【完全版】ニューヨーク(NY):日本人の多いグランド・セントラル駅周辺でオススメしたいホテル8選

サラリーマン
今度NYに行くんだけど、エリアも広いし、ホテルも多くてどこが良いのかわからない・・・。
仕事が忙しくて、探す時間もあまりないんです・・・。
どこかオススメのホテルを教えてもらえませんか?

この記事ではこの疑問に関して、お答えいたします。

ニューヨークは観光・出張とどちらも多い都市だ。時期に限らず、どこでも渡航者は多く、日本人の姿も多く見かける。
だけど、ホテルが多すぎて、どこが良いのか分からない。ホテルサイトもごちゃごちゃして分かりにくい部分がある。数が多ければ多い程、「何がいいのかな・・・」と悩ましくなるはずだ。

今回は「観光」「出張」というワード、どちらも重きを置く。
ニューヨークは4度訪れたことがあり、僕が世界一好きな街だ。なので他のまとめサイトの人よりかは、宿泊している利点があるので、「良い」ホテルをご提案することができると自負する。

僕が見聞きした知見をもとに、NYでオススメしたいホテルをいくつか紹介したい。
この記事を見れば、全てを網羅でき、NYに関して少し詳しくなるかも!
予約サイトへのリンクも繋いであるので、そのまま予約することも可能だ。

1つ注意してほしいのが、NYではリゾートフィー(ホテル税)が徴収される。
これはホテルの基本代金に含まれておらず、別途支払うことになるのだ。

多くのサイトでは支払いの段階でホテル税が出てくるので、「えっ?なんで加算?」と思うだろう。

booking.comでは予約前、つまりは検討段階でtaxの金額が明示されているので、トータルの額が想定しやすい。
そのため、リンク先もbooking.comとさせていただいている。

オススメしたいグランド・セントラル駅周辺

オススメしたいホテル紹介の前に、グランド・セントラル駅(略して「グラセン」)の概要について記していきたい。

グラセンはNY/マンハッタンの中心部に位置する。タイムズスクエアは西に数ブロックのところ。
各空港(JFK/EWR/LGA)までのシャトルバスもあるので利便性も最高だ。何より昼夜問わず人通りも多く、治安が良いのが安心。NYの安いホテルだと、かなり外れの場所に位置していたりして怖い思いをする人もいるんだけど、グラセンだとリーズナブルなホテルもあったりするので、初心者や慣れていない人でもオススメできる。


JFKとラガーディア(LGA)だと「NYC Express Bus」、ニューアーク(EWR)だと「Newark Airport Express Bus」が該当となる。
ダイレクトなシャトルバスだ。日本からの直行便だとANAとJALはJFK、ユナイテッドはニューアークに到着する。アメリカンやデルタは経由することになるけど、ラガーディアが多い。各空港からダイレクトに行ける場所は中々少ない。

グラセンはハイウェイの入口にも近く、交通の要所でもあるので、簡単に行くことができるのだ。なのでスーツケースが重くても、グラセン近くに宿泊をしていれば、そこまで引くことはないのでかなり楽。もし地下鉄に乗るとなると、NYの地下鉄は殆ど階段になるから、かなり面倒なことになってしまう。

またグランドセントラル駅の地下はフードコートになっており、色々な店が集まっている。NYでどこでも並んでるシェイクシャックはグラセン地下だと意外に空いていたりする。また「Grand Central Oyster Bar & Restaurant」も名前の通りグラセンに本店がある。オイスター美味かったけど、クラムチャウダーも美味しいから試してみてほしい。

グランドセントラル駅には4,5,6号線(緑)と7号線(紫)、S(グレー)の地下鉄が走っている。
Sはタイムズスクエアとのシャトル地下鉄。途中停車駅はない。

7号線は「エスニックメトロ」。移民が多いエリア(ジャクソンハイツやフラッシング)を走るので、僕は滞在中一番お世話になった。メッツの本拠地までも1本で行ける。

4,5,6号線は同じ線路・ホームを共有する。マンハッタン内では4,5が急行、6が各駅となる。グラセンは全て停車するけど、乗る時気を付けて。緑の4,5,6号線は北はブロンクス、南はブルックリンまで。レキシントンアベニューを縦断する路線となる。ハーレム(125st)やアッパーイーストサイドやユニオンスクエア、シティホール(ブルックリンブリッジの出入り口)やウォール街に行けるので、観光には便利な路線。ハーレムやブロンクスから来ることもあって、地下鉄パフォーマンスを見かけたりする。特に平日のラッシュは混んでいるから、基本的にはスリとかには気を付けて。

以上のことを踏まえて、出張・観光共に便利な場所。そして空港アクセスもとても良い。グランドセントラル駅周辺で、僕が厳選した良ホテルを紹介していきたい。

日本人に人気:The Kitano New York

日本語名:ザ・キタノ・ニューヨーク(北野ホテル)
住所: East 38th Street, 66 Park Ave, New York, NY 10016
料金:キングルーム/22,000円~
アクセス:グランド・セントラル駅より徒歩5分
WIFI:〇
会議室:〇
日本語:〇
Guest Room in The Kitano Hotel New York Hotel
(出典:キタノニューヨーク

▼オススメポイント

NYでお馴染みの日系ホテル。NYでは唯一の存在となる。そのため観光・ビジネス問わず日本人の宿泊利用者が多い。日本人スタッフも常駐しているので、何かあった場合の相談事ができるのも心強い。オープンして約45年、ここまでの地位を確立し、屋号も変えないで君臨し続けるのは、このブランド力なんだろうな。

部屋は全てバスタブ&ウォシュレット完備。こんなホテルはNYで中々ないので、外せない人はキタノに宿泊しよう。嬉しいのは便座ヒーターもある。冬は寒いNY、便座に座ると飛び上がるような冷たさなのは、共感してくれる人もいるのではないだろうか。ヒーターがあることで、安心してトイレをすることができる。

きめ細やかなサービス、値段以上にラグジュアリーな気持ちを味わせてくれると思う。立地に関しては申し分がない。どこに行くにも便利。グラセンは各空港からのシャトルバスやバンが止まるので、スーツケースを持って長く歩く必要もない。勿論タクシーを呼んでもらうこともできる。グラセンは地味にハイウェイの出入り口に近いので、さほど一般道を走らなくても良いのだ。

海外に慣れていない人なら、キタノに泊まろう。それ以外に「日本」なサービスのホテルはNYにはない。ここを越える「日式」ホテルがあれば教えてもらいたいぐらい。それだけ伝統がある素敵なホテルなのだ。

このエリアでは破格の安さ:Seton Hotel

日本語名:セトンホテル
住所: 144 E 40th St, New York, NY 10016
料金:ダブルルーム/10,000円~
アクセス:グランド・セントラル駅より徒歩4分
WIFI:〇
会議室:×
日本語:×
このお部屋の写真
(出典:Seton Hotel by booking.com

▼オススメポイント

宿代が高いNY。マンハッタンに入ると顕著となり、汚くてヤバいホテルでも平気に5,000~6,000円は最低でもしてしまう。
だがそういうホテルは場所も悪かったり、設備も不備だらけでとても推奨できる場所ではない。

けど、このセトンホテルは立地が良いのに、値段もかなりお手頃。驚きのホテルなのだ。
中々グラセン周辺で10,000円少しで泊まれるところは多くはない。ただ安いプランは、バスルームが「共用」となる。部屋には付いていない。部屋に付いている場合は、15,000円ぐらいのタイプを予約しよう。それでも安いけど

周囲の場所は治安が良く、グラセンからも近い。空港シャトルバスの停留所も近いから、そこまでスーツケースをひかなくても良い。個人的には一人旅限らず、学生旅行や友達との節約旅行にはオススメできるかな。

変に宿代をケチって、危ないところに泊まって嫌な思いをするぐらいなら、2,000-3,000円多めに支払い、安全で清潔なところに宿泊するのが良い「投資」だと思う。

一人旅にオススメ:Club Quarters Hotel Grand Central

日本語名:クラブクォーターズホテル・グランド・セントラル
住所: 128 E 45th St, New York, NY 10017
料金:クイーンルーム/17,000円~
アクセス:グランド・セントラル駅より徒歩2分
WIFI:〇
会議室:〇
日本語:×
この宿泊施設のフォトギャラリー
(出典: Club Quarters Hotel Grand Central by booking.com

▼オススメポイント
グラセン近くのブティックホテル。レキシントンアベニューに面しているので、いつでも人・車通りが多い。

部屋は清潔に保たれており、開放感がある内装。20㎡なので、一人なら充分じゃないかな。バスタブはないけど、NYは基本的に設定がないから、致しかねない。値段はリーズナブル。

27階の共有ラウンジは24時間オープン。全ての部屋の人が使うことができる。無料のコーヒーや紅茶、スナックやフルーツが置いてあるので、一息することもできる。街歩きから帰ってきた時、朝新聞を読みながら、シャワー上りにのんびりと。単価が安いので、豪華ホテルのラウンジはイメージしてほしくはないけど、無料で使えることを考えると十分な施設内容と言える。

一人旅にちょうどいいかも。ビジネスでも使えると思うので是非。

健康志向に特化:EVEN Hotel New York – Midtown East 44th

日本語名:イーブン・ホテル・ニューヨーク・ミッドタウンイースト
住所: 221 E 44th St, New York, NY 10017
料金:キングルーム/15,000円~
アクセス:グランド・セントラル駅から徒歩3分。
WIFI:〇
会議室:〇
日本語:×
この宿泊施設のフォトギャラリー
(出典: EVEN Hotel New York – Midtown East 44th by booking.com

▼オススメポイント

2014年にオープン。IHGグループの新しいブランドとなる。「エクササイズ」「食事」「休息」「仕事」に特化した新しいホテルスタイル。健康志向の人が多いアメリカらしい発想とも言える。

そのため部屋にはエクササイズができるヨガマットやバランスボールが置いてあったり、ジムも無料で使える。フロント脇には3種類の水(内2種類はオーガニックなフルーツフレーバー)が常備されており、レストランではスムージーも飲める。

IHGグループだし、健康に特化しているホテルだから「高いのでは」と思いがちだけど、1部屋15,000円ぐらいからなのでかなりリーズナブル。僕も値段見た時はビックリした。クオリティが高く、立地も完璧、しかもNYなのにこの価格はお得としか言えない。

プロモーション時期は終わったのにコスパが安いのは、競争が高いから?宣伝効果?時期的なものもあると思うけど、このホテルを知っておくだけで、ホテル探しが全く違ってくるものになるだろう。

グラセンの真横: Grand Hyatt New York

日本語名:グランドハイアット・ニューヨーク
住所: 109 E 42nd St, New York, NY 10017
料金:クイーンルーム/25,000円~
アクセス:グランド・セントラルより徒歩1分
WIFI:〇
会議室:〇
日本語:×
junior suite bed
(出典:Grand Hyatt NY

▼オススメポイント

グランド・セントラルの真横にあるホテル。立地に関してはこの中で一番いいと思う。雨や雪に濡れることなく行ける。

1階はロビー、半2階のところにフロントがある。ロビーは誰でも入れて、かなり広々。よくツアーの指定ホテルだったりするので、日本人利用も多いから、安心しちゃう部分もあるけど、 人の往来があるので、スリや置き引きには注意してもらいたい。

安定感抜群のホテルなので、特に「コレ!」というものはない。booking.comだと評価が8を下回っているけど、そうは感じなかったかな。何も不便だとは思わないし、★9ぐらい上げたいと思うんだけど。

スタッフやコンシェルジュの対応も良かったし、チェックイン/アウトもスムーズだったし。安心して泊まれるホテル。バスタブはないのは仕方ないけど、部屋は広くてスーツケースを余裕で広げられる。

リーズナブルだけど手抜きなし:Hampton Inn Manhattan Grand Central

日本語名:ハンプトンイン・マンハッタン・グランド・セントラル
住所: 231 E 43rd St, New York, NY 10017
料金:キングルーム/22,000円~
アクセス:グランド・セントラル駅より徒歩3分
WIFI:〇
会議室:〇
日本語:×
この宿泊施設のフォトギャラリー
(出典: Hampton Inn Manhattan Grand Central by booking.com

▼オススメポイント

グラセン近くのヒルトン系の大手ホテルチェーン。グランドハイアットやインターコンチネンタル共に安定感がある。どの料金も朝食込なのが特徴。

部屋はバスタブはないけど、充分な広さ。何となく一人旅や出張向けのホテルかなと感じてしまった。言葉で説明しにくいのだけれど、「無難」という要素が大きい。

図書館ホテル?:Library Hotel by Library Hotel Collection

日本語名:ライブラリーホテル・バイ・ライブラリーホテル・コレクション
住所: 299 Madison Ave, New York, NY 10017
料金:ダブルルーム/28,000円~
アクセス:グランド・セントラル駅より徒歩1分。
WIFI:〇
会議室:×
日本語:×
この宿泊施設のフォトギャラリー
(出典: Library Hotel by Library Hotel Collection by booking.com

▼オススメポイント

個人的に気になっていたホテル。名前に「ライブラリー」と入るように、図書館をコンセントとしたホテル。1ブロック西のところには、NY公共図書館&ブライアントパークがある。公共図書館は無料で誰でも利用ができて、WIFI接続もできるし、充電もできる。滅茶苦茶静かなので、作業するにはもってこいの場所。

各部屋も図書館がテーマとされているので、本に囲まれて眠ることができる。
各フロアは「デューイ十進分類法」という図書分類法に従ったデザインとなる。小難しい話は僕も苦手になるのだけれど、図書館とかで「500番台」や「500.002」などジャンルごとに番号が振り分けられていると思う。それのこと。なので各フロアが、その図書館の分類によるコンセプトとなり、その類の本が部屋に置いてあるのだ。面白いよね。

部屋は広く新しい。清潔に保たれている。部屋数も60部屋と多くはないから、こじんまりとしていて、それはそれで居心地が良いと思う。グラセンから徒歩1分という好立地だし、周辺も夜まで賑やかで、大通りに面しているので人通りも良い。この点は、治安の観点からするとかなり心強いポイントだと思う。

ユニークなコンセプトのホテル、興味があれば宿泊してみては。

ラグジュアリーな滞在を:InterContinental New York Barclay Hotel

日本語名:インターコンチネンタル・ニューヨーク・バークレーホテル
住所: 111 E 48th St, New York, NY 10017 アメリカ合衆国
料金:ツインルーム/30,000円~
アクセス:グランド・セントラル駅から徒歩5分
WIFI:〇
会議室:〇
日本語:×
(出典: InterContinental New York Barclay Hotel

▼オススメポイント

グラセンの裏手。徒歩5分のところに位置しており、真横が日本の総領事館となる。周辺もダブルツリーやキンバリーなどのホテルが集まっており、治安はとても良い。夜遅くまででも出歩ける。

部屋は広々。バスタブはなくシャワーのみとなってしまうが、スペースは申し分がない。中々バスタブ付きのホテルも多くはない。

豪華な内装・サービスはリッチな気持ちにさせてくれるだろう。大切な人と行く時、家族で外せない旅行、両親を連れて、色々な用途に応じて使えるし、どれも期待に応えてくれると思う。

まとめ

グランドセントラル駅エリアのオススメできるホテルを紹介した。全体的に値段は高いと思うけど、安いものからリッチなものまであるので、用途に応じて使い勝手を変えられると思う。

勿論ここに紹介したホテル以外にも、良いホテルはある。立地面含めて、以下に地図を掲載する。場所から色々なホテルを選択し、複数の候補から選んでもいいだろう。

あなたのNY滞在が最高になることを期待していると同時に、この記事が参考になれば幸いです。

Booking.com