【メルボルン】ギリシャ料理:「Stalactites Restaurant」は24時間営業の美味しいレストラン。

2019年4月 1AUD=約78円

メルボルンには多くのギリシャ系移民が住んでいる。
最初は1950-60年代に流入してきた。「白豪主義」真っ盛りのオーストラリア、イングランドやアイルランドからの移民が減ったことに伴い「英語が話せない白人」であるイタリアやギリシャなどの南欧系を受け入れた。続いて東欧・スラブ系。

メルボルンは中でもギリシャ系移民が多い街。特にオークレイ地区は「リトルアテネ」と呼ばれる程、ギリシャ系の割合が高い。

元々この南欧系の人たちは、重工業の労働者として受け入れられた節がある。そのため工業の街であるメルボルンに多くなっていた経緯も。

今回はCBDのギリシャ料理屋さんでランチを食べた内容を紹介したい。

5秒で分かるコンテンツ

Stalactites Restaurant

クイーンビクトリア図書館、QVモールに近いところに位置。チャイナタウンの真裏。
交差点の角にある。24時間営業とすごい。

中に入り店員さんの案内で席に。テイクアウトもある。値段は高めなのはしょうがない。
平日はランチメニューもあるけど、通常メニューとそこまで料金は変わらない。なので食べたいものを注文するのが良いだろう。

当初は「LAMB GIRO PLATTER」(S 23ドル)を頼もうかと思っていたけど、ランチの「LAMB YIOUVETSI」(E 20ドル)が気になったのでそちらを頼んだ。
「YIOUVETSI」をGoogleで検索すると、『チキン、ラムまたはビーフとパスタ(クリタラキまたはヒロパイト)とトマトソースで作られた焼きギリシャ料理』と出てきた。これははずれがない。


内装は鍾乳洞ぽい。ぶれてるけど。

最初に水とパンが到着。どちらも無料。
ついつい有料と考えてしまうけども、オーストラリアではちゃんと別料金の時は記載があるので心配要らない。

そしてメイン。ラム肉とライス、トマトソースで絡んである。
ワンプレートなので少なめに見えるけど、実際に食べたらかなりのボリュームがある。
小さいサイズにしておいて良かった。

ラム肉は骨が少なく柔らかい、臭みもないし食べやすかった。とても美味しい。
ギリシャ料理はハズレが少ないけど、この店に来れば確実だと思った。

ムサカやギリシャ風サラダも試してみたかったけど、一人では食べきれないので断念。何人かで来てシェアするのがちょうど良い。ボリュームはあるから気をつけて。

会計はレシートを貰って入り口のところで。カードは勿論なんだけど、AMEXも使えた。
「E」って何かと思ってたけど、キッズサイズになってた・・・。このボリュームで子供用なの。。。

24時間営業なのでいつでも使えるギリシャレストラン。

この周辺もギリシャ系の店が少しだけある。ギリシャ文字がないから分かりづらいけど。

お店の情報

【店名】Stalactites Restaurant
【住所】177/183 Lonsdale St, Melbourne VIC 3000 オーストラリア
【営業時間】24時間営業
【HP】http://www.stalactites.com.au/
【地図】

海外旅行先でも自由にSNSを使いた人必見!

旅行先でwifiを探して困った経験はありませんか?海外wifiなら1日数百円で自由にネットが使えます!今ならオトクなキャンペーンも実施中!