【エチオピア】 ジンカ⇒モヤレ。いすゞとW悲劇

ジンカからケニア国境のモヤレまで移動した話です。

2013年5月 1ブル=約5円

◎ジンカ⇒コンソ

エチオピアの朝は早い。朝7時ぐらいにジンカをバスで出発。

まずはコンソという場所を目指す。本来なら5,6時間ぐらいかかるところを、3時間ぐらいで着いてしまった。

◎ジンカ⇒モヤレ(いすゞ)

さあ今度は国境のモヤレまで向かうのだが、残念ながらダイレクトバスは行ってしまった模様。

しかし、声をかけてきた人が100B(約500円)でヤベロまで出してくれるので、便乗することにした。

移動手段は「いすゞ」。現地でも「いすゞ」。簡単に言うと、いすゞのトラックの荷台に乗って移動するから。

とにかくスピードが早い。道が悪すぎるのに、80キロ近くで走るもんだから、揺れる揺れる。

バスなら3時間かかるけど、2時間ぐらいで着く。

風は砂混じってるけど、気持ちいい。

ヤベロ到着。

モヤレまで行く手段がなかったんだけど、親切な現地人がバスの場所まで連れていってくれた。

チップ払ったけど、これは払う価値ありなこと。

◎Wの悲劇

1.国境

夕方5時ぐらいにエチオピア側のモヤレに到着。

一刻も早くこの忌々しい国を出たかったので、すぐに出国管理所へ向かう。

すると扉が閉まってるではないか。何事だ。嫌な予感が頭をよぎる。

人が出てきた。すると”close”という一番聞きたくない単語。

「日曜だからもう閉まった」

ふざけんなー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

エチオピアを出れることに喜んでいたのに、このざま。

「神様は僕のことを見てくれていないのか?」と思ってしまった。

とにかく腹立たしい気分で、宿に荷物を置いた。

2.パソコン

夜、寝る前にパソコンを開いた。そしたら。

その後の僕がどんな状態になっていたかはご想像にお任せする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です