【アゼルバイジャン】バクー:イスラム教の聖地「Bibi-Heybat Mosque」の内装が緑を基調として美しい。




バクー近くの「Bibi-Heybat Mosque」へと行きました。

2017年8月 1AZN=約65円

イスラム教の国「アゼルバイジャン」

バクーの街を歩いていると、この感覚が薄れてくるかもしれないが、アゼルバイジャンはイスラム教の国だ。
トルコのイスタンブールみたいな雰囲気にのまれてしまうけど、よく眺めるとモスクが点々とあったりしている。
だが、街を少し離れると巨大なモスクもあるので、「あー、やっぱりそうか」と思うこともしばしば。

前回、個人的に好きな「Heydar Mosque」を紹介したが、今回はイスラム教にとって重要なモスクの1つとされている「 Bibi-Heybat Mosque」を紹介したい。

【アゼルバイジャン】バクー:美しきモスク「Heydar Mosque」に魅了される。

2017.11.10

アクセス(行き方)


125番のバスで一本。簡単に行くことができる。


125番の起点は「28 May駅」。WC Waikiki前から出ている。行けば125番の赤バスが常時止まっているので分かるはず。


125番は常時混む。始発からではないと座れないと思ってほしい。始発でも立ちの時もある。
バクーのバスは0.2マナト(約13円)だけど、125番に関しては長距離走るからか0.25マナト(約17円)。それでも安い。


125番は、28 May駅を出ると、海岸沿いを走る。乙女の塔の近くから乗車も可能。
詳細な路線図はHPに記載されている。モスク行く以外にも使いやすいので、海岸沿いから28 Mayに行く時に使ったりしていた。
URL:https://www.bakubus.az/en


バスに乗って30分ほどで到着する。バス停の目の前がモスク。
進行方向左手にモスクが見えるので、見えたら降りる準備をしよう。観光地でもあるので、降りる人はいるし、「STOP」ボタン押さなくても、バスは必ず止まってくれる。


降りて横断歩道渡れば到着。帰りは反対側から乗るだけでOK。帰りは座れないから覚悟してほしい。

Bibi-Heybat Mosque(ビビ・ヘイバット)


入場は無料。露出が多い服はNG、半パンはまだいいとは思うけど、下は長ズボンで行きたいところ。
13世紀に建てられたということで、歴史は長い。建物が少し新しいなと思うのは、1990年代(97年頃?)に再建されたとのこと。


このモスクには「Ukeyma Khanumと呼ばれるムハンマドの子孫の墓があるということで、イスラム教徒の観光地。僕が訪れた時はトルコ人だらけだった。
厳格な雰囲気ということはなく、かなりラフ。墓の前でもトルコ人がスマホで写真撮りまくり。厳かとは無縁な環境だった。これはこれで良いと思う。


墓の中は「緑」。聖なる場所故の色合い。「緑」なモスクは今まで見たことがなかったので、この景色は美しかった。


墓の横は礼拝の場になっているのだが、ドームの部分に緑のワンポイント。聖なる地であることを実感したが、イスラム教徒ではないので、どれほどな場所なのかということは感じられなかった。


モスク前は広い敷地。風が強い。ここからは港が眺められるけど、遠くにはフレイムタワーや新市街が見える。


裏手は山になっている。墓地があるようだけど、この上から眺めるモスクは素敵だろうな。行く気力はなかった。


モスク滞在は30分ほど。そのまま125番のバスで市内中心へと戻っていった。

まとめ


バクー近郊のモスク「 Bibi-Heybat Mosque」。緑が基調とされた内装は珍しいし、美しい。
アクセスも悪いと思いきや、125番のバスで目の前に到着するのでかなり簡単だ。時間が少しかかるけど、滞在に余裕があれば行ってみるのも面白い。

地図: