【イギリス】ロンドン:わずか空港まで15分。「ヒースローエクスプレス」が便利すぎる。

2018年2月 1GBP=約150円

ヒースロー空港へのアクセス

ヒースロー空港へはいくつか移動手段がある。
安く済ますには地下鉄、路線バスとなるし、荷物があればタクシーという選択肢になるだろう。

僕は早く行きたい、そして荷物が少ないということもあったので、パディントン駅からヒースローエクスプレスを使ってみることにした。

ヒースローエクスプレス

ヒースローエクスプレスはロンドン・パディントン駅とヒースロー空港を15-20分で結ぶ鉄道のこと。

ヒースローコネクトというのもあるんだけど、こちらは普通列車となるので、安い分、各駅に停車していく。
京成スカイライナーとアクセス特急の差みたいなものかな。

朝早くに出ないといけなかった。
滞在しているオックスフォードサーカスからパディントン駅までは10分ほど。15ポンド(約2,250円)。やっぱタクシー高いな。
平日の6時半頃の話である。

タクシーはパディントン駅の地下に止まるので、そこからヒースローエクスプレスまではエスカレーターで上がっていく。
パディントン駅では案内がめちゃくちゃあるので、分からないほうがおかしい。

コンコースまで出たら、ヒースローエクスプレスは6,7番線から出発するので、ホームへと向かおう。
手前とかにある券売機は近郊列車用。ヒースローエクスプレス専用の券売機が他にある。

有人窓口、券売機どちらでも購入は可能。
有人が空いていたので、そちらでサクッと買ってしまった。クレジットカード払いはOK(VISA、マスター、AMEX)。
券売機も触ってみたけど、日本語の選択もあったので、特に不自由はないかな。こちらもクレジットカード払いOK。

片道が25ポンド、往復だと37ポンドと割引が効く。
今回朝の7時前だったんだけど、オフピークが適応されていて、22ポンドで買うことができた。
ピークは平日7時から10時と16時から19時まで。それ以外はオフピークとなる。

ヒースローエクスプレスは15分に1本運行していて、5時10分から23時25分まで(日曜は6時10分始発)。
なので行ってしまっても、次にすぐ乗れるので心配はいらない。
またチケットを買うときも時間や座席指定もない。

改札はないのでそのまま乗り込む。
一番手前(ヒースロー方面からだと前)と中程には1等車がある。別料金となるけど、べらぼうに高いので、短時間で考えると要らないかな。
TATAの広告がデカデカと貼られている車両に乗り込む。TATAはスポンサーなのかな?

ドアの近くにスーツケースを置くスペースがある。
香港のエアポートエクスプレスと似ている。

足元は広く、座席の真ん中にコンセントもあるから充電が可能。

Wi-Fi完備だけど、登録をしなければならない(名前、アドレス)。
出発して5分ぐらいで車内検札がある。
チケットを見せるだけで問題はなし。

ターミナル2,3には15分、5には20分程で到着。
ターミナル4には2,3の駅でコネクトに乗り換えをする。降りた場所で待っていれば、4行きの電車が来る。
ターミナル5からも4行きの電車はあるので、乗り過ごしても問題はない。

ちなみにターミナル間は無料で移動ができるので、連絡バスの役割として使うのも良いだろう。

駅に到着したら後は出発ロビーに行くだけ。
ターミナル5(BA, IB)はエレベーターで3分ぐらい。ターミナル2,3はコンコースを歩いていくから、5,6分はかかる(途中2,3への分かれ道がある)。

まとめ

ヒースローエクスプレスを初めて使ったけど、めちゃくちゃ速いし楽。
確かに高いんだけど、時間を有効に使いたい人は乗るといいんじゃないかな。

安上がりはバスや地下鉄に負けるけど、パディントン駅近くのホテルだったり、そこまで荷物がなければ活用していけると思う。

地図:発着のパディントン駅