【メルボルン】ジェラートを食べるなら「Pidapipó」で決まり。

2019年5月 1AUD=約78円

メルボルンには多くのイタリア系移民が住んでいる。白豪主義の時代、イングランド・アイルランドからの移民が減ったことに伴い、労働力として「英語の出来ない白人」が入ってきた。
1950-60年代にかけて、南欧や東欧からやってきたけども、南欧(特にギリシャやイタリア)の割合が多かった。

カールトン地区のライゴンストリート沿いはリトルイタリーとして知られる。
中でもこの「Pidapipó」はガイドブックに載るほど有名なジェラート屋さん。
申し訳ないけど「ぴよぴよ」って覚えてた。

ボローニャのジェラート大学で学んだオーナーが経営しているとのこと。
ジェラート大学なんてあるんだ。初めて知った。イタリアらしい。ということで、食べてみることにした。

5秒で分かるコンテンツ

Pidapipó

メルボルンのリトルイタリー・ライゴンストリート沿いに位置する。
赤い電飾の看板と人が多くいるので分かると思う。

店内は狭くほぼカウンターのみ。外のテラスで座って食べるのが良いと思う。
ただ季節や時間によっては満席という場合もあるから、その時は散歩しながら食べると良い。

中に入りメニューは右の壁にかかっている。
種類が多すぎて悩む。ストロベリーがなかったので、レモンとチョコをチョイス。かなりアンバランスなのは分かっていた。
見返してみるとキウイも気になるな。


カップかコーンを選べるけど、カップを選択。
1つ4.8ドル、2つで6.8ドル。
サーティーワン感覚で行くと結構ボリュームあるから2種類ぐらいがお腹のためにはいいかも。冷やさない自信がある方は3種チャレンジしてみては。
支払いはカードOK。

早速外でいただく。
先ずはチョコから。濃厚な味わい、コーヒーか紅茶が欲しくなる。秋冬向き。こんな濃厚なチョコは初めてかも。
続いてレモン、こちらはさっぱり。夏に食べたくなる味。さっきのチョコからのレモンなので口が爽やかになった。

僕はベイルートで食べたジェラートが世界ナンバーワンだと思っているけど、ここもかなり美味しい。またメルボルン来たら食べたい。

【レバノン】ベイルート:人類史上最高のジェラート屋さん「Hanna Mitri」に出会った。

2018年12月11日

お店の情報

【店名】Pidapipó
【住所】299 Lygon St, Carlton VIC 3053 オーストラリア
【営業時間】12:00-23:00
【料金】1つ4.8ドル、2つで6.8ドル(一例)
【HP】https://pidapipo.com/
【地図】

海外旅行先でも自由にSNSを使いた人必見!

旅行先でwifiを探して困った経験はありませんか?海外wifiなら1日数百円で自由にネットが使えます!今ならオトクなキャンペーンも実施中!