【メルボルン】インド料理:「Delhi st」で絶品バターチキンカレーを味わう。

2019年4月 1AUD=約78円

多民族国家のオーストラリア。世界各国の料理が味わえて、特にメルボルンとシドニーには固まっているので、多様性がある(見た感じ)。
インド系はここ最近流入が増えてきた層。中国系やアラブ系に負けない勢い。確か2番目に多かったんじゃないかな。
メルボルンのCBDで美味しいカレーが食べられる店があるので紹介したい。

5秒で分かるコンテンツ

Delhi Streetでカレーを

CBDの西側。Southern Cross駅近くに位置している。大通りではなく小道に面しているけど行けば分かる。

ここは昼と夜で営業していて、メニューは一緒。ターリーが13-16AUDとCBD内では良心的な価格設定。それ故、サラリーマンの割合が多い。ただインド系のお客さんもいたので、それは信頼できるポイントだと思う。
ボリウッドのポスターが貼ってある壁は印象的。

13時過ぎだったけど、カウンター席は空いていたので直ぐに座れた。水道水は無料で持ってきてくれる。ありがたい。

デリーストリートという名前のように北インド料理。「これ!」ていうものはないけど、どれも美味しそうに見えた。

僕はバターチキンのターリーセットを注文(15AUD:約1,170円)。
ローカル度合いを出すならベジタブル(13AUD:約1,014円)なんだろうけどバターチキンが食べたかった。

早速到着。2つカレーがあるけど、どちらもバターチキン。ライスとナン、パーパル(おせんべい)とピクルス。一般的な内容。

バターチキンを一口食べたけど、僕が好きな甘々バターチキンで最高すぎる。
東京の「ムンバイ」ていうカレー屋のバターチキンに味が似ているんだよね。ハチミツを隠し味で使っているのかな?と前話したことがあるけど、とりあえず旨し。

ライスも臭みはないし、ナンもしっかり焼かれているし、東京で食べるバターチキンと遜色ないぐらい。これはレベルが高いと思うよ。

ボリュームあるし、夜もこの価格で食べられるのは魅力的。
「オーストラリア来てカレー?」と思うかもしれないけど、インド系の文化の一つでもあるので堪能してみるのもオーストラリアらしさであるだろう。

会計は出るところで。中々良いご飯であった。夜も空いているので、安価に食事をとれるのは魅力的だ。

お店の情報

【店名】Delhi Streets
【住所】22 Katherine Pl, Melbourne VIC 3000
【営業時間】平日:11:30-14:30 / 17:30-21:30、土:17:30-21:3-、日:休
【HP】http://www.delhistreets.com.au/
【地図】

海外旅行先でも自由にSNSを使いた人必見!

旅行先でwifiを探して困った経験はありませんか?海外wifiなら1日数百円で自由にネットが使えます!今ならオトクなキャンペーンも実施中!