海外WiFiレンタルのグローバルWiFi】なんかも200カ国以上対応していますが、実際そんなに対応する必要はないでしょう。

周遊プランが豊富

f:id:Kouhei50:20170806133916p:plain

【香港・マカオ】や【ヨーロッパ周遊】など他にはない周遊プランが豊富です。 学生の卒業旅行や夏休みでヨーロッパ数か国行く場合なんかはイモトのWi-Fiがおすすめ。学割などのキャンペーンも随時行われているので要チェックです!

イモトのWi-Fiの詳細はこちら

利用者が多く口コミが豊富

海外WiFiはWifiの普及に伴い今では多くのサービスが登場しています。「次の海外旅行でwifiをレンタルしよう!」と思っても聞いたことがあるのはイモトのWi-Fiぐらいだと思います。   他には

  1. ワイホー
  2. グローカルネット
  3. 海外専用グローバルWiFi

なんかがあります。   それでも利用者が多いのはイモトのWi-Fiですよね。

正直、短期間の旅行なら他の会社と比べても、合計額が数百円安いか高いかぐらいしか変わらないことがほとんどです。だったらどっちを選ぶか?ってなったら知名度の高いイモトのWi-Fiですよね。

ユニクロのシャツ3000円で無名なブランドのシャツが3000円で、どちらも同じ服だったとしたら、ユニクロですよね。wifiにも言えて、ブランドイメージはすごく大事です。

イモトさんを起用するぐらい儲かってる会社ですし、レンタルwifiに機材不良などが起こらないように注意ははかられていることでしょう。   イモトのWi-Fiは申込みの手順も楽そうだったし、Twitterで検索しても口コミがすぐ見つかるからオススメです。

手続きが非常に楽

f:id:Kouhei50:20170806134601p:plain

海外旅行でストレスフリーにネットを使用する場合、レンタルwifiではなく現地でプリペイドSIMを契約するという方法もあります。   しかし、日本では多くの人がdocomoやau、ソフトバンクなどのキャリア契約をいており、SIMを見たことがある人も多くはないでしょう。

慣れていないと現地で契約するのは難しいので、日本でレンタルしていくのがおすすめです。   イモトのWi-Fiは空港で当日手続きすることも可能です。

ただし、空港で手続きする場合、保安検査場を先に通ってしまうとどうやってもロビーに戻れないため、事前契約して家に送るのがオススメです。

イモトのwifiのデメリット(できないこと)

次にデメリット。メリットだけでなくイモトのWi-Fiでできないことも合わせて紹介しますね。   あくまでもイモトのWi-Fiはポケットwifiが海外でも使えるサービスなので、日本と違ってできないこともあるので認識しておきましょう。

バッテリーの持ちに不安あり

f:id:Kouhei50:20170729130544j:plain

ポケットwifiは充電の減りが早いです。1日外で使いっぱなしなんてほとんどのポケットwifiが不可能。フルで使い続けたら3時間ぐらいで電源が切れることだってあります。   一応wifiレンタル時にモバイルバッテリーのレンタルも可能ですが、1日250円(税抜き)の料金がかかるので買ってしまったほうがいいです。

モバイルバッテリーとはこのようなものですね。充電しておいて持ち運べる形式のもの。ポケットwifiだけでなくiPhoneやAndroidなどのスマートフォンも充電できるため容量の大きい、たくさん充電しておけるものがオススメです。

レンタルのモバイルバッテリーは何度も充電されているため、MAXに充電しても規定の容量までないこともあります。

僕はiPhone7回分充電できる大容量のものを使ってます。いざという時に電源がなくなるのは困りますからね。

短期滞在向け、長期旅行者には割高

はっきり言ってレンタルwifiは短期旅行にしか向きません!日割りでの料金計算になるのでどうしても長期旅行では割高になります。   なのでワーキングホリデーや短期留学には不向きです。ワーキングホリデーなどで長期滞在する場合は現地でSIM契約などをしましょう。実際にレンタルwifi が割安で使えるのは1週間ぐらいまでです。

長くて2週間。   1ヶ月に及ぶ場合は割高になります。

通信制限あり

f:id:Kouhei50:20170729130315j:plain

イモトのWi-Fiを始めレンタルwifiほぼ全て通信制限があります!使い放題じゃありません。

直近3日間で400MBの縛りがあるのでYouTubeなどの動画視聴はおすすめできません。それでもLINEのテキストメッセージなら20万回ぐらい(笑)も送れるので通常使用には問題ないでしょう。

10人などで旅行する場合は2つ契約するなどが良さそうです。

電話番号での電話は不可能

あくまでもレンタルwifiはデータ通信が行えるのみ。080〜や090〜で始まる電話はできません。   データ通信でできる電話としては

  1. LINE
  2. Facebook
  3. スカイプ

などがあるのでどれか1つでもやってる人は不便に思わないでしょう。間違って090〜などの電話にかけると数千円〜数万円の請求がくることもあるので注意!

複数人での使用不可

当たり前のことですが、2人で行って別行動する場合はどちらかが持つことになります。   2人同時にwifiに繋ぐことはできますが、当然ながら電波の届く距離に居なければいけません。   複数人で離れる場合

  1. 誰が持つか
  2. 集合場所と時間

などなど事前に決めておくと良いでしょう。集合は場所はなるべくフリーwifiのある場所か、カフェなどにしておくと安心ですね。

wifiレンタルから返却までの流れ

海外Wifiは、今では海外旅行者にとって当たり前でレンタルから返却までの流れも非常に分かりやすくなっています。 イモトのWi-Fiについて紹介しますが、基本的にどの会社を使っても同じでしょう。

事前申し込み

f:id:Kouhei50:20170806134125p:plain

海外渡航前にインターネットで事前申し込みをする必要が有ります。電話での申込みは不可能です。 成田空港や羽田空港での受取希望の場合、前日16時までの申込みが必須。関西国際空港や中部国際空港(セントレア)の場合、2日前の16時まで。

宅配は地域によって2〜4日前の申込みが起源になっています。   当日申し込みを受けている空港もあり

  1. 羽田空港
  2. 成田空港
  3. 関西空港
  4. 中部空港(セントレア)
  5. 福岡空港
  6. 新千歳空港

となっていますが、当日は時間に余裕がなくなるので、時間に余裕がある方は事前のレンタルがおすすめです。

受け取り(空港or自宅配送)

f:id:Kouhei50:20170806134147p:plain

申し込みを行ったら空港又は自宅へ配送してもらいましょう。空港で受け取っても配送でも手数料がかかります。 イモトのWi-Fi受け取り手数料

  1. 空港受取手数料:500円/台(+税)
  2. 宅配受取手数料(宅配送料):全国一律 500 円/台(+税)
  3. 渋谷本社受取:手数料無し

空港で受け取っても事前配送でも500円かかるので事前配送を行いましょう。時間がなくてレンタルできなかったり、保安検査場を通ってしまう致命的なミスを無くすことが出来ます。

海外で使う

f:id:Kouhei50:20170806134043p:plain

レンタルしたら海外で使いましょう。日本のポケットwifiと同じように

  1. ポケットwifiの電源を入れる
  2. スマホなどのwifiをONにする
  3. 接続する(ポケットwifiにパスワードが貼ってあります)

簡単ですね。電源をONにしたら充電に注意しましょうね。

返却(空港or返送)

f:id:Kouhei50:20170806134211p:plain

使い終わったら返却です。   返却時に手数料はかかりませんが、配送で返却する場合送料はこちら持ちになります。直接返却出来る空港があるので該当する空港の場合はそちらで返しましょう。

直接返却できる空港

  1. 成田空港
  2. 羽田空港
  3. 関西空港
  4. 中部空港(セントレア)
  5. 福岡空港
  6. 新千歳空港

となっています。

イモトのwifiの料金

対象国A:480円/日

アジア・パシフィック

インド タイ フィリピン マレーシア 中国 台湾 韓国 香港(マカオを除く)

対象国B:980円/日

北米

アメリカ アラスカ カナダ

ヨーロッパ

イギリス イタリア ドイツ フランス

アジア・パシフィック

インドネシア カンボジア シンガポール ベトナム マカオ(香港を除く)

オセアニア

オーストラリア(豪州) ニュージーランド

ハワイ・グアム・サイパン グアム サイパン ハワイ

対象国C:1280円/日

ヨーロッパ

アイスランド アイルランド アルバニア イギリス領ジブラルタル エストニア オランダ オーストリア(EU) キプロス ギリシア クロアチア サンマリノ ジャージー スイス スウェーデン スペイン スペイン領カナリア諸島 スロバキア スロベニア チェコ共和国 デンマーク デンマーク領フェロー諸島 ノルウェー ハンガリー バチカン市国 バレアレス諸島 フィンランド ブルガリア ベルギー ボスニアヘルツェゴビナ ポルトガル ポルトガル領アゾレス諸島 ポーランド マルタ マン島 モナコ ラトビア リトアニア リヒテンシュタイン ルクセンブルク ルーマニア ロシア

アジア・パシフィック

スリランカ ミャンマー

中南米

アルゼンチン ブラジル メキシコ

中東

アラブ首長国連邦 イスラエル

アフリカ

南アフリカ共和国

対象国D:1580円/日

ヨーロッパ

アゼルバイジャン イギリス領ガーンジー島 ウクライナ オーランド諸島 グリーンランド ジョージア(グルジア) スヴァールバル諸島 セルビア共和国 ベラルーシ マケドニア マディラ諸島 モルドバ モンテネグロ共和国

アジア・パシフィック

キルギス共和国 タジキスタン ネパール バングラデシュ パキスタン ブルネイ ブータン モンゴル ラオス オセアニア サモア独立国 タヒチ島 トンガ王国 ナウル共和国 バヌアツ パプアニューギニア フィジー諸島

中南米

アルバ アンギラ アンティグア・バーブーダ イギリス領ケイマン諸島 イギリス領バミューダ イギリス領バージン諸島 ウルグアイ エクアドル エルサルバドル オランダ領アンティル諸島 ガイアナ グアテマラ グアドループ グレナダ コスタリカ コロンビア サン・バルテルミー島 サン・マルタン ジャマイカ スリナム セントクリストファー・ネイビス セントビンセント・グレナディーン島 セントルシア タークス・カイコス諸島 チリ トリニダード・トバゴ ドミニカ ドミニカ共和国 ニカラグア ハイチ共和国 バハマ バルバドス パナマ パラグアイ フランス領ギアナ プエルトリコ ベネズエラ ベリーズ ペルー ホンジュラス ボリビア マルティニク モンセラット

中東

アフガニスタン アルメニア イエメン イラク ウズベキスタン オマーン カザフスタン カタール クウェート サウジアラビア トルコ バーレーン パレスチナ自治区 ヨルダン

アフリカ

アルジェリア アンゴラ共和国 ウガンダ エジプト カメルーン ガボン ガンビア ガーナ ギニア ギニアビサウ共和国 ケニア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国 コートジボアール ザンビア シエラレオネ ジンバブエ スワジランド セネガル セーシェル共和国 タンザニア チャド ナイジェリア ナミビア ニジェール フランス領レユニオン ブルキナファソ ベナン共和国 ボツワナ マダガスカル マヨット マラウイ マリ モザンビーク モロッコ モーリタニア リベリア共和国 ルワンダ レソト王国 西サハラ 赤道ギニア共和国

レンタルwifiは非常に便利

長々と説明しましたがレンタルwifiは非常に便利だということ笑

フリーwifiも増えてますがまだまだ不便な事が多いですし、普段日本で問題なく使ってるネットが使えないのはストレスになります。

事前に考えた旅行プランがその通りに行くことはなく、道に迷ったりはぐれてしまった場合など、とっさのプラン変更にインターネットがあるとないのではスムーズさが違います。   万が一の事態にもポケットwifiがあれば安心ですね。

イモトのWi-Fiの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です