【インドネシア】ジャカルタ:カフェの中に信号機?セナヤンの「Trafique Coffee」がユニークでオシャレ。

2018年7月 10,000ルピア=約80円

ジャカルタはカフェ天国だ。
特に南ジャカルタ界隈は、一軒家まるごとのカフェが多かったりして、それぞれにコンセプトもあるから面白い。

カフェ巡りを多くしたいけど、大抵が車移動基本なエリアなので、暑いので若干シンドイ部分はある。

今回は、セナヤンのオシャレカフェ「Trafique Coffee」を紹介したい。

5秒で分かるコンテンツ

信号機があるカフェ

プラザ・セナヤンから徒歩5分。
セナヤン界隈でも評価の高いカフェの一つだ。

白を基調とした外観。

そして可愛らしいドア。何か別の国へと連れて行ってくれそうな雰囲気である。

扉を開けて目に入るのが、信号機だ。
カフェの名前からあるのだろうけども、世界でも信号機があるカフェはここだけじゃないかな。

カウンターで注文。英語は通じる。
メニューも置いてあって、カフェラテのアイスは40,000ルピア(約320円)。
レシートにはWi-Fiのパスワードが記載されているので、受け取るようにしよう。

中はウッド調でオシャレ。落ち着いている。

月曜14時頃だったこともあり、中はガラガラだった。

電源も殆どのテーブルに完備。
ジャカルタはCタイプと欧州と同じだ。
Wi-FiはフリーWi-Fiに接続するけど、一度プラウザに入り、ユーザーネームとパスワードを入れる。それがレシートの下に記載されているのだ。
速度はサクサク、動画も余裕で見れるほど。
ただ人が少なかったので速かったことも考えられるので、過度に期待はしないでほしい。

喫煙スペースも完備されている。結構ジャカルタは分煙が進んでいるな。結構インドネシア人ってタバコ吸うんだなって、カフェ来て思った。特に若い人。

ゆるい空気が流れるカフェ店内。
多分土日になったら人で埋まるんだろうな。
2時間ぐらい居たけど、居心地は凄く良かった。作業スペースとしても充分かもしれない。

お店の情報

【店名】Trafique Coffee
【住所】Jalan Hang Tuah Raya No.9, RT.2/RW.6, Gunung, Kby. Baru, Kota Jakarta Selatan, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 12120
【営業時間】09:00~22:00
【アクセス】プラサ・セナヤンから徒歩5分。Trans JKT「Gelora Bung Karno」駅から徒歩8分。
【メニュー】カフェラテ(アイス):40,000ルピア など
【地図】