【ペルー】 クスコ近郊のアルパカ牧場へ行ってきた。




クスコ近郊にあるアルパカ牧場へ行ってきました。

3月23日 1ソル=約36円

クスコの近くにアルパカ牧場があると聞いて、早速向かってみた。しかも無料で入れるということなので、夜行バスまで時間を潰すことにした。

◆アクセス

クスコからはバスへ向かう。

↓乗り場。郵便局の近く。Hotew Warariの手前。Tullmayo通り沿い。

] f:id:Kouhei50:20140329071350j:plain

↑バス会社の看板

f:id:Kouhei50:20140329071413j:plain

↑中とバス

左奥のブースでチケットを買う。アルパカ牧場(Awana Kancha)までは片道3ソル(約108円)。ピサック行のバスに乗り込む。

アルパカ牧場はピサックへ向かう道の途中にある。なので、バスを途中下車をする必要がある。運転手さんや車掌さんにこれを言おう。

“Quiero bajar Awana Kancha.”

(私はアワナカンチャで降りたいです)(キエロ バハール アワナカンチャ)

と言えば通じる。

クスコから23km地点。だいたい45~50分ぐらいで着くので、出発してから40分ぐらいでソワソワし始めると良い。

アワナカンチャは右側に見えてくる。

もし降りる時は、こう言おう。

“Voy a bajar, por favor.”

(降ります)(ボイ ア バハール ポルファボール)

このフレーズは路線バスや他の地域でも使える。

“Me bajo aqui.”はアンデス地方ではあまり聞かない。

◎アルパカ牧場

f:id:Kouhei50:20140324222807j:plain

↑アルパカ牧場

早速中へ入る。何と入場無料!

すると、早くもリャマがお出迎え。

f:id:Kouhei50:20140324222927j:plain

面白い顔をしている。

奥へ進んでいくと、アルパカ!

f:id:Kouhei50:20140324223122j:plain

毛が長い。ご飯中。

以下、かわいいアルパカさんをお楽しみください。

f:id:Kouhei50:20140324223217j:plain f:id:Kouhei50:20140324223256j:plain f:id:Kouhei50:20140324223337j:plain f:id:Kouhei50:20140324223440j:plain f:id:Kouhei50:20140324223520j:plain f:id:Kouhei50:20140324223701j:plain

毛がもふもふしていて可愛い。ミニアルパカも。

f:id:Kouhei50:20140324223753j:plain

その辺に草が山積みされているので、勝手にエサやりできる。自由な雰囲気。

f:id:Kouhei50:20140324223836j:plain

↑餌を見るとすぐに寄ってくる。

結構アルパカがめつい。餌を横取りしてくる。でも、何か憎めない。

アルパカと反対側には染物をしている人たちが。

f:id:Kouhei50:20140329071603j:plain

アルパカやリャマの毛を染めて、織物を作る。

f:id:Kouhei50:20140324224143j:plain

のどかな雰囲気。

出る前にチップ箱。無料で入れるし、餌もあげられる。今後の運営を支えていくために、気持ちを1つ。

今日は日曜日。ここから車で20分のところに位置するピサックでは、日曜市が開かれているので、向かった。

f:id:Kouhei50:20140329071630j:plain

↑道

ここでバスを捕まえる。

最初ミニバスを捕まえたら「5ソル」と言われたので、路線バスを捕まえることをオススメする。

立ち乗りにはなってしまうけど、1.5ソルで行ける。

◎ピサックの日曜市

市が開かれているアルマス広場までは標識がある。

メイン通りの入り口で、ランチ4.5ソル(約162円)の店があったので、早速入る。

f:id:Kouhei50:20140324224652j:plain

↑店の入り口

f:id:Kouhei50:20140324224743j:plain

↑メインの”Estofado de Pollo”。シチューみたいな煮込み料理。

スープ+メイン(2種類から選択)+ジュース+デザートで4.5ソル。激安。

f:id:Kouhei50:20140324224822j:plain

↑店内

地元民で賑わっていた。日曜に定食が食べれるのは有難い。

食後、広場へ向かう。

f:id:Kouhei50:20140324224901j:plain

↑町の雰囲気

小さな町なので、一時間ぐらいで全部見て回れるほど。

f:id:Kouhei50:20140324225006j:plain

↑日曜市。野菜も売ってる。横には屋台もある。

f:id:Kouhei50:20140324225043j:plain

↑こちらは土産屋

メインは土産物屋が多い。しかし、品ぞろえはクスコと変わらず、それに比べて値段は高い。

もしかしたら安いものがあるかもしれないけど、冷やかすぐらいで丁度いいかも。

ツアーで来ている欧米人も多くいた。

f:id:Kouhei50:20140324225130j:plain

↑リキシャ。ペルーのリキシャは改造しているのが多い。

町は良い雰囲気だし、飯屋も多かったし、1泊してみても良かったかも。

帰りもバス。

国道沿いからバスに乗る。アルマス広場から南に4ブロック。

“Disculpe, Sabe de donde esta la parada va a Cusco?”

(すいません、クスコ行のバス停はどこにあるか分かりますか?)

(ディスクルペ、サベ デ ドンデ エスタ ラ パラーダ バ ア クスコ?)

と地元民で聞けば教えてくれる。

f:id:Kouhei50:20140329071658j:plain

↑バス

一応乗る前にクスコ行きか確認したほうがいい。

クスコまでは3ソル(約108円)。約1時間のバス旅。

行きと同じ場所に到着。アルマス広場までは歩いて20分ぐらい。

クスコで時間が余ったり、アルパカに癒されたかったら、オススメな場所。

f:id:Kouhei50:20140324224544j:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です