【イギリス】ロンドン:ソーホーの「Bistro 1」が安くて、地中海を思い出す味。

2018年2月 1GBP=約150円

ソーホーのビストロ

物価の高いロンドン。中心のソーホーとかはさぞ高いかと思いがちだけど、探したら安い店もあったりする。

勿論値段相応なんだけど、とはいえ安い店はロンドンでは貴重だ。

以前、ソーホーのチャイナタウンの「旺角」を紹介したけど、今回は地中海のビストロについて記したい。

過去記事:

「世界一接客態度が悪い」と言われるロンドンの激安中華料理店

2014.12.10

ビストロ1(bistro 1)

ソーホーのチャイナタウンの近く。
地下鉄だと「Leicester Square」駅の近くにある。

1階と地下に店はあり、大衆食堂ということもあり予約はできない。

日曜の昼間という一番混みそうな時間帯だけど、何とか席は確保できた。

ここはランチ(休み問わず)が2コースで9.9ポンド、3コースで11.9ポンド。
ディナーは2コースが11.9ポンド、3コースが14.9ポンドと高くない。

メニューはHPにも記載されているので、事前に確認していくと注文もスムーズ。

前菜、メイン、デザートという内容になるけど、ハンバーガー単品などもあるから、自分の好みに合わせれば良い。

飲み物は頼んでも頼まなくてもどちらでも。
要らない人は水道水(Tap Water)を言えば無料でくれる。普通に「Water」だとボトルで持ってくるので。

今回はランチの2コースに、レモネードを飲み物として追加した。
前菜はサーモンとアボカドのサラダ。メインはステーキだ。

まず付け合わせのパンとデーツ?みたいなものが登場。

前菜は素材の味をそのままを活かしたもので、ほぼドレッシングはかかっていなかった。塩で味を足すと美味しくなる。
地中海料理とはいえ、場所はイギリスなので、そこは自分で味の変化を楽しもう。

メインはステーキ。下にマッシュポテトが敷かれている。
こちらはソースがかかっていて、まあまあ美味しかった。さすがにステーキを外すわけないからね…

店員さんの愛想が良くて、たまたま旧正月中だったんだけど、「Happy New Year」と言ってくれた。
日本人と知ってなのか、それとも分からなくてアジア系だから言ったのか、どっちでもいいけど、気分は悪くはない。

内装もトルコ南部ぽく、まさに地中海。
ほかのご飯もムサカやファラフェルとかあって、まさにあの辺のご飯だった。

値段相応だけど、ランチに困ったり、夜安く済ませたかったり、薄い味を求めるなら良いんじゃないかな。

お店情報

【店名】Bistro 1
【住所】27 Frith St, Soho, London W1D 5LE
【営業時間】09:00~01:00
【HP】https://www.bistro1.co.uk/
【アクセス】地下鉄「Leicester Square」駅(Northern and Picadilly)から徒歩5分。
【地図】