【一番安い!】海外でサクサク使えるグローバルwifiの料金、評判徹底解説

海外旅行100カ国行った僕がおすすめしている海外wifiのグローバルWiFi

長期割引や大容量プランなど独自の手法で人気になっています。

本記事ではグローバルWiFi公式HPでは知ることのできない評判や、わかりにくい点を詳しく紹介していきます。

wifiで悩む人
海外旅行wifiをグローバルwifiにしようか悩んでいる

という方は是非参考にしてみてください。

グローバルwifiとは

1日当たりの料金 636円〜
数カ国周遊プラン あり
受け取り空港 国内15空港2営業所(ハワイ・韓国・台湾も可能)
事前申し込み 可能
対応カ国の数 世界200カ国以上

グローバルWiFiは東証一部上場の株式会社ビジョンという会社が提供している海外専用のwifiです。

東証一部上場といえばトヨタやユニクロなど、日本の中で大きな企業がたくさんいる株式市場なので、そこにいるだけでもサービスの質などは安心できる証となります。

世界30以上の通信会社と提携していることから、対応カ国も200カ国と業界最大手を誇ります。(最近はどこのwifiも200カ国近く対応してきましたね)

グローバルwifiの料金と他社比較

よく比較される4つの海外wifiの比較表です。

会社 グローカルネット グローバルWiFi イモトのWiFi ワイホー
1日あたりのレンタル料金 日/800円(初回に端末購入必須) 【東南アジア】3G:636円〜
【ヨーロッパ】3G:921円〜
【北アメリカ】3G:921円〜
【東南アジア】480円〜
【北米・ヨーロッパの数か国・アジアの数か国】680円〜
【ヨーロッパ】1080円〜
【アメリカ|ハワイ】750円/日〜
【アジア】680円/〜
【ヨーロッパ】850円〜
キャンペーン 特になし 利用料金が5%割引&受け取り手数料が無料 空港受取手数料 0円!!宅配送料 0円!!あんしんパックフル割引 30%OFFなどのキャンペーン中!
利用可能国 111ヶ国(順次拡大予定) 世界200以上の国・地域 世界200以上の国・地域 90カ国以上
受け取り可能空港 空港での受け取りなし 旭川空港|新千歳空港|新潟空港|羽田空港|成田空港|静岡空港|中部国際空港(セントレア)|小松空港|伊丹空港|関西国際空港|福岡空港|宮崎空港|鹿児島空港|那覇空港|博多港 成田空港(第1、第2ターミナル)|羽田空港|中部国際空港(セントレア)|関西国際空港|新千歳空港|福岡空港 成田空港(第1、第2ターミナル)/羽田空港/
返却方法 返却なし 空港での返却又は郵送。 空港での返却又は郵送。 空港での返却又は郵送。羽田空港のみ24時間返却可能

グローバルwifiのメリット

グローバルwifiが他のwifiより優れている4つあります。

  1. 大容量プランの対応カ国が業界最多
  2. 長期割引が安い
  3. 現地受け取りが可能

という点です。詳しく紹介していきます。

大容量プランの対応カ国が業界最多


グローバルWiFiの大容量プランは58カ国と業界最大手。(超大容量は28カ国)

一番比較されるイモトのwifiは48カ国です。

通常の契約だと1日250MBなのに対し、大容量の場合300円ほど割高にはなりますが1日500MBまで使えます。

500MBだとYou Tubeで200分くらいは動画が見れるので海外でマップやLINEをする分には全く問題ない容量でしょう。(複数人でも動画見まくらなければサクサク使えると思います)

超大容量プランの場合1日1Gまで使用可能になります。日本で使ってる携帯の契約G数は多くの方が7Gだと思いますので、その7分の1ですね(分かりにくくてすみません)

ちなみにイモトのwifiは何故か大容量プランの容量が非公開という不親切さです。

wifiで悩む人
複数人で行くのでとにかく大容量を安心して使いたい!

という方はグローバルWiFiで契約すれば問題ないと思います。

大容量プランの場合は、4G回線限定となりますが、3G回線の場合遅くてイライラするので4Gで契約をおすすめ。

長期割引がめちゃくちゃ安い

  1. 長期海外出張
  2. 留学
  3. ワーキングホリデー

など、目安で16日以上行く人なら長期割引が業界最安値。30日行ったとして、1日×30日で申し込むより、長期割引プランを使えば約半額まで安くなります。

シンガポール、タイ、韓国、中国、香港などは30日で15,000円。アメリカやヨーロッパは18,000円程度のお値段です。

ただし、長期割引プランの場合4Gが使える国が限られてくるので要チェックしてください。

現地受け取り可能な地域がある

ハワイ、韓国、台湾と3つの地域に限られますが、現地受け取りが可能となっています。これはグローバルwifiだけが行っているサービス。

wifiで悩む人
wifi申し込むの忘れてた!
と、明日から出発する場合でもこれを使えば大丈夫です。こちらは当日申込みでもいけます。

ソウル市内と台北市内ならなんとホテルに持ってきてくれるサービスもあります。(台北は無料、ソウルは500円(税抜)必要)

現地受け取りの場合現地返却となるので注意してください。

また、国内主要空港では受け取り、返却が可能なのも特徴。

ご利用は事前予約が必要なので忘れないようにしましょう。

サポートが業界随一

海外で困った時のサポートも業界随一。

国際電話はもちろんLINEやスカイプを使って相談することも可能なんですね。

wifiが繋がらない時は、ホテルやカフェのwifiを使ってLINEで相談すれば、サクッと終わりますし高額な電話代がかからず済みます。

グローバルwifiのデメリット

安さを求めるならグローバルWiFiで決まり!と言いたいところではありますが、少しデメリットもあるので合わせて紹介します。

同時接続が5台まで

グローバルWiFi唯一のデメリットはこれです。

国内のwifiが同時接続10台可能な物が多いのに対し5台まで。6人以上で海外旅行へ行く際は2台以上契約するといいかもしれません。

現地で別行動をする際など、この時代にネットがなくて連絡が取れないというのは非常にストレスですし不安になります。10台以上接続できるwifi会社もありますが、ずっと10人でいるわけでもありませんし、5人で1つ契約したほうが現地でも安心できると思います。

グローバルwifiの良い評判・悪い評判

ゲームのアップデートは出来なかったようですね笑

支払いはクレジットカードとなるので注意。まあ今どき海外いくのにクレジットカード持たない人も珍しいと思いますが。

公式サイトで料金をチェック

グローバルWiFiの料金や口コミを紹介してきました。

実際の料金は国や日数、プランにより異なるのでグローバルWiFi公式HPから試算してみてください。

安さで言えば恐らく海外wifiで一番安いです。現地で不安になると思われる方はお金を払ってでも契約して楽しい海外旅行にしてください!