【韓国】ソウル:弘大入口の「チャカンカルビ」でデジカルビを堪能する。

2018年5月 100ウォン=約10円

弘大入口の焼肉

ソウルでトランジットの時、焼肉を食べるために街中へと出かけた。
調べた結果、弘大入口に美味しいお店があるとのことでランチしに行った。

チャカンカルビ

地下鉄2号線の弘大入口駅の8番出口を出て、徒歩2分弱。
24時間営業のお店なので、いつ行ってもオープンしている。

店に入って席に着くや否や、タレやサンチュ、副菜などが置かれる。

その他副菜はセルフバーで取るスタイル。大根がサッパリしていて美味しい。

メニューは昼も夜も同じ。
2人前から注文が可能だけど、3人前がお得とのこと。
デジカルビのノーマルが2つ、辛が1つで19,000ウォン(約1,900円)。
他にも種類あるけど、副菜でかなりお腹は空くれるので、頼み過ぎは注意したい。




ビビンバは3,000ウォン(約300円)、冷麺は4,000ウォン(約400円)と格安。
冷麺はサッパリしていて、ビビンバはめちゃくちゃ美味しかった。日本では味わえないような味付け。タレなのかな、これだけでも満足するようなご飯だったな。


焼肉はハサミで切るスタイル。
煙は殆ど出ないので、服や荷物に臭いがつく心配は要らない。
とはいえ、多少のにおいは仕方ない。椅子の下に物を入れられる。



辛いデジカルビは本当に辛い。辛いのが得意な人はいいだろうけど、興味本位で試そうとしているなら、見送ることを推奨したい。
サンチュや大根とかと合わせたけど、どうしても辛さは引かなかったな。美味しい辛さなんだけどね。
ちなみに、普通のデジカルビはご飯やサンチュなどに合う。

副菜とかは残してもOK。多分食べきれないと思う。どれも美味しいから、ちょこちょこつまんでいきたい。

お会計は出入口のところで。レシートに記載された額のままなので分かりやすい。
この日は、デジカルビセット(普2、辛1)が19,000ウォン、ビビンバ3,000ウォン、冷麺が4,000ウォンで計26,000ウォン(約2,600円)。
2人で行ったので、1人1,300ウォン。これだけのクオリティとボリュームで、1,300円と考えると最高のコストパフォーマンスだ。

24時間空いてるのでいつ行ってもいいし、メニューには日本語も記載されているので分かりやすい。
手軽に楽しめるので、旅のスタートとして最適だろう。

お店の情報

【店名】コ・チャンボクのチャカンカルビ 弘大店(고창복의 착한갈비 홍대점)
【住所】ソウル特別市 麻浦区 東橋洞 169-9(169−9 Donggyo-dong, Mapo-gu, Seoul, 大韓民国)
【営業時間】24時間
【メニュー】デジカルビセット(普2、辛1)が19,000ウォン、ビビンバ3,000ウォン、冷麺が4,000ウォン など
【アクセス】地下鉄2号線「弘大入口」駅8番出口から徒歩3分、又は空港鉄道「弘大入口」駅7番出口から徒歩3分。
【地図】