【タイ】バンコク:「Wat Pariwat」(ワット・パリワット)がB級スポットすぎて最高すぎた。

2018年1月 1THB=約3.5円

バンコクのB級スポット

バンコクに来てからどうしても行きたかった場所があった。
それが「Wat Pariwat」だ。普段お寺に興味がない僕は大抵のところはスルーしている。

そんな興味のない僕が気になるこのお寺、とてつもやくB級ということで訪れてみた。

お寺へのアクセス

場所はバンコクの南側。地図で見ると「遠くない?」と思うかもしれないけど、実はかなり簡単に行くことができる。
一番簡単なのは「BRT」を使うこと。
BTSの「チョンノシー」駅から始発に乗ることができる。この時、BRTの駅名は「サトーン」になる。

BTSでチョンノシー駅を降り、そのまま連絡通路を通ってBRTの駅に到着。
チョンノシーは2つ出口があるので、シーロム側から来た人は進行方向へ、サパーンタクシーン側から来た人は逆向きへ。

BRTは一律15バーツ(約53円)、どこからどこに乗っても値段は同じ。
券売機では行き先を押すけど、どこを押しても料金は変わらない。券売機は100バーツ紙幣まで対応可。お釣りは全てコイン。

BRTは15分に1本ぐらいのペースで動いている。サトーン駅は冷房が効いているので、待っていても不快感はない。

BRTの始発からだいたい10分ちょっとで到着する。
降りる場所は「Wat Pariwat」とそのまま。
アナウンスもあるし、前の液晶画面にも表示されるので分からないことはない。

お寺は駅の真向かいにある。
チョンノシーから来た人は左手、逆は右手にお寺への入口が見える。
歩道橋を渡り、降りて、そのままソイへ入っていこう。

50mぐらい歩くと広い場所に出るので、そのまま目の前に見えるお寺へと向かえば良い。
早朝や夜はどうなっているか分からないけど、日曜の朝8時過ぎでは空いていた。

路線バスを使いたい人は、205番が目の前を通る。ただクロントゥーイから出て、そのまま湾沿いへと走るので、あまり使う人は多くないかも。
205番は赤のエアコンなしとエアコン付きの青バスとなる。

地図:

著作権すれすれな境内

2つ建物が並んでいるけど、向かって右側が盛りだくさん。

パッと見た形は普通の寺院だけど、よくよく石像を見ると、「おいおい」と思うようなものばかり。
写真にコメントを加えながら紹介していきたい。

先頭はこの方。ピカチュウの可愛さを取り除き、若干気持ち悪くした形。


上を見上げるとアメリカンなキャラ。

スーパーマン。だけど顔や髪形はエルビスプレスリー。なんでリーゼント。

これは・・・。

なんで乳首だしてんねん。変態。

これにはピノキオもこの表情。

タイのお寺は基本的に何かしらあるんだけど、コンセプトがよくわからない。


ワイルドなじいさんたち。

うさぎ・・・。

気合の入ったカッパ。

急にエジプト。

いると思ったわルフィ。


弱そう。

仏教の世界観とは。

装飾は美しいんだよね。

何してんの。

ロックだなぁ。

石頭相撲。

世界一かわいくないパンダ。

東京都なら条例違反になるレベル。

さすがにタバコ吸うやつは初めてみた。

右は痩せてる日村みたい。

スマホ見て頭抱えてる。

カリブの海賊。

仏教の寺院だけど、その根底を覆してきそうなものばかり。他の文化や宗教も入っていいんだね。。。

著作権や肖像権を完璧に無視したギリギリな石像。
とてもB級感があり、最高だった。こういうスポット好きだな。

まとめ

僕以外人はいなかったけど、中々観光客には知られてないスポット。ローカルさを体感できる。
時間が許せば行ってみてほしい。