【タイ】バンコク:「プルマンG」がスタイリッシュで快適なホテルだった。

2018年1月 1THB=約3.5円

Pullman Bangkok Hotel G(プルマン・バンコク・ホテルG)

【住所】188 Si Lom, Bangrak, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
【宿泊日】2018.01.26~01.29(3泊)
【評価】★★★★★
【料金】ツイン:約12,000円程
【設備】
Wifi:○(普通) シャワー:温 洗濯機:× エアコン:○ キッチン:× バスタオル:○ 物干し場:×
その他:ボディソープ、シャンプー、歯ブラシ、テレビ、水(2本)
【アクセス】BTSチョンノシー駅から徒歩6分程
【地図】

予約

booking.comで予約をすると、通常のHP予約よりも割引された形で出てくる。
日本語だし、現地精算も可能。色々な部屋タイプも写真付きで選べるので、かなり使い勝手がよい。

アクセス

・空港から

空港から1時間ちょっと。
タクシーだと300-350THBぐらいになるんじゃないかな。
結構有名なホテルなので、たいていの運転手には通じる。通じない場合はBTSのチョンノシー駅とか言うと立地を理解してくれる。

・BTS チョンノシー駅から

チョンノシー駅から徒歩6分。途中大通りの横断歩道を1回渡る。
タニヤなどがあるサラデーン駅には15分程。横断歩道も1回渡らないといけない。

・路線バス

シーロム通りはいくつか路線バスが走っており、かなり行動としては便利だった。
15番(赤)、76番(白AC)、77番(赤、青AC、オレンジミニバス)、514(橙AC)が使える。

サイアムやMBK、カオサンへは15番。
ルンピニーやチットロム、プラトゥナームへは76番。
伊勢丹やプラトゥナーム、戦勝記念塔、モーチットへは77番と使える。
サパーンタクシーンは15番と77番、アジアンシディークは15番が通る。

周辺施設

ホテルを出て右手に15m程歩くとセブンイレブンがある。
レストランやマッサージ店は周辺にいくつもあるけど、「うーん」と感じる店が多い。

ホテル前にはタクシーやトゥクトゥクの勧誘がいるけど、無視してOK。
タクシーを捕まえるなら少し歩いたところで流しを捕まえるとメーターを使ってくれる(はず)。

チェックイン/チェックアウト

チェックイン:14時
チェックアウト:12時(レイト15時)

フロントで行う。レイトチェックアウトは15時になるので、今回は特典として利用ができた。
チェックアウト後はスーツケースなど預かってもらうことができるので、夜のフライトや鉄道でも問題はない。

ホテルの設備

WIFI

Wi-Fiは館内のどこでも通じる。
スピードはめちゃくちゃ速くはないけど、ネットするぐらいなら問題がないレベル。動画もちゃんと見れる。

部屋番号と英字の姓を入れれば繋がる。

ベッド&部屋

今回の部屋はツイン。
白を基調としたスタイリッシュな部屋。そして広い!

ベッドはフカフカだし、机も置いてあるし、ハンガーもしっかり。スリッパもある。
ペットボトルの水も2本置いてくれる。部屋は少し乾燥しがちなところは注意してほしい。

シャワー&トイレ

バスタブ付き。シャワーとは分かれている。
シャワーは個室になっているので、水はねとかは気にすることがない。

シャンプーやボディーソープは付いており、歯ブラシやカミソリもある。
ハンドタオル、バスタオル、バスローブとあるので家からタオル類を持ってくる必要はないかな。

お湯もしっかり出るし、排水も良い。そして水圧も完璧。

朝食

朝ごはんは2階のレストランにて。ホテルの規模と比べたら席の数がかなり少ないので、早めに行くといいかもしれない。
6時から10時までと長い時間取っているので、朝早い出発でも問題はないだろう。

ここの朝食、種類が多く飽きることはないと思う。
ジュースなどの飲み物、温かいミール、乳製品、生野菜。何でも揃ってる。

バミーは目の前で作ってくれて、火薬も入れ放題。汁あり(ナーム)と汁なし(ヘーン)どちらでも。何も言わないと汁ありになる。
また、卵も同様に作ってくれる。

生野菜やフルーツも安心。サーモンも置いてあって驚いた。
フランスのアコーグループということもあって、チーズやヨーグルトなどの乳製品、パンの種類が豊富。

まとめ

シーロムのプルマンを紹介した。
プルマンはバンコクに2つあり、片方はアソークに位置している。

少しBTSの駅からは歩くけど、立地としては良いところ。個人的にはバス停が徒歩1分以内のところにあるのが、好印象だった。

部屋も素敵だし、設備も何も不自由はない。
そして朝食も豪華で毎日少しラインナップを替えてくれるので、飽きずに食べることができた。

両親との旅行、というよりかは友達やカップル、グループ旅行にピッタリじゃないかな。