【スペイン】バルセロナ:グラシアの「La Pubilla」が過去最高に美味しかった話。

2019年1月 1ユーロ=約125円

バルセロナのランチ。平日に滞在したからには、お得なランチを楽しみたい。
そこは妥協せず、多少お金を払ってでも美味しいご飯を食べたいと思う。勿論安くても美味いご飯はあるけど、定食となると話は別だ。

僕が参考にしているサイトの一つに「バルセロナウォーカー」さんがある。
ここはバルセロナの中でも一番信用できると思う程の情報量、特にレストランの辛口評価は「言い過ぎじゃない?」と感じるぐらいなんだけど、的を得ているので「なるほど」と思ってしまうぐらい。

そんなバルセロナウォーカーさんでかなり評価の高かったお店。是非バルセロナに来たからには訪れたかったのだ。
参照記事:http://kamimura.com/?p=8124

5秒で分かるコンテンツ

La Pubilla

場所はグラシア地区。行きたいと思う店が集まっているエリアだ。
最寄駅はカタルーニャ鉄道の「Gràcia」駅又は地下鉄L3の「Fontana」駅。
僕はカタルーニャ広場の北からV15のバスで向かった。「Pl. Gal·la Placídia」下車、徒歩2分。
リベルタート市場の目の前に位置している。

13時半オープンって記載あったけど、13時ぐらいから空いてるぽい。13時20分に着いたら空いてたし、人も沢山入っていた。
予約してないとカウンター席になる。普通にバルとして使っている人も。

僕は一人だったので問題なく座れたけど、3人以上だと予約がベター。
14時近くになるとより込んできていたので、早めに動いた方が良い。

ランチは16ユーロ(約2,000円)。
前菜、メイン、デザートから選べて、メニューは外に貼り出されている。
全てカタルーニャ語表記で、何とか解読を努めていたけど、後から来た人の様子を見ていると英語メニューもあるみたい。また店員さんも英語話せていた。

まずは飲み物。水、コーラ、ワイン、ビールなどから選択可。
オリーブが付け合わせとして、パンもついてくる。オリーブ好きだから、こういうのは嬉しい。

エントラーダは3種類から。
今回は自家製サラダを前菜として選択。これが本当に美味しくて今まで食べたサラダの中で一番かも。ポテトサラダなんだろうけど、絶妙な味で感動を覚えたレベル。

セグンダも3種類から。
僕のメインはカルソッツのオムレツ。オムレツの中にネギが入っていて、ソースが付いている単純な料理なんだけど、このオムレツがまた最高。卵の焼き加減といい、ネギの甘さといい、ソースとの相性といい。今まで食べたオムレツの中では最高峰の旨さ。

最後にデザートはパイナップル。これは普通のパイナップル、口の中がサッパリ。

この店は僕が今まで食べてきたスペイン料理、スペインの店の中で一番かもしれない。それぐらい美味しくて最高だった。

ランチ16ユーロはかなりお得。ボリュームもちょうど良くて、ゆっくりランチを楽しめる。前菜とメイン、メインとデザートは少し間が空くので急いでる人には不向き。だけどゆっくりと味を堪能できるし、お喋りもできる。

カードも問題なく使える。夜もいいだろうな。滞在中に一回は訪れたいお店。
時間を有効的に使いたい人は、予約していこう。

お店の情報

【お店の名前】La Pubilla
【住所】Plaça de la Llibertat, 23, 08012 Barcelona
【営業時間】月~土:08:30-23:30(月:夜休/日:全休)
【メニュー】ランチ:16ユーロ(約2,000円)
【アクセス】カタルーニャ鉄道の「Gràcia」駅又は地下鉄L3の「Fontana」駅。
【HP】https://www.lapubilla.cat/
【地図】

海外旅行先でも自由にSNSを使いた人必見!

旅行先でwifiを探して困った経験はありませんか?海外wifiなら1日数百円で自由にネットが使えます!今ならオトクなキャンペーンも実施中!