【ウズベキスタン】サマルカンド:「Cafe Sezam」のラグマンがべらぼうに美味い。

2018年5月 1USD=約8,000スム

サマルカンドのラグマン

ウズベキスタンでは日常的にラグマンが食されている。
中央アジアやウイグルでも食べられてるし、他国でもコミュニティがあればラグマンを見かけることは多い。

サマルカンド滞在中、宿のオーナーからラグマンが美味しい店を紹介されたので訪れてみた。

Cafe Sezam

お店は中心部から南西部。
どちらかと言うと駅に近い方に位置している。

地元の人でも分からない人がいるけど、タクシーの運転手さんにメモを見せたら分かってくれた。
この画面を提示すれば問題ないはず。

看板はアルファベットではないけど、見てすぐにわかるはず。
夜だったので、レギスタン広場からタクシーで5,000スム。もう少し近ければ3,000スムとかで行けるはず。

店の前を4番バスが走っているのは見えた。トラムも近くの大通りを通過する。

店は2階に位置する。
店内は男だらけだけど、女人禁制ではない。女の人も入ることはできる。

アルコールの提供もあって、ビールなどもあるし、周りのお客も普通に飲んでた。メインはコーラだけど。タバコもOK。

ラグマンは2種類。
普通のラグマンか、焼きラグマン。
ハーフが15,000、ノーマルが20,000スム。
なんだけど、ハーフでも普通の店の1人前はあるので、ハーフだけにするのが吉。

僕はラグマンと焼きラグマンのハーフ&ハーフにしたけど、かなりのボリュームがあった。上がラグマン。
飲み物は必須なので、何か頼もう。言うても1ドル以下と安いし。

野菜も豊富。マトン肉も入ってる。ウイグル風の味付けかな。
かなり美味しいけど、個人的には普通のラグマンがよりおいしいと思った。スープが美味い。パンを浸すとまた良い。

こっちが焼きラグマン。

Taxで4,000スムかかったけど、それでも安い。
店員さんも親切、そしてラグマンが美味な店。ナンバーワンという触れ込みはウソじゃないかも。
良い夕ご飯となった。

お店の情報

【店名】Cafe Sezam
【住所】Ponjob St, Samarkand
【メニュー】ラグマン(ハーフ):15,000スム、:20,000スム
【営業時間】11:00~23:00
【地図】