【韓国】ソウルで11時間トランジット、焼肉を食べて、市内をちょこっと観光する。

2018年5月 100ウォン=約10円

仁川のトランジット

GWのウズベキスタン旅行。
往復大韓航空を使用したのだが、復路はソウル観光のため11時間トランジットを設けた(長く空けたフライトが安いという理由もあったけど)。

今回はソウルトランジットでの様子を記したい。
ちなみに発着は仁川だ。金浦は使用していない。

【行動パターン】
08:40 仁川国際空港に到着
09:20 空港鉄道(AREX)でソウル駅へ
11:00 梨花洞の路上美術館を散策
12:00 弘大で焼肉
14:30 仁川国際空港へ

09:20 空港からソウル駅へ

ソウルには3回目となる。およそ5年半振り、かなり久々だ。

空港からソウル駅までは空港鉄道を利用することにする。
各停と特急(AREX)があるけど、行きは特急のAREXを使った。

KKDAYというサイトで購入すると、幾分安く買えるのでお得。
当日はクーポンをチケットカウンターで見せて引き換えるだけ。
1回券となるので、500ウォンのデポジットが必要になるけど、下車時に駅で払い戻しができる。

座席は指定席となり、ソウル駅まで最速43分。
ターミナル2が始発となって、2からだと50分近くかかる。
普通が66分なので、15分ぐらい短縮になる。
基本的に空いてるので、確実な手段を取るなら特急に乗るのが良いだろう。

あっという間にソウル駅に到着。空港を出たらノンストップだ。
ソウル駅では、地下鉄1,4号線に乗り継ぐことができる。
至る所に案内があるので迷うことはないはずだ。

11:00 梨花洞の路上美術館

ソウルで行きたかったスポットの一つ。
路上アートが楽しめるとのことで、地下鉄4号線の恵化駅を下車した。

恵化駅の2番出口を上がる。

そのまま真っ直ぐ進んでいく。左手には大学や学校が見えてくる。

少し歩いたら左折。このコンビニが目印。

三叉路は「MILANO」という店側の道を進んでいこう。

そして階段を上っていく。

所々壁に描かれているので、ゆっくり進んでいこう。

昼前にもなってきているので、観光客も増えてきている。
日本人が多かったな。翼の前は大人気。

これどういう意味なんだろ。

周辺は住宅街なので、騒ぎすぎないように。

現に観光客が増えすぎて、一部のアートは無くなったりしているようだ。
住民側のポジションに立つと、のんびり暮らしているのに、観光客増えたらいい気分にはならないよね。

最初カフェかと思ってたけど、D.I.Yやボードアートのお店ぽい。

丘の上にあるので、長崎みたいな雰囲気。




そんなにエリアとしては広くはない。アップダウンはあるから歩きやすい靴でいくといいかも。
トイレも基本的にはないから、カフェとかに立ち寄った際に済ませておくのがいい。
アートを見ながら、「駱山公園」(Naksan Park)へと向かっていく。

たまにセーラー服や女子高生の学生服来てる子を見かけたけどレンタルしているみたい。

駱山公園は緑多き静かな公園。ここもアップダウンはあるので気を付けて。
夜行便からの散策なので、地味に疲れていたので、そこまで歩いてはいない。


ここからの眺めも良い。ソウルって平たんなイメージがあるけど、そんなことはなく丘も多い。

階段や道を下っていくと、恵化駅へと向かうので、気の向くままに歩いてみよう。

地図:

12:00 弘大で焼肉

一人なら明洞で一人焼肉しようと思っていたけど、今回はウズベキスタンで出会った旅人と経由も同じだったので、一緒に行動していた。
二人だったので、有名な焼肉屋さんへ行くことに。

場所は弘大入口。若者で賑わう学生街だ。
「チャカンカルビ」というお店。デジカルビで有名。
詳細は別記事に書いたけども、安くて美味いし、日本人も多いので、かなり使い勝手はいいところだった。
またソウル来たら行きたいお店。ただ、辛いデジカルビは本当に辛いので、気を付けて。

記事:

【韓国】ソウル:弘大入口の「チャカンカルビ」でデジカルビを堪能する。

2018.08.29

地図:

その後は少し明洞を散策して空港へと向かった。
特に写真も撮ってはいないので、割愛させていただきたい。ソウルはまた来れる場所なので、焼肉にしか意識は向いていなかった。

まとめ

ソウルでトランジット観光を試みた。
仁川国際空港からソウル市内は鉄道で1時間程と近いので、4,5時間あれば全然出れてしまう。
空港の中にもお店は沢山入っているので、時間がなければ空港内で済ませてしまうのがいいんだけど、少し散策や焼肉を食べるならば、7,8時間あると余裕があるだろう。

ソウルに出なくても、仁川市内を散策してもいい。仁川にはチャイナタウンがあり、ジャージャー麺を食すことができる。
ソウルでのトランジットはかなり楽しいと思うので、目的にあった行動をしてみるのがいい。
空港が主催する無料ツアーもあるから、これに参加してみるのもあり。
URL: https://www.airport.kr/ap_cnt/ja/trn/tour/trtour/trtour.do