【タイ】バンコク:「One Day Hostel」がオシャレで快適で、最高すぎる。

2018年1月 1THB=約3.5円

One Day Hostel(ワンデイホステル)

【住所】51 Sukhumvit 26 Alley, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110
【宿泊日】2018.01.08~01.10(2泊)
【評価】★★★★★
【料金】ドミトリー(8人):900THB(2泊分)
【設備】
Wifi:○(高速) シャワー:温 洗濯機:○(30THB、ドライは10分10THB) エアコン:○ キッチン:○ バスタオル:○ 物干し場:×
その他:ボディソープ、シャンプー、紅茶、コーヒーなど
【アクセス】BTSプロンポン駅より徒歩6,7分
【地図】

予約

お馴染みのbooking.comで予約。
booking.comなら複数の予約サイトで少しでも高い場合は、他サイトと同じ価格まで下げてくれる利点がある。

アクセス

・空港から

一番簡単なのは、エアポートリンクでパヤータイ(終点)まで出て、BTSでプロンポンまで行く方法。
確実だし、渋滞知らず。安価な移動手段。

タクシーだと高速代を入れても300~350THBぐらいはするんじゃないかな。

本当に安価なのは、空港近くのバスターミナルからロットゥーでオンヌット、オンヌットから路線バスでプロンポンに行く方法。
バンナー周辺、スクンビットで渋滞があるので、時間があり、本当に安く行きたい人向け。

・BTS プロンポン駅から

プロンポン駅から徒歩6,7分程。
BTSの4番出口を降りて、道を引き返す。最初のT字路の信号がある交差点を右折(Soi Ariに入る)。
右手にダブルツリーが見えてきたら、そろそろ到着となる。

進行方向左手に「One Day」と書かれた看板が見えてくる。
路地に入り、一番奥の入り口がホステルのエントランスとなる。

周辺施設

Soi Ariを南に行けば大きなBig-cとテスコがある。
セブンイレブンは駅との途中に位置しており、Tops Marketもトンロー寄りにある。

バミーが美味しいルンルアンも近くにあるし、夜遊びしたい人はマッサージなども駅まで行く途中に建ち並んでいる。
プロンポンは在住日本人が多いため、日本人向けの店が多いので、プロンポンだけで用事が事足りることも。
駅前にはエムクォーティエとエンポリアムの2大ショッピングモールがあるし、屋台や食堂も周辺に点在している。

スクンビット通り沿いならどこでも便利だけど、特にプロンポンは拠点の一つとしてはちょうどいいんじゃないかな。

【タイ】 バンコク:地元民に人気の麺食堂「ルンルアン」。

2015.09.14

【タイ】 バンコク:「ピンクのカオマンガイ」顔負けの激旨!カオマンガイ屋台。

2015.09.16

【タイ】 バンコク:プロンポンの日本人御用達食堂「イムちゃん」

2015.10.17

チェックイン/チェックアウト

チェックイン:14時
チェックアウト:12時

ルームキーをもらうことになるけど、デポジットで100THB取られる。勿論チェックアウトのときに返してくれる。
宿代もチェックイン時にお支払い。

ホテルの設備

WIFI

WIFIは3つのアクセスがあり、どれを使っても良い。ルームキーの裏にユーザーネームとパスワードがかかれている。
速くて快適なんだけど、スマホだと一度消して、2,3分ぐらい経つと、再度ログインをし直す手間がかかってしまう。
ちょっとパソコンをいじって、スマホを見ようとする時に、やり直しとなるので、そこだけが微妙なところかな。仕方はないけど。

ベッド&部屋

8人ドミトリーに宿泊。部屋は広く、バッグを置いてもスペースはまだある。
各ロッカーがあり、リュックなら入れられる(30Lぐらいかな)。鍵は自分で用意する必要がある(南京錠など)。

ベッドにはライトとコンセント、小物入れが完備。上だと水を置くスペースはないけど、それ以外は問題はない。
スマホを充電しながら、メガネも小物入れに差しておけば睡眠の妨げにならないよ。

シャワー&トイレ

シャワーとトイレは大量にある。
トイレは10室以上、シャワーも5,6室ぐらいあった。
余裕を持って作れているので、トイレ待ちなども発生していない。

シャワーは服をかけるスペースはあるけど、1つしか留め具はないので、持っていくものは選んでおくのがいいかな。
シャンプーとボディソープは備え付け、ホットシャワーがちゃんと出る。

またチェックイン時にバスタオルが貰えるので、特段用意していく必要はない。

朝食

朝食は朝8時から12時までと長い。
フロントでクーポンを貰い、横の「タプローム」というカフェで取ることになる。

卵の焼き加減(目玉焼きかゆでたまご)を選び、トーストとウィンナーがセットで出てくる。
飲み物はコーヒー、紅茶、オレンジジュース、水とフリー。オレンジジュースは濃厚で美味しかった。

ここもWi-Fiがつながるので、のんびり朝ごはんを楽しめる。

その他

洗濯(ランドリー)

フロント近くに洗濯機2台と乾燥機1台がある。
洗濯機は30THB(約99円)、乾燥機は10分10THB(約33円)。
10バーツコインしか使えないので、フロントに頼めば両替してくれる。

洗濯機は1時間弱、乾燥機は40分ぐらい見ておけばいいかな。
洗剤は要らず、洗濯機も乾燥機も自動なので、服入れて、ドア閉めて、コイン入れておくだけでOK。

その間WIFIとか繋いで待っておけば、結構時間はあっという間に過ぎていく。

共有スペース

宿には広々とした共有スペースがある。WIFIは速いので、ここで作業するのも良い。
洗濯機も近いから、作業しながら洗濯を待つと効率的。
冷房も効いてるし、コーヒーや紅茶なども飲み放題。少し蚊が多いかなとは思ったので、長ズボンとかだといいかな。
居心地よかった。人がいないとエアコン消されることがある。

コワーキングスペース

ホステルの横にコワーキングスペースが併設されている。
1日250THB(約825円)で利用が可能。
人は少ないし、静かだし、電源あるし、WIFIもサクサクだし、コーヒーや紅茶も飲み放題だから勝手はいいかも。
少し短時間で使いたい人は、横のカフェで飲み物頼んでパソコンいじるのでもいいと思う。カフェの雰囲気もとても良い。

まとめ

バンコクのワンデイホステルを紹介した。プロンポン駅から少しだけ歩くけど、広々としており、快適。
清潔だし、宿泊している層も良い(騒がない、マナーが悪い人がいなかった。たまたまかもしれないけど)。
洗濯機や乾燥機もあるし、共有スペースがゆったりできて最高。

一人でも良いし、カップル同士でも良いし、友達同士でも全員が楽しめるホステルだと思う。オススメできる。