【バーレーン】インド料理屋の「Swagat Restaurant」でターリーを食べる。

2019年11月 1BHD=約290円

バーレーンは他の湾岸諸国同様に移民大国だ。
UAEやカタールと比べると絶対数は少ないものの、同様の形で受け入れている。

特に多いのはインド系だ。
とりわけムンバイ以南の南インド系が多いという。

バーレーンのマナーマのスークはインド系が多いエリアとなっており、安くカレーを堪能ができる。
ランチを探していると、インド系で混んでる店を発見。値段も手頃なのでランチにすることにした。

5秒で分かるコンテンツ

Swagat Restaurant

マナーマスーク内。インド系の店が多い。
近くにヒンドゥー寺院があるというのも大きい。寺院が先というよりかは、彼らが集住したから出来たかもしれないけど。

その中でランチタイムにインド系で賑わっていた店を見つけた。
それが「Swagat Restaurant」だ。ベジタリアンのお店。賑わっているということで中に入ってみた。

ちょうど1席空きが出たので座らせてもらう。
メニューは豊富、南インド系の料理かな。
南インドには行ったことがないので、いまいち掴めていないところがある。


マサラドーサ(0.5BHD / 約145円)とチャイ(0.1BHD / 約29円)のセットも良さそうだけど、
昼なのでターリー(1BHD / 約290円)とラッシー・スイート(0.5BHD / 約145円)をチョイス。

周りはドーサを食べてる人が多かった。
朝ならこれだけど、ランチは少し多めに取りたかった。

そんな時間がかからず到着。
かなり種類が豊富、チャパティも懐かしさを覚える。
色んな味を楽しめるし、左下の白いものは甘い又は酸味のあるものになるので、辛さを中和させることが可能だ。

カレーの中には僕の合わない味もあるけど、ここは全体的に口に合って美味しかった。
そしてカレーやチャパティが足りなくなると「お代わりいる?」と聞いてきてくれる。
無料なんだけど、これを食べると結構ボリュームがあるので、お断りさせてもらった。

ラッシーも甘くておいしい。無料の水があるのでそれでもことは足りる。

会計は奥のレジにて。注文したものを伝える。
英語でも大丈夫なので、特に心配は要らない。
またレジ前には手洗いもあるので、そこで手をきれいにしておこう。

朝から晩まで営業、同じメニュー。
なので安くご飯を食べたい、インド料理を堪能したい人は訪れてみてはどうだろうか。

お店の情報

【店名】Swagat Restaurant
【住所】Manama, バーレーン
【営業時間】06:30-22:00
【地図】

海外旅行先でも自由にSNSを使いた人必見!

旅行先でwifiを探して困った経験はありませんか?海外wifiなら1日数百円で自由にネットが使えます!今ならオトクなキャンペーンも実施中!