【サウジアラビア】ジェッダでインドネシア料理を食べる(BAKSO MANG OEDIN)

2019年12月 1SAR=約30円

サウジアラビアには多くの出稼ぎ労働者が滞在している。
湾岸諸国の中でも特に多く約1,020万人と約2,500万の人口にしてはかなりの割合となる。

インドネシア人はフィリピン人(約300万)に次いで東南アジア諸国では100万人と2番目に規模が大きい。
フィリピン人は主にリヤドに集住しているが、インドネシア人はジェッダにコミュニティが出来上がっている。

これはメッカまで近く(約65km)、巡礼の後にそのまま住み着いた人が多いという要因がある。
100万人の内25万人は家政婦だが、それ以外はサービス業などの従事者。
あまりインドネシア人はフィリピン人と比べて英語は堪能ではなく、田舎部から出稼ぎに来ている人が多いという傾向がある。

ジェッダの旧市街の西側、旧税関や郵便局と挟まれた間辺りがインドネシア人街となっている。
ジェッダに住むインドネシア人、そして巡礼に来たインドネシア人にとって大事なスポットだ。
その中でインドネシア人で賑わっていた一つの店を紹介したい。

5秒で分かるコンテンツ

BAKSO MANG OEDIN

ジャカルタには2018年の夏に訪れた。インドネシア料理は美味しくて、食事の時間がかなり楽しかったことを覚えている。
サウジアラビアは移民が多いのでご飯に困ることはない、そしてサウジアラビア料理という選択肢があまりないので、どうしても移民フードに頼ってしまうことがある。
リヤドではフィリピン料理にお世話になり、ジェッダではインドネシア料理にお世話になった。
インドネシア料理は勿論エリアで少し異なるけど、フィリピンより油を使わず、そして麺料理が多いというのでくどくない。
日本人の長期旅行者ならどこかホッとする味ではないだろうか。量はあまり多くないけど。

このバクソのお店は朝から晩まで営業している。金曜は流石に昼間は閉まっていた。
客層はオールインドネシア人、僕が入ってもあまり奇異な目で見られることはなかった。
そして店員さんはアラビア語かインドネシア語か、英語はあまり理解してくれない。
でもインドネシア語の注文フレーズはそこまで難しくない、というか料理名を言えばOKな部分がある。

料理は値段と共に張りだされている。10-30SARぐらいまで幅広い。
インドネシアの物価からすると高いけど、サウジアラビアではこんなもんだ。移民飯はだいたい20SAR(約600円)前後はしてしまう。

ここは店名の「バクソ」を注文。そして「エス・テ」も。
バクソは肉団子のこと、主にスープになっている。エス・テは「エス」が氷、「テ」がお茶。なのでアイスティー。
インドネシアのアイスティーなので砂糖が入っている。けど暑い気候なので、糖分も程よく摂らないといけない。

バクソは頼む人が多く秒で出てくる。他にもナシゴレンやミー・アヤムなどご飯・麺料理と多種多様。
これを書いてるだけでお腹が空いてくる。会計は出る時なので、この時点ではお盆をテーブルに運ぶセルフのみ。

冷蔵庫のフルーツジュースも美味しそうだったな。サウジはフルーツジュースが甘くておいしい。

そこまでボリュームはなし。だけどホッとする美味しさ。
年配の人は巡礼の人たち、住民は30代以下の層が多い。さすがに男女で行動している人はいなかった。
女性は結構若い人が多かったな、家政婦ぽくないけど何しているんだろうと疑問に思った。

皆まあまあ頼んでいるので食事はゆっくりしている。僕は一人でバクソなので、簡単に食べ終わってしまった。
キャッシャーで料理名を口頭で伝えてお支払い。バクソがSAR 14(約420円)、アイスティーがSAR 5(約150円)。
満足なご飯となった。周辺には幾つかインドネシア料理屋さんがあるけど、ここはかなり気軽に入れる食堂。

お店の情報

【店名】BAKSO MANG OEDIN
【住所】Baishin, Al-Balad, Corniche commercial center, Jeddah 22233 サウジアラビア
【営業時間】08:00-23:00(実際は朝は営業×、金曜は過ぎまで空いていない)
【地図】この周辺がインドネシア人街

海外旅行先でも自由にSNSを使いた人必見!

旅行先でwifiを探して困った経験はありませんか?海外wifiなら1日数百円で自由にネットが使えます!今ならオトクなキャンペーンも実施中!