【ミャンマー】 ヤンゴンのB級スポット"Happy World"に潜入














ヤンゴンのB級スポットに訪れました。

2014年9月 1MMK=約0.1円

ヤンゴンに来たら行きたかったスポット。それが”Happy World”だ。

名前からしてワクワクするような場所、ヤンゴンで人気のスポットらしいのだが実にB級な雰囲気を漂わせているということで早速向かってみた。

◆ハッピー・ワールド

ハッピー・ワールドはシュエダゴンパヤー南門のすぐ近くに位置する。

早速ゲート前にはB級感漂う看板が。

ミャンマー文字で書かれていてワクワクしてくる。

某ドナルドが出迎え。

ちなみに反対側。

なんと今年は”Happy World”が創設されてから20周年。

ヤンゴン市民に愛され20年、記念すべき時に訪れてしまった。

どこかで見たことがあるようなキャラクター。

統一感0のオブジェ。

そしてオヤジ。

ただのエロ親父じゃねーか。

力が入っております。

ヤンゴン市民に愛されていますね。

早速中へ。入場料200MMK(約20円)を支払う。20円って安すぎ。

何と5Dがヤンゴンにあります!

江南スタイルとアバターと数年遅れている感、最近外資入れたので仕方ないこと。

ミニメリーゴーランド。ヤンゴン最大の遊園地なんだけど、中は地方のゲームセンターぐらい。板橋にあるラウンドワンのほうがよっぽどデカい。

ニモ。

朝10時。家族連れ、友達同士、カップルなど。少し賑わってるハッピーワールド。

ウルトラマンいました。

世界のミッキー。

トーマスです。

スポンジボブ。アメリカ資本入りすぎ。

何とホーンテッド・マンションもあります!

ちなみにこれらのアトラクションに入る&乗る場合は別途料金が必要。富士急方式。

スタッフさん良い笑顔です。舞浜にいるスタッフに負けておりません。

アラレちゃんいた。

マリオもいる。

ちょっと怖いです。

跳ねろ若鯉。

誰が乗るんですかね。

B級感溢れるミッキー。

江南スタイル流行ってる割りには、こちらの流行は早い。

ちなみに雪がないヤンゴンでは、ヒンヤリするこの場所はカップルに人気みたいだ。

カラオケもある。遊園地というよりかは巨大アミューズメント施設。

ビリヤード台もある。

ヤンゴンのホットスポット、”Happy World”。B級感を味わいたい人にオススメの場所だ。

ちなみに周囲は池と緑で囲まれてまったりできる場所。

◆Happy Worldまとめ

【入場料】200MMK(約20円)※中のアトラクションは別途代金必要

【営業時間】09:00~21:00

【アクセス】ダウンタウンからタクシーで2,000MMK(約200円)、バスなら43番100~200MMK(約10~20円)

【場所】シュエダゴン・パヤー南門近く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です