【クウェート】中東最大級のモール「The Avenues」がとてつもなく広かった。

2018年11月 1KWD=約370円

あまり見所がないと言われているクウェート。
確かに見所はそんなにないと思うし、ドバイやドーハと比べると少し見劣りはしてしまうかも。

だけど、このクウェートにはドバイモールに匹敵する、中東最大級のモールがある。
それが「アベニューモール」だ。時間潰しに、アベニューモールに行ってみることにした。

The Avenuesへのアクセス

アベニューモールはクウェート市内の西側に位置している。
大半の客は自家用車で来るので、公共交通機関を使ってくることは想定されていない。

タクシーで行くのが楽チンだけれど、路線バスで行く方法は必ずあると思っていたので、クウェートの路線バスの地図とにらめっこし、59番のバスが近くを通ることが分かった。

59番は白のKPTC、オレンジ、赤と3種類ある。どれも0.25KWD(約92円)と同じ。来たのに乗れば良い。

出発地点はミルカブバスターミナル。
モールの目の前を通るけど、目の前で降りれるかは実証できていない。その理由は以下で説明していく。

59番に乗り込み、約20分程走ると、アベニューモールの近くに到達する。
目の前で降りれるか定かではなかったので、近くになったところのバス停で僕は下車した。

↑歩道橋からアベニュー側を望む。右手の円形の建物がAvenue。
↑ 歩道橋から反対側を望む。

それがここのポイント。帰りも降りたところの歩道橋で反対に渡り、そこから同じ番号に乗って帰った。

地図:バス停の位置

59番はこのバス停を出て、アベニューモール方面に曲がっていったので、多分乗ってれば目の前に着けたのかもしれない。そこは確実な情報を伝えられなくて申し訳ない。

とりあえずここを降りて、進行方向に真っ直ぐ歩道を進んでいくと、地下駐車場の入口がある。そこから中に入れる。
ここがアベニューモールの最東端だ。

The Avenueを歩く

アベニューモールは2007年4月にオープン。まだ10年ちょっとと若いモール。
年に2,000万人以上来るみたいで、総工費も10億ドルを超えたらしい。すげぇ金のかけよう。オイルマネーだな。

850以上の店、12,000台収容可能な駐車場。
端から端まで2キロぐらいあるから、三郷のイオン並の広さ。
ここは約301,000㎡、三郷のイオンは337,000㎡。ちなみにドバイモールは350,000㎡。
本当に歩くだけで疲れる。
運動不足のクウェート人にとっては、いい運動になるかな?

ここのモールはお高めのお店ばかり。なので客もクウェート人が大半。稀に華僑や金持ちフィリピン人もいたりする。
旅行者がクウェート人の生活を垣間見る一つの場所かも。

僕が訪れたのは土曜ということもあって、かなりモールは賑わってたし、家族連れが多かった。
でもモールは広いし、天井も高いから、圧迫感というのはなくて、動きやすかった。

モールの全ては紹介できないので、目に付いたところを軽く紹介していきたい。
とりあえず端から端まで歩いて、一部2階も散策した。

メイン通りがあるんだけど、そこから何本も枝分かれしているから、細かく見ることは不可能。それこそ細かく見ていたら、一日仕事になる。それだけ大きいのだ。

各エリアごとにコンセプトが分かれているから、景観の違いも楽しめる。そこは飽きない作り。

金かけまくってるから、LED広告も半端ない。

ニコンのお店も。「ようこそ」とあるのが良い。

カタールの携帯キャリア「ooredoo」を発見。クウェートダウンタウンにもビルに広告出してたな。

H&Mは良いポジションに店を構えてた。モールの中で2店舗あったぞ。

またスタバは、各エリアに1つはあるほど。隙あらばスタバ。その内一つは、スターバックスロースタリーのお店。

モールの一部はスークぽい雰囲気になっている。

なんとキッザニアも。子連れ多いから良いだろうね。

「極度乾燥(しなさい)」でお馴染みのsuper dryもあります。

スーパーはカルフールが入居、ここ滅茶苦茶広い。お菓子とかのクウェート土産は揃いそう。

シェイクシャックも。どこでも見るよな。
このモールの中にも2店舗あった。ファストフードが好きなクウェート人好み。アメリカ資本だし。

ZARAとZARA Homeもある。それはいいんだけど、アラビア語で「ZARA」ってこうなるんだ。

モール最西端にはIKEAもある。この西側にはインテリア用品の店が沢山。

ちなみに無印もあるよ。しかも2店舗。
1つは西側の2階、もう1つが東側の目抜き通り沿い。
殆ど生活用品とか。日本よりも3割増し高いかな。

本物の無印良品なので心配ご無用。このモールが素敵なのは、胡散臭いブランドやパクリ店舗(メイソウとか)が一切入っていないという点。しっかりしてるよ。

要所要所に香水コーナーがある。「試しにどう?」とお誘いしてるけど、アラビックなモールならでは。

フードコートにはマックやKFC、バーキンなどお馴染みの店がある中、フィリピン資本のジョリビーも。フィリピン人の出稼ぎが多いのも影響しているだろう。現にフィリピン人の客が多かった。

トルコ資本の「Mado」も。こちらはファミレス。去年バクーでお世話になった。

ルイヴィトンやDior、アルマーニなどの高級ブランドショップも。

天井もこんなギラギラしてる。金の規模が一桁違う気がする。さすがオイルマネー。
クウェートの石油はそこまで質は良くないけど、浅くても取れるから安価に抑えられるみたい。だから稼げてると。電気や水道も石油から。豪華な使い方だと思い、本読んでたら、
① 発電するために、海水を取り入れ、石油で加熱して水蒸気を発生。
② 水蒸気の力でタービンで回して発電をする。
③ 水蒸気を回収して、熱を冷ますと、蒸留水を得られる。
④ 石油を使って電気と水を同時に得られる。無駄がない使い方。

なるほど。石油が安いからこそこういう使い方できるんだよね。でもよく考えた結果だと思う。
資源がある国は良いな、まだ枯渇も先だし。

ちなみにクウェートは日本車が人気で、次にアメリカ車。アメリカの車事情と瓜二つ。
車だけ見てると、アメリカにいる感覚になる。
家電はどうなのか、家電ショップも覗いてみた。

スマホはアップルとサムスンは定番、htcやソニーがあった。OppoやHUAWAIは見なかったな。俺の見落としかもしれないけど、中国要素が少ない印象。

テレビや冷蔵庫などは、サムスンやLGという韓国製品は世界共通。東芝やソニーは少し隠れているかな。
あと「Wansa」といく中国メーカーも目立っていた。ここで台頭してくるのか。
フィリップスやhpなどの欧米系も健在という感じ。

車は良いけど、家電などの身の回りは韓国や欧米かなと感じた。これは世界どこでも同じような流れだから仕方ない。

1時間ちょっと見て回った。とにかく広くて、途中諦めたくなるレベル。
その前に町歩きしてたから、余計に疲れた。
クウェートに住んでたら、遊ぶ場所があまりないから、ここに来るのも納得かな。

まとめ

クウェートのアベニューモールについて紹介した。
かなり広いから時間潰しにもなる。夜23時とか遅くまで営業してるから、天気の悪い日や夜に来るのがいいかもしれない。

場所: