【ジョージア】トビリシ:オーストリア風なカフェ「Brotmeister」で朝食を取ってきた。




2017年8月 1GEL=約45円

トビリシのカフェ

コーカサスを周遊した。その中で各国に抱く印象は全て違うものであり、アゼルはトルコ、アルメニアはロシア、ジョージアは欧米という雰囲気を持った。
ジョージアは反ロシア、そして欧米寄りの路線を歩んでいると言われており、バックパッカーの数も他の国とは異なる程。
特にレストランやカフェに関しても、トビリシが異様に他の首都に比べて、欧米風なカフェが多かった。

今回はオーストリアのカフェをコンセプトにしたお店「Brotmeister」で朝ごはんを食べてきた。

Brotmeister

「 Brotmeister」は市内にいくつか店を展開している。ジョージアだけのお店なのかな。
僕は「Vake公園」に行きたかったので、Vake公園に程近い店に訪れた。
周囲は住宅街、観光地でもないし、宿も多いエリアではないので、地元の人しか歩いていない。
Station Squareから9番のバスでVake地区へと向かった。

オーストリア風ということで、中々日本ではないような形態。
確かにオーストリアはカフェ多かったし、温かみのあるような店構えだなという印象。
店を見ても、住宅街などお金が持ってそうな場所に。なのでカフェの料金もジョージアの物価を考えると少し高めの設定だ。

とはいえ、外装&内装がおしゃれ。居心地が良い。WIFIもあるので、長くいれてしまう。
コンセントは全てにあるわけではないけど、探せば見つかる。

朝食は朝から昼まで。通しでカフェ営業をしているので、用途にあった使い方をすればよいと思う。

自由席。テイクアウトは店に入ったところで、店内で食べたい人は好きな席に座ってメニューを貰おう。
別にメニューに記載のものに関わらず、店の入り口にあるパンと飲み物だけでもOKだ。

ちゃんとした朝食は10GEL(約450円)前後。
クロワッサン、マフィン、紅茶の僕は7.2GEL(約324円)だった。
パン自体はさほど高くはないので、いくつか注文して残ればテイクアウトしてもいいかな。

店員さんは若い人が多い。英語も通じるので助かる。

少しのんびりした朝をこのカフェで過ごすことができた。
googleで「 Brotmeister」と検索すれば店がプロットされるので、最寄りの店に行ってみてほしい。

Brotmeisterの店情報(僕が訪れた店)

【住所】 7-9 Otar Taktakishvili St, T’bilisi
【営業時間】08:00~22:00
【メニュー】朝食セット:10GEL~
【地図】