【タイ】 バンコクで予防接種(スネークファーム)

バンコクで予防接種をした話です。

2013年4月 1バーツ=約3円

◎アクセス

ラーマ4世通り沿い。MRTサムヤーン駅近く。カオサンからなら47番赤バスで1本。6.5バーツ(約19.5円)

↓赤バス。青の看板が前にあるバスは無料。

f:id:Kouhei50:20140321135936j:plain f:id:Kouhei50:20140325050456j:plain

↑入口

f:id:Kouhei50:20140325050535j:plain

↑中。噴水があって落ち着く。

◎持っていくもの

・パスポート
・現金
・健康な体

◎予防接種の流れ

① 1番部屋に入り、紙に記入。

② 紙を提出。20バーツ支払。受付カードを貰う。

③ 隣室に移動。血圧と体温測定。

④ ドクター部屋へ。医師と面談。

⑤ 5番カウンターでお会計。

⑥ ワクチンと病気の説明書を貰う。A型肝炎は日本語バージョンもある。

⑦ 看護師さんに注射打ってもらう。

⑧ イエローカードを無事受け取り終了

f:id:Kouhei50:20140325051657j:plain

↑ドクター。英語は通じる。

f:id:Kouhei50:20140325051805j:plain

↑ワクチン。

f:id:Kouhei50:20140325051856j:plain

↑看護士さん。ベテランなので慣れてる。あまり痛くなかった。

f:id:Kouhei50:20140325051945j:plain

↑イエローカード。アフリカ、南米と旅したけど、今まで提示は一度も求められてない。

f:id:Kouhei50:20140325052053j:plain

↑お昼寝中のドクター

◎費用

A型肝炎+黄熱病=2,470バーツ(約7,410円)

もし、日本検疫衛生協会でしたら・・・

A型肝炎(8,700円)+黄熱病(11,000円)=19,700円

倍以上も違う。

◎感想

多くの人が、予防接種をやりに来ているので流れはスムーズ。
英語が通じる環境で、ドクターの英語もゆっくりで分かりやすかった。衛生面も問題なし。

1日に何本も注射した人は、腕が重くなるので、当日中は安静に。

世界一周や海外で長期行く人で、最初の方にタイに行く人がいれば、オススメする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です