【UAE】EK319便:エミレーツのA380に乗る!成田(NRT)→ドバイ(DXB)搭乗記。

成田からドバイまでエミレーツのA380に乗りました。


2017年5月

マルタ旅行の始まり

GWの旅行。マルタへ行く時にエミレーツを使うことにした。
A380の就航セールだったので、10万円で買えたのはラッキー。
成田からドバイへの搭乗記録だ。
5月2日(火)
EK319 NRT 21:2003:35 DXB

成田でチェックイン

エミレーツは48時間前からオンラインチェックインができるので、事前に済ませておく。
特に荷物預けもないんだけど、念のため19時半前には空港に到着。
エミレーツは第2ターミナル北、BCカウンターでチェックインだ。
東京駅などから出る格安バスだと最初に止まるので、便利。
そこまで人は多くない。オンラインチェックイン専用の列もあるので、待つことなく手続き完了。
手荷物の重さ図られたけど、6キロぐらいだったので、特に何も言われず。
このチェックイン時に知ったのだが、エミレーツを使った時に、ドバイで4時間以上の乗り継ぎがあるときは「ミールクーポン」(ミールバウチャー)を貰えると聞いていた。
しかしそのサービスが2017年1月に終了していたことをその場で知る。結構期待していただけに、かなりの喪失感があった。
中東系の苦悩さを垣間見た瞬間だ。早く知ってれば良かったな、、、
保安検査へ。ホノルル行きやドーハ行きなど重なってる。
GWに入る夜ということもあり、多くの人で賑わっていた。そんなに待つことはなかったけど、余裕を持って行動しておいて良かったと感じた。
出国も自動化ゲートで30秒ほどで終了。

成田からドバイへ

成田のゲートは66番。第二ターミナルの一番端っこ。
普通に歩いて7,8分はかかるので、子連れの方や荷物が多い方は15分弱見ておいたほうがいいだろう。
余裕を持って動いてほしい。
66番前はこんな感じ。少し寛げる一人用のベンチもあって人気。
テレビもある。チャンネルも勝手に変えられるので、野球中継を選択。結構あっという間に時間が過ぎていく。
20時半過ぎから搭乗がスタート。優先搭乗の後に「各ゾーン」ごとに搭乗していく。
前の方は最後になるけど、のんびり行けるので問題はない。
「F」ゾーンは21時過ぎの案内。
人が多い、GWということもあるだろう。スペイン人も多かった印象。
ドバイから各地へ行くのだろうな、ヨーロッパが多いとは思うけど。
搭乗。50Aなので後ろに人はいない。
堂々と倒すことができるので気が楽だ。おまけに窓側だと個室感が増す。
まず入って香水?のいい香り。ここで既に異国感がある。
そして座席も広い。「プレエコかよ」と思うほどの足元の広さとシートの幅。
横に体格の大きなイタリア人が座ったけど、何も感じないほど。
これは良い。
モニターは最新鋭。タッチパネル式。
そして機内エンターテイメントは1,500以上と膨大な数。
一つ一つ何があるのかとチェックしていくだけで、1時間ぐらいはかかるかも。
「日本語は少ないのかな」と思ってたけど、結構多い。邦画も10作品ぐらいあるし、洋画やディズニーなど。日本語の音楽はそんなに多くはないけど、気にはならない。
むしろアラビックやアフリカンな音楽を聴けるので、こういう時に試してみるのも面白い。
個人的にはハリーポッター全作品があって、全部日本語対応。これは飽きなかった。
ちなみにタッチパネルは英語だけど、アイコンとか分かりやすいので、問題ではない。
毛布と枕、ヘッドホンは事前に席にある。
その後アイマスクや歯ブラシなどが入ったポーチが配られる。
そして少し差をおいて、ご飯のメニュー表が。
夕飯と朝ご飯が出る。
飲み物はお酒も完備。食事はハラル対応。
メニューの写真を紹介する。
21時33分に出発。アラビア語と英語、日本語の機内安全映像を眺める。アラビア語聞こえてくると、「旅が始まるな」という感覚になるな。
21時53分に離陸。よく離陸する時の「ゴー」ていうのがなく、新幹線のような滑らかな形で離陸。これはすごい。
離陸して1時間ほどで飲み物と夕食の提供。
チキンか焼きそばを選択できるが、ここはチキンタジンをチョイス。
ニース風サラダ、パン、メイン、ケーキというラインナップ。美味しかった。結構満足。
機内でお酒は飲まないので、7upをチョイス。
だいたいコカコーラがあればスプライト、ペプシなら7upになるんだけど、エミレーツはコカコーラと7upという組み合わせだった。
食べ終わり、その後は就寝タイム。
横のイタリア人のおばちゃんがミンティアみたいなのくれて、口内リフレッシュ。
何でイタリア人が分かったのかというと、単にイタリア語で話しかけてきたからだ。
飛行時間は約11時間なのだが、寝てたら着陸の2時間半前になってた。
ここで朝食タイム。
「オムレツ」か「チキン」という選択肢なのだが、オムレツがチキンハンバーグ(和服)、チキンが鶏粥(洋風)と少し分かりづらい。
そしてお粥が洋風なのか。。。
オムレツ(チキンハンバーグ)を選択。
パン、メイン、フルーツ、ヨーグルトというラインナップ。
飲み物は勿論オレンジジュースだ。
量はそこまで多くはない。逆に身体を動かしていないので、この量で丁度いい。
ペロリと平らげた、エミレーツはご飯美味しいなと僕は思った。
ハリーポッターを見ながら、後は着陸を待つのみ。
到着30分前になると、ブランケットとヘッドホンの回収が始まる。
30分なのでどうってことはないけど、機内は若干寒いので、別途羽織るものがあると安心。
あと個人的にイヤホンがあるなら持っておくと到着ギリギリまでエンターテイメントを楽しめると思う。
午前3時半にドバイ到着。着陸もそこまで衝撃もなく、A380の快適さを実感。
その後はドバイから乗り継ぎなので、トランジットゲートへ向かった。
この部分は別途記事で書きたいと思う。

まとめ

成田からドバイまでA380に乗った。
想像以上の広さと快適さ、機内エンターテイメントも豊富で機内食も美味しい。
個人的には満足できる内容であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です