【インドネシア】ジャカルタ:バクソを食べるなら「Baso Akiaw 99」へ!

2018年7月 10,000ルピア=約80円

ジャカルタの下調べをしている時、バクソは一度食べてみたいと思っていた。
バクソとは肉団子、スープの中に入っていて、屋台でも食べられる料理だ。

そんな中、「じゃかるた飯」さんのページを見ていた時に、バクソを紹介する記事かあった。
なんとコタから近いマンガブサール通り沿いとのこと、しかも日曜は昼から空いてるのて行ってみた。

アクセス(行き方)

以前紹介したおかゆのお店の近く。
俺の餃子の真向かいだ。

トランスジャカルタだと「Olimo」が最寄駅。
出口は一箇所しかない。歩道橋を右へ進む。
コタから来た時は進行方向、モナス方面からは来た道を戻る形に。
左手にメルキュールを見ながら、横断歩道を渡り、マンガブサール通りを入ろう。

だいたい80mぐらい歩いたところに位置する。
看板が出ているので分かるかもしれない。

バクソを堪能する

店に入り勝手に座ろう。
店員さんがオーダーを取りに来てくれる。
メニュー表とかはないけど、だいたいが「バクソ」と「ご飯」or「麺」or「ビーフン」と飲み物を注文する。

僕はバクソとビーフン、アイスティーを注文。
本当は麺(ミー)を頼みたかったんだけど、まだ用意されていないとのことで、ビーフンにした。
店員さんは基本ネシア語オンリーだけど、英語も若干できたので、コミュニケーションは上手くいった。

平日と土曜は夜からの営業になるけど、日曜は13時頃からオープン。
13時ちょうどで先客が何人かいたので、少し前から開けているのだろう。
僕が出る頃(13時半)にはかなり埋まってきていたので、早めに来るといいかもしれない。

先にアイスティーが到着。コーラを頼む人が割りかし多かったな。
店内は冷房はなく、扇風機。これが東南アジアの食堂という感じで雰囲気は最高。

少し待って、バクソとビーフンが到着。
バクソ単体で食べるのもいいけど、バクソにビーフンやご飯を入れて食べるのも良い。
ご飯は個人的には合わないかなと思っていたので、麺類がベターだと思う。

ビーフンにはパクチーとにんにくチップ。
これが最高、パクチーはそこまで得意ではないんだけど、そこまで臭みもなくて、バクソとビーフンとの相性が凄く良かった。

バクソもスープが本当に美味しい。
牛肉と肉団子も味が染みてて良かったな。ビーフンを入れながら食べて行ったんだけど、「こんなに上手いのか」と若干の感動。

この店を掲載していただいたじゃかるた飯さんには足を向けて寝れないレベルだ。
ペロリと平らげてしまった。
テーブル横の調味料は使わなくてもいいぐらい、味が整っている。
白いのはおせんべいみたいなもの。周りの人はパリパリ食べてたけど、これをスープに浸すのも美味しいかもね。

会計は左の白いレジにて。テーブル番号伝えるのでもいいけど、おっちゃんが瞬時に判断して値段を教えてくれた。

バクソ、ビーフン、アイスティーで53,000ルピア(約424円)。
多分屋台で食べれば、半分ぐらいの価格で済むと思う。
だけど、この味を考えると強気の設定でも納得。質が保てるなら高くてもいいよね。

内訳は聞いてないけど、バクソが45,000、ビーフンが6,000、アイスティーが2,000とかかな。
10万ルピア出せばお釣りは確実に返ってくるはず。
美味しいバクソ、是非食べてみてほしい。

お店の情報

【店名】Baso Akiaw 99
【住所】Jalan Mangga Besar Raya No. 2B, Kec. Tamansari, RT.10/RW.9, Maphar, Tamansari, Kota Jakarta Barat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 11160 インドネシア
【営業時間】15:00~23:30(日:13:00~23:30)
【メニュー】バクソ、ビーフン、アイスティーで53,000ルピア(約424円)
【アクセス】トランスジャカルタ「Olimo」から徒歩5分。
【地図】