【中国】北京南から天津へ、高速鉄道(新幹線)の一等車に乗車する。

2017年9月 1人民元=約17元

京津高鉄

2泊3日の北京旅行、往復天津で取っていたので、天津と北京を往復する必要があった。

天津と北京は高速鉄道で30-40分程で結ばれており、かなり近い。

往路は下記記事で紹介したが、二等車だった。今回は一等車に乗ったので、その雰囲気を紹介したいと思う。

【中国】天津から北京南へ、わずか40分の高速鉄道(京津高鉄)で移動する。

2018.02.12

チケット購入からホームへ

僕は天津で往復のチケットを購入していた。発駅以外の場所で買うと5元が手数料としてかかる。だけど、北京南駅でチケットカウンターを探す手間暇、並ぶ時間などを考えると初めから往復を買っておくのが良いと言える。

北京南駅は広い。地下鉄駅から直結なので便利なんだけど、まあ広い。早めに着いておこう。

地下鉄駅を降りて、そのまま案内通り、2階の待合室まで向かう。乗り場や時間帯ではエクスプレスレーンがあるようだが、天津行きは違うのでそのままコンコースへ。

まずは手荷物検査、そしてエスカレーターをずっと上がっていく。

2階のコンコースへ到着。ここから各乗り場へと行けるけど、空港みたいな雰囲気だな。

地下鉄降りてから乗り場まで、かなりスムーズで行けたので、10分かからなかった。
ただ月曜の11時半頃の話なので、連休や土日とかだと混み合っているだろう。

ちなみにこのコンコースにも、チケットオフィスはある。
手荷物検査からこのコンコースまでチケットチェックはなかったので、先にここまで来てしまい、チケットを買うのでも良いだろう。
ちなみに自動券売機もあるけど、パスポートの日本人は使えない。
ただ平日の11時半頃だったが、それなりの列はあったので余裕は見て欲しい。

とはいえ、このコンコースにも飲食店は沢山あるので、例え1時間後の電車でも時間潰しはできるはずだ。ベンチも多いのでどこかしらかは座れる。
上海行きは物凄く人がいて、天津行きは本数が多いからか平日だからか、乗り場周辺は人が少なかった。

この電光掲示板とか空港だぜ。
車降り場から直接手荷物検査、コンコースと行けるのでタクシーや送迎車だと便利かも。そんなに手荷物検査でも待たされることはないはず。

僕が乗るC2051(北京南12:23-12:58天津)は15分ぐらい前から搭乗スタート。5分ぐらい前には締め切られるので注意。このホームの前の電車で、おばちゃんがギリギリに来て乗れなくて係員と争っていた。

それにしても改札前になると長蛇の列。指定席なのに急ぐ必要があるのだろうか。ちょっと待てば人ははけるので、のんびり行くとしたい。
ちなみに改札は2つあるけど、乗る号車によって異なるので、何号車は確認しておこう。

また改札時に切符とパスポートチェックがあるので、顔写真ページを開いておきたい。

北京南から天津へ

ホームに降りる。列車は8両編成なのだが、一等車は5号車にある。列車のタイプにより1等の場所が異なるようで、この白と青の電車(和諧号)は5号車、赤ぽいの(復興号)は1号車という様子。


ビジネスシートは端にあるのは変わりがない。1等車は5号車のみで他は2等車。

1等車はやまびこのグリーン車みたいな雰囲気。2列×2列で足元もゆったり。前に荷物置いても、脚は完全に伸ばせる。
満席だけどそこまでうるさくはなかった。ある程度お金持ってそうな若い人多かったな。

車内誌もある。オール中国語。「物流時代」とタイトル的には面白そう。

定刻通り出発。快晴の北京市。出発してからパスポートとチケットチェックが再度ある。皆んなされるのでわざと1等に乗ってないかという確認かな。

列車は途中289km/hまで出るが300km/hにはならず。
景色を見ようかと思ったけど眠さに負けて仮眠タイム。40分ぐらいなので、あっという間の到着。ノンストップだった。
天津は北京とは違って、スモッグがかかっている。ホームを降りる、出口は地下なので階段を下っていく。

改札に切符は入れるが、そのまま返ってくる。そして目の前には地下鉄の改札へ向かう階段が。
到着から地下鉄乗車まで5分程で行けるスムーズさ。かなり楽だな、これ。空港や他の場所へ行くには便利。

まとめ

北京南から天津へと高速鉄道を使った。

北京南駅は広いけども、コンコースにチケット売り場はあるので、とりあえず切符がない人も上に行こう。そして余裕を持って動いてほしい。

1等はグリーン車みたいで広い。10元程度しか2等と変わらないので、1等でくつろいで行くのもありだ。2等も十分な広さだけど。

北京南と天津駅は地下鉄への導線が完璧。屋根の中で乗り継げるし、案内もあるので分かりやすい。この点は日本以上だと感じる。

片道1,000円程度で動ける2区間、今後乗ろうとしている人の参考になれば幸いだ。