【プエルトリコ】 青く美しいカリブ海を望む「サンフアンのエルモロ要塞」。

オールドサンフアンにある「エル・モロ要塞」に訪れました。

2015年2月 1USD=約120円

◆はじめに

スペイン統治の名残が残るサンフアンの旧市街。可愛らしい家々を見ながら奥へと進んでいくと、広大な芝生が広がる場所へ出る。

ここが「エル・モロ要塞」だ。正式名称は「サン・フェリペ・デル・モロ要塞」。海賊や他国からの侵略を恐れたスペインが、サンフアンを要塞で囲み、防衛体制を築いた。

世界遺産にも登録されている要塞に訪れてみた。

◆エル・モロ要塞

僕が初めてこの城塞を見た時「あ、好きかも」と直感的に感じた。

空の青さ、海の碧さ。太陽で輝く緑の芝生。吹き付ける心地よい風。全てが最高の条件。ここでお昼寝したくなるほど。

海を見ながら、芝生でのんびり。気温は25度ほど。暖かい気候。だけど海風が涼しいので眠くなってくる。

ちょっとしたお客さんもいた。イグアナ?

少し座ってのんびりする。

日曜日の昼間ということもあり、多くの地元民で賑わっていた。

走り回る子どももいるけど、一番多かった遊びは「凧揚げ」。この広さならばやりたくなるのも分からなくはない。ホッコリする遊び。

城塞がそのまま残っているので、見張り台(多分)にも入ることができる。

中がアンモニア臭いのは非常に残念だったのだが、とても味がある場所だ。

折角なので要塞内に入場する。大人5ドル。

さほど要塞には興味ないので、さぁーと見て回る。面白いとは思うけど、やっぱり興味持たないと厳しい。今回は快晴かつ海が綺麗という補正があったけど、ただの要塞だけなら入ってなかったかもしれない。

要塞からの眺めは抜群。青と緑のコントラストが素晴らしい。派手ではないけど、こういうのが心に残る景色だと感じた。今でも思い出す場面だ。

◆おわりに

写真を中心にエルモロ要塞を紹介した。訪れるならば、晴れた昼間をオススメしたい。曇ってる日だと美しくないはずだ。天候は大事である。

土日に訪れれば、地元民も多くて賑やかなはずだ。

僕がオススメしたいのが、観光した後にここに来て、芝生でのんびり休むこと。サンフアンは治安が良いので荷物を盗まれることはないけど、警戒することは必要。昼寝とかして荷物無くなっていたら大事になるので、手ぶらで来るといいだろう。

僕が好きになったプエルトリコの場所だ。

【関連記事】

【プエルトリコ】 コロニアルな街並みが広がる「サンフアンの旧市街」を散策 – El Mundo

【プエルトリコ】 サンフアンの旧市街に接するローカルエリアを歩く – El Mundo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です