【インドネシア】ジャカルタで雲呑麺!「Bakmi Cong Sim “Athek”」のバクミが美味い。

2018年7月 10,000ルピア=約80円

ジャカルタでバクミを

ジャカルタで個人的にナシゴレンよりポピュラーだと思ったのが、バクミ(麺)だ。
タイのバミーと同じ、麺料理なので、日本人にも馴染みやすい味だ。

ジャカルタを歩けば、屋台、食堂、チェーン店の多くでバクミ(bakmi)を提供していることを目にするだろ。
店によって味付けや麺の種類も違ってくるし、それぞれの個性が出てくる。

とりわけ美味しかったのが、マンガブサール通りにある「Bakmi Cong Sim “Athek”」だ。

ジャカルタで唯一の?雲呑麺

このブログで度々登場するマンガブサール通り。
個人的には美食の宝庫として保存してもいいぐらい美味しい店が多い。
このバクミの店は先日紹介したバクソの美味しい店の近く。というか、3,4軒隣。

アクセスとしては、トランスジャカルタのOlimo駅を出て、歩道橋を右に進み、メルキュール方面へ進み、横断歩道を渡り、交差点を左折。100mぐらい歩けば見えてくる。

店の名前よりかは、「Bakmi CongSim Medan」と出ている。

月曜の17時半、まだ先客はいないようだ。
中に入り、この店の看板メニュー「MIE pangsi」を注文。雲呑麺だ。

帰宅ラッシュになっていることもあり、テイクアウトしていく人が多い。
中には食べてく人もいるけど、バクミではなくご飯とか食べている。

バクミとアイスティーを注文。付け合わせにスープがついてくる。

バクミは汁なし麺、かき混ぜるとワンタンが下から登場。
ネギとフライドオニオン、肉片が絡まって美味しい。麺は博多ラーメンみたいに細く、僕好み。薄ければテーブル横の調味料で味付けしてもいいかも。
付け合わせのスープはダシが効いていて、美味しかったし、箸休めにもなった。

これで46,000ルピア(約368円)。
バクミが40,000ルピア。アイスティーはお代わりしたから1つ3,000ルピア。

多分雲呑麺を出してる店は他にないと思うので、貴重なお店かも。
いいご飯になったな。ここは朝から晩まで通しで営業しているので、食べたくなったら来ればいいと思う。

お店の情報

【店名】Bakmi Cong Sim “Athek”
【住所】Jl. Raya Mangga Besar, RT.5/RW.6, Maphar, Tamansari, Kota Jakarta Barat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 11150 インドネシア
【営業時間】08:00~21:45
【メニュー】バクミ:40,000ルピア
【アクセス】トランスジャカルタのOlimo駅から徒歩3分。
【地図】