【東京】渋谷・表参道:「琉球チャイニーズ TAMA」が最高に美味しかった。

2019年6月

普段海外の情報について紹介しているが、たまには東京の事についても記載していこうと思う。
東京は世界的に見ても大都市、そして美味しいご飯屋さんが沢山ある。
ここまで美味しい店が多い場所は、僕が世界101ヶ国を周ってもない。東京にいる間、この幸せをかみしめていきたい。

今回は青山学院大学の脇にある「琉球チャイニーズ TAMA」を紹介したい。

5秒で分かるコンテンツ

琉球チャイニーズ TAMA

渋谷・表参道の中間あたりにある。
渋谷からだと少し坂を上るから、表参道から来るのが楽かもしれない。
ただ渋谷からはヒカリエを抜けて、歩道橋を渡って来ると、信号に一度もぶつからないので、その点はかなり利便性が高い。

お店は18時から営業。今回は9人ということもあったので事前に予約はしていた。
だけど店はめちゃくちゃ広いわけでもないし、絶えず人の出入りがあるので、予約していくのが無難。
3人以上だとテーブル席、2人だとカウンターになる。予約なしだと、立ち飲みになるかもしれないけど、キッチン前なのでこれはこれで面白い。
というのもオープンキッチンで、料理を作っている場面を見れたり、店員さんと交流ができるから。考えた内装だなと思う。

コンセプトが「沖縄料理 × チャイニーズ × ワイン」。面白いフュージョンだけど、歴史的に見ると納得する。
ここはお酒を飲む人にも楽しめるけど、料理単体でのレベルもかなり高いので、下戸でも満足できる。そこが素敵だ。


↑ ドリンクメニュー。

先ずはオリオンビール(640円)から。
お酒飲めない人はシークワーサージュース(490円)が美味しい。


↑ 今月のオススメ。


↑ メニュー。

料理も沢山注文し、全て写真を撮ったので紹介したい。


↑ 1品目。前菜5種の盛り合わせ(1,000円〜)。
店員さんにおススメされてのが、前菜5種盛り合わせ。今気付いたけど、「1,000円〜」だから1,000円ていうわけではないのか。でもこれは美味しいので頼んでほしい。ボリュームあるし。

日によってラインナップは変わると思う。
この日は、

あぐー豚の生ハム
ミミガー
ポテトサラダ
島らっきょう
忘れた(豆腐系)

手前の千切りした豆腐を炒めたようなものは何なのか忘れてしまった。ただ、美味しかった。
個人的にはミミガーがこの中だと一番。島らっきょうも初めて食べたけど、味噌と合う。お酒のつまみていう感じ。


↑ 2品目。よだれ鶏(1,050円)。
次によだれ鶏。気になってたメニュー。
鶏肉の上には大量のパクチー。パクチーは苦手な人も多いと思うけど、ここのパクチーはそこまで臭みや苦味もなくて、結構食べやすかった。よだれ鶏なのでピリ辛。


↑ 3品目。ゴーヤチャンプル(800円)。
沖縄料理の定番。ゴーヤは苦くて子どもの頃苦手だったけど、いつのまにか食べれるようになっていた。
どうやって苦味を落とすのかは知識がないんだけど、ここのゴーヤチャンプルは今までで一番食べやすかったかも。それぐらいゴーヤの苦味も少なくて、箸がとても進んだ。


↑ 4品目。琉球麻婆豆腐(1,350円)。
個人的に一番美味しかったかもしれない。
ライスを頼みたくなるぐらい絶品だし、中華の麻婆豆腐のようで少し違うのが見せ味。
山椒が効いていて少しピリッとしているけど、なんか一口食べた時にカレーの風味も混ざっていて、初めてな感覚。
このカレー風味はカレーじゃないかもしれないけど、とりあえず食べてみて欲しい。


↑ 5品目。タコライス(950円)。
中〆。ライスは玄米、凄くマイルドで量はあるけど重たくはない。ナチュラルに美味しい。


↑ 6品目。油淋鶏(1,050円)。
油淋鶏は唐揚げの上にネギソースがかかってるとイメージするけど、実際に本場で食べると違う。
このタイプ。というのも、鶏肉を茹でて、そのあと皮がパリッとなるように揚げるので、中はプリッと、外はパリッととなる。そして骨ももれなく付いてくるのが油淋鶏。むしゃぶりつくのが一番楽な食べ方。
ここは食べやすくしているので、骨があっても箸で簡単に食べられる。唐揚げをイメージしないで頼もう。


↑ 7品目。黒胡麻酢豚(1,500円)。
これも美味しかった。
よくパイナップル論争なのでイメージされる「酢豚」は広東料理。
この黒酢の酢豚は北京料理。
僕は定食屋とかで黒酢豚を見たり食べたりしているので、後者のイメージがどちらかと言うと強い。
ここは胡麻も使用しているということで、酸味もありながらとてもマイルドな味付け。好き。


↑ 8品目。さつま芋のスティックフライ(700円)。
塩とオリ後藤で食べる。
さつまいもの甘みが感じられて、スティックも大きいので食べ応え十分。


↑ 9品目。アボカド島豆腐(750円)。
箸休め。パクチーも入っているけど、これも邪魔をしない味。島豆腐がしっかりしているので、アボカドが一番柔らかく感じる。


↑ 10品目。大海老のチリソース炒め(1,400円)。
ラスト前にエビチリ。普通に美味しかった。
海老はぷりぷり、ソースもネギたっぷりでよかった。


↑ 11品目。沖縄そば(850円)。
大トリは沖縄そば。人数分取り分けてくれるので、何人かで行ってもシェアできるのが嬉しい。
とはいいつつ、まあまあ取り分けた一人分もボリュームがあって、〆としては満足以上。

今まで食べた沖縄そばは中太麺だけど、ここは少し麺の色が白く、麺が固め。
固麺が好きな僕からしたら嬉しいし、こういうタイプもあるんだと新たな発見。首里そばとも言われている?

スープも全部飲めるほど。ランチとかで一人前食べたいぐらい。

9人で45,900円。1人5,000円ぐらい。個人的には安いんじゃないかと思うレベル。
これだけ楽しんで、美味しいご飯を食べて、豊かな時間を提供してもらえれば、大満足。
料理自体は量もあるので、2人だと3,4品頼めばお腹いっぱいになると思う。

全体的ににんにくが多め。ブレスケアとかあると良いかもしれない。
ただ主張は激しくないから、翌日にめちゃくちゃ残ることはあまりないので、そこは安心してほしい。

スタッフの方も気さくで、とても素敵な時間を過ごさせてもらった。
カウンターで軽く立ち飲みしてもいいかなと思う。

また行きたいお店ができた。

お店の情報

【店名】琉球チャイニーズTAMA
【住所】東京都渋谷区渋谷2-3-2
【営業時間】18:00-03:00(日休)
【HP】https://www.tama2007.jp/
【アクセス】渋谷駅:ヒカリエから徒歩5分、表参道駅:B1出口から徒歩6分。
【備考】予約が無難。
【地図】

海外旅行先でも自由にSNSを使いた人必見!

旅行先でwifiを探して困った経験はありませんか?海外wifiなら1日数百円で自由にネットが使えます!今ならオトクなキャンペーンも実施中!