【マルタ】美しきバレッタの旧市街を歩く。そして、小さなミニカー屋さん。




バレッタの旧市街を散策しました。
2017年5月 1ユーロ=約125円

マルタの首都「バレッタ」

マルタを歩く時に中心となるのが「バレッタ」だ。首都でもあり、観光地でもあり、大きなバスターミナルがある。そのため何かしらにせよ、バレッタに訪れる機会はあるはずだ。
今回はバレッタの旧市街を散策した時のことを記したいと思う。

美しきバレッタの旧市街

スリーマからのフェリー。前に乗ってバレッタの街並みを眺めると、出窓がある家が多いことが分かる。
 
勿論スリーマや他のエリアにも出窓付きの家は多いけど、バレッタは高低差もあってか、なんだか多いように思えてしまう。風を効率的に家の中に取り入れる方法。昔の知恵だろうな。
船を降り、特に目的も決めずにバレッタの街を歩く。アップダウンがあり、石畳みのところもあるので、スニーカーで歩くのが良いだろう。
路地裏散策。そこまで広くはないので、地図を見なくても、繁華街には突き当たる。

このバレッタの路地裏、どこを通っても絵になる。歩いてワクワクする感覚、伝わるだろうか。

心の中で「あ!」や「おっ!」などリアクションしながら散策を続けた。写真と共に街並みを見ていこう。
↑出窓たち。スリーマからのフェリーに乗ると、目立つのが「出窓」。緑や青が多かった印象がある。

↑目抜き通りの「Republic St」。ここだけ人が多い。裏路地入ると少なくなるので、人込みを避けたい人は裏路地を歩くのが良い。ただRepublic Stはアップダウンが少ないので、歩きやすいところでもある。

↑出窓。見た目廃墟のように見えるけど、中にはしっかり人が住んでる。中には本当の廃墟もあるけど。

↑フェリー乗り場を降り、最初に出てくる通り。ここからの景色が良かった。

↑アップダウンが多いバレッタの町。1つの通りでも端と端は高台にあるけど、中間地点は低い位置にあったり。スニーカーが大活躍。

↑坂の上から「カテドラル」を眺める。「Triq In-Nofsinhar」と「Old Mint St」の交差点にて。

「Triq In-Nofsinhar」を奥まで行くと駐車場がある。そこからの眺めも良い。人もいないので穴場スポットかも。

 

↑1970年3月31日。英軍撤退による「解放記念日」。ステート・ルームス前。

↑マルタの家。郵便受けが何だか良い。

↑独立広場前。裁判所のように見えるけど、こちら「セント・ポールズ・アングリカン大聖堂」とのことだ。

↑路地裏。洗濯物が干してあるのがgood。イタリアのナポリを思い出す。

↑猫が多いマルタ。バレッタでもよく見かけた。猫好きには楽しいのではないかな。

↑昼食をとるために立ち寄ったカフェ。小さくてこじんまりしているけど、雰囲気が最高だった。

アッパー・バラッカ・ガーデンとロウアー・バラッカ・ガーデン

バレッタには「アッパー・バラッカ・ガーデン」と「ローアー・バラッカ・ガーデン」がある。

その名の通り、高台の上にあるか下にあるかの違い。景色はどちらからも良好だ。

人の数で言うと、アッパーの方がアクセスが良いので多い。ロウアーは少し狭く、人もそこまで多くはない。

アッパーからもロウアーからも、スリーシティーズを眺めることができる。特に夕方は景色が綺麗。

アッパー側では毎日12時と16時に大砲が一発発射される。僕は時間の都合上見ることはできなかったが、タイミングが合った人は見に行ってみるのもありだろう。

小さなミニカー屋さん

旧市街をぶらぶらしている時に、とあるミニカー屋さんが目に止まった。
観光客も歩いているが、誰も見向きもしない。店内を覗くと、案の定店主のみ。

でもその雰囲気がかなり気になった。「何かあるのではないか」と思い、僕は店内へ入った。

15畳ほどの店内、ショーケースにはミニカーがビッシリ。ヨーロッパらしく、仏や独車などが多い。値段も10ユーロから高いものは150ユーロまで。車好きな僕からすれば見ていて飽きない。

「Hello」と言ったきり、親父は新聞を読んでいる。干渉してくれないのはありがたい。

僕はその土地に車メーカーがあれば、その車メーカーのミニカーを買うのだが、マルタには車メーカーがない。

路線バスのミニカーとかあればいいかな、と思った瞬間に、マルタバスのミニカーがあった。しかも旧式。そして3種類ある。

値段も4.5ユーロと安い。土産屋とかだと平気で10ユーロ近くしたりする。

勿論新品ではないし、箱も汚れたりしているのだけれど、誰かにあげるものではないし、自己満の世界なのだ。
5ユーロ以下という安さも魅力的だ。予定にはなく、手ぶらだったけども、そのバスを買うことにした。

ここで渋って「今度でいいや」と思うと必ず後悔していた。親父から「ありがとう」と言われ、外に出た時、よく分からない爽快感があった。

今も部屋の一角に置いてあるが、個人的には一番のマルタ土産。
「Old Theater St」に面しているので、興味ある人は立ち寄ってみてはどうだろうか。

まとめ

バレッタの旧市街はわくわくするような場所。南欧のような雰囲気だけど、どこかイタリアやギリシャ、スペインとは違う空気。その違いを歩きながら見つけてほしい。
1-2時間ほどで散策できるので、手頃な場所。写真や路地裏が好きな人はずーっと歩き続けることができるだろう。自分だけの好きな景色を見つけてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です