【エジプト】 カイロ散策とコシャリ

カイロ散歩とコシャリを食べた話です。

2013年4月 1ポンド=約15円

◎カイロ散歩

大都市カイロ。中東の中でもかなりの規模を持つ都会だ。

スークが多くあるカイロ。見ていて飽きないけど、ゴミゴミしている。

中でもイスラム地区にある「ハーン・ハリーリ」。ここは巨大なスークだ。

買い物にも一苦労。

ハーン・ハリーリで蚊帳を20ポンド(約300円)で購入。最初25ポンドと言われたけど、値下げ交渉した。

ここでは、値下げ交渉で必須。基本最初は定価で言われないし、現地人価格で買うのは、ほとんど難しいと思う。

電卓を持って、挑んでみよう。物々交換をしてくれる店もある。

ハーン・ハリーリ近くにあるモスク。

ハーン・ハリーリ(Khan Khalili)の場所。

]

中心部を散策。

ナイル川。意外と汚い。

露店。服売ってる。お兄さんが大声で客引き。

この商人感が好きだ。

革命で焼けたビル。僕が訪れた2013年4月下旬は、特に問題はなかった。

エジプト考古学博物館。ツタンカーメンが眠る。周りには胡散臭い奴らがいる。

◎カイロメトロ

カイロを回る上で、地下鉄も重要な移動手段だ。

1回1ポンド(約15円)。どこまで乗っても1ポンド。人は多いし、エアコンないけど、使い勝手は良い。

アラビア語の数字の時計。「アラビア数字」を使わないので、数字を覚えるのに一苦労。

駅ごとに装飾も違うので、それを見てるのも面白い。

車内は男だらけ。

「女性専用車両」もある。女性はこちらに乗ると良いかも。男だらけの車内なので、女性は目立つ。

中ほどに設置している。

ラッシュになると凄い混雑。ただ、電車がすぐ来たり、来なかったりと適当なので、次の電車を待ってると空いてる場合も。

待てないカイロ人。

さすがイスラムの国。駅にもお祈り用のマットが引いてある。

スリには気を付けて、地下鉄を利用してほしい。女性は痴漢にも。

◎コシャリとデザート

エジプトの国民食「コシャリ」。ご飯にパスタ、肉や豆が入っていて、トマトソースがかかっている。

炭水化物のオンパレードだが、僕はコシャリが好きだ。

「一日一コシャリ」。朝昼兼用で食べていた。1つ3~5ポンド(約45~75円)程度なので安い。

サファリの情報ノートに美味しいコシャリ屋が書いてあった。

この店前の広場に面してる。入口は狭いので、注意してみるとよい。

[]

指さしでも注文可能。容器の大きさで値段が変わってくるけど、初めて食べるのなら、小でいいかも。

別の店のコシャリ。肉がたっぷり。

暑いので冷たいもの、糖分が欲しくなる。アイス屋も多い。

アイス4ポンド(約60円)。若干高め。

ナーサル近くにあるフルーツジュース屋。フルーツごとに値段が違う。

値段の横に、写真が貼ってあるので、分かりやすい。

マンゴーは確か2.5ポンド(約37.5円)。アラビア語オンリーなので、果物の名前をメモっておくと良い。

ジャンキーな食べ物が多いエジプト。サファリでは夕食シェア飯をしていたので、ヘルシー日本食を食べることができた。

海外旅行先でも自由にSNSを使いた人必見!

旅行先でwifiを探して困った経験はありませんか?海外wifiなら1日数百円で自由にネットが使えます!今ならオトクなキャンペーンも実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です