【カタール】トランジットでQR主催のドーハ市内観光ツアーに参加する。




カタール航空の乗り継ぎ時間があったので、ドーハ市内観光ツアーに参加しました。

2017年8月

中東のハブ「ドーハ」


中東にはドーハ、ドバイ、次点でアブダビと大きな空港が狭いエリアに集まっている。
中でもドーハとドバイは、カタールとエミレーツが本拠地にしていることもあり、多くの人が経由で通ったことがあるはずだ。

今回はカタール航空を使い、トランジットに時間があったので、ドーハ市内観光ツアーに参加することにした。

トランジットホテル

ツアーの前にトランジットホテルの存在も紹介したい。

カタール航空を使い、
① ドバイやバーレーンなど特定のエリア以外
かつ
② 8時間以上24時間以内で乗り継ぎがある場合(8時間未満に接続便がある場合は不可)

では無料のトランジットホテルに宿泊することができる。
場所は空港ではなく、市内。ビザも無料、しかもご飯まで付いてくる特典。

出発の2日前までに申込が必要となる。
カタール航空のサイトで買った場合はHPから、旅行代理店で買った場合は代理店で申し込む。
http://www.qatarairways.com/jp/jp/transit-accommodation.page

最初僕のスケジュールではジャスト8時間トランジットがあったので対象だった。
しかし直前のスケジュール変更で、7時間45分と8時間を割ったので対象外に。

ちょっとゆっくりしようとしていた計画はパーに。仕方ないので、ドーハ市内観光ツアーに参加することにしたのだ。

ドーハ市内観光ツアー

3年前にドーハを自主的に観光したことがあった。
その時は観光ツアーもあったかと思うけど、ビザ代もかかったし、空港も移転して直後だったので情報も錯綜していた時だった。

その時依頼、しかもツアーなのでまた違った側面から見れると思う。

過去記事:

【カタール】 ドーハで人の優しさに触れる

2014.08.30

【カタール】 ドーハの下町で考えた「カタール問題」

2014.08.31

【カタール】ドーハは本当に「世界一退屈な街」なのか

2014.09.02

申し込み方法


申込場所はトランジットの荷物検査を終え、大きなテディベアの広場まで出よう。


そして「B」の方向に進んでいくと、「DOHA CITY TOURS」と書かれたデスクがすぐ見つかる。
朝一は7時のツアー、6時から申込が可能。
5時20分ぐらいに到着したけど、7人の先客が。20人ほどの定員と聞いたので、変なことがない限りは参加できそう。


殆ど2人以上、場所取りだけして交代交代で並んでる様子。1人だと立ちっぱなしだけど、トイレとかなら他の人に荷物見てもらえるからまだ良い。
また19人になって、他は2人以上、1人参加は1人だけていうところでも1人の威力は発揮されるかな。

6時過ぎに申込スタート。必要なのはパスポートとフライトチケット。それを定時すればお姉さんがパソコンに入力して、集合日時を伝えて終了。7時15分にこのデスクに集合と伝えられた。


ツアーは1日4回ある。次のトランジット時間に満たしていることが条件だ。昼は暑そう、夜は夜景など見れるから良さげ。


気付けば後ろは長蛇の列。早めに行って並んでおいてよかった。
見ていると次のツアーでも事前に申し込めるような雰囲気。なので時間が空いて、昼や夜に参加したい人でも一度カウンターに立ち寄って聞いてみるのもありだろう。

集合まで1時間、空港内を散策するのも良し、ご飯を食べるのでも良し。
そのままBゲートの方へ向かうとベンチがあるので、僕はそこでWi-Fiを繋いでいた。

出発までの流れ


7時15分前に再度カウンターへ。
スタッフから申し込んだ順に名前が呼ばれて、パスポート情報とか書かれたチケットを貰う。これはずっと使うので失くさないようにしてほしい。
20人と聞いてたけど、見た所30人ちょっとはいるんじゃないかな。

スタッフに連れられて、保安検査場を逆走、アライバルへ。そして各自で入国審査、ビザ代は無料。入国後、軽い手荷物検査があり、5番の荷物レーン前で待機する。


先導してくれたスタッフが立っているので、その人に先ほど貰ったチケットを渡して、待とう。

3年前に入国した時は殺風景だった気がしたけど、今見ると路線バスのカウンターがある。
ドーハの路線バスは「Smart Card」と呼ばれるICカードが必要なんだけど、中心に近いバスターミナルにしかなかった(はず)。
だから空港で手に入れて、そのまま路線バスに乗って市内に行けるのは便利。


ご丁寧に路線図もあるので、個人でドーハ散策する人には便利であろう。

スタッフに連れられて到着ゲートへ。そこでガイドと合流。スーツケースや大きな荷物のある方、バスは観光ミニバスなのでしっかり預けることができる。
なので、大きな荷物の人は必要なものだけ出して、軽くしておくのもありだろう。


バスに乗り込み、8時には空港を出発。2時間45分のツアーがスタート。
ガイドの説明を受けながら、最初の目的地へ。

当日のスケジュール
06:00      受付開始
07:15      受付前集合
08:00      空港出発。ガイドの説明。
08:15-08:20 ①イスラーム美術館&コルニーシュ
08:40-08:50 ②ザ・パール
09:20-10:15 ③スークワキーフ
10:45      空港解散
※順番はツアー時間やタイミングで異なる
※水は②と③の間で配られる

① イスラーム美術館(Museums of Islamic Art)の横


最初の目的地はコルニーシュ沿いのイスラーム美術館の横だ。
イスラーム美術館には行かない、その横にある駐車場みたいなところへ行く。


そもそも美術館はまだ開館前なので入らない。


ここから新市街のビル群を眺める。


5分の滞在。暑いから皆んな写真撮ったら直ぐにバスに戻っていった。

② ザ・パール(The Pearl)


続いてはコルニーシュ沿いから新市街を抜けていき、人口島のザ・パールへと向かう。


ここでの自由時間は10分、ザ・パールは上から眺めると「おー」となるけど、地上ベースで見ても、概要は掴めないと思う。


ショッピングセンターとマリーナ、そしてアパートが建ち並んでいる。金持ちが住んでそうな場所だ。


Paulが出店もしている。


またPaulの横には、胡散臭い日本食レストランも。


そして広告には、ラーメン?うどん?麺料理のお店が。アレンジ加えてるだろうけど、麺専門レストランということで、味は美味しいだろうな。

③ スーク・ワキーフ(Souq Waqif)


最後の目的地がスーク・ワキーフ。ドーハの中でも最大?の観光地。


「スーク」とあるように、マーケットになってる。観光客向けの店もあれば、ローカルな店まで。目抜きは観光客ぽいけど、屋内のバザールだと冷房もかかっていて、地元民が買い物している。


レストランやカフェもあるけど、ガチローカルな食堂は殆どなし。1軒見つけたけど、現地通貨がなかったので断念。


3年前来た時は朝が早かったので、ほとんどの店が開いてなかったけど、今回は9時過ぎということもあって、どこも開いていた。そういえば、訪れた時は土曜だったな。


お土産とかも買えるし、そこまで物価も高くないので、帰りとかだと良いかもしれない。


40分と眺めの自由時間だったけど、少し駆け足でちょうどいいぐらい。お店に入って、冷やかしながら巡っていくと、1時間半ぐらいはかかるんじゃないかな。

雑感


3年前と比べてドーハは大きく変わってなかったように思える。勿論新しい建物が立ってたりはするけど、人とか雰囲気は一緒だなと。



ただ建設中の建物は多かった。これは何年先まで続くのだろうか。


ツアー参加するにあたって、両替はお土産買う以外なら必要はない。水も途中でくれるし、カフェもクレジットカードが使える。無理して替えてく必要はないかな。


街中で気になったのは、カタールのタミーム首長が至るところに肖像画?としてあるところ。
下の文字は「タミム首長は偉大なり」と書いてある。
ビルの壁、Tシャツ、店先など。独裁感はないんだけど、UAEやサウジと断交とか影響にあるのかな?



ガイドさんにここらをしっかり聞いておけばよかったかな。

空港に戻る


スークワキーフの後は空港に戻る。
降りて一旦集まって解散。各自で出国審査、手荷物検査をして、後はゲートへ向かってしまってOK。

まとめ


2度目のドーハ、初めての観光ツアー。2時間45分あっという間でとても満足だった。
見所は押さえてるし、勝手に連れて行ってくれるし、現地では自由時間なのでそれが動きやすくて良い。

これが無料ていうのが素晴らしいし、水サービスもありがたい限りだ。

もしトランジットに時間があれば、参加してみるのもありだろう。