【ナイジェリア】ラゴスの快適なホテル「De Rigg Place」に宿泊する。

ラゴスのメインランドにあるホテルをご紹介します。

2016年2月 1ナイラ(N)=約0.56円

宿代が高いナイジェリアのラゴス。安くてよいホテルなどはまずない。
ゲストハウスも殆どない状態であり、ラゴス島のYMCAだと500円程度で宿泊できるらしい。
治安が悪いと言われている、どんなものかとラゴスは分からなかった。そのため1泊は中級ホテルに宿泊することにした。

De Rigg Place

【住所】6 Rafiu Shittu str, behind Zenith Bank, Alaka Estate, Surulere, Lagos
【宿泊日】2016.02.24~02.25(1泊)
【評価】★★★☆☆
【料金】ダブルルーム:10,800ナイラ(約6,048円/1泊)
【設備】Wifi:○(普通) シャワー:温 洗濯機:× エアコン:○ キッチン:× バスタオル:○ 蚊帳:× 物干し場:×
その他:ランドリー(シャツ1枚:200N)、朝食、テレビ、ハンガー
【アクセス】空港からタクシーで30-40分、ラゴス島まではミニバスorBRTで10分ぐらい。
【地図】

予約

Booking.comで予約した。2日前までCXL可能。ホテルのサイトで予約するより、このような予約サイトを介すほうが値段は安くなる。
僕が予約した時は定価12,000ナイラ(約6,720円)だったのが、10,800ナイラ(約6,048円)で宿泊できた。

アクセス

場所はメインランドの「Alaka」という地名の「Alaka Estate」という警備員付きの住宅街の中にある。
「Alaka」という地名は通じる人と通じない人がいるので、「NationalStadium」(ナショナルスタジアム)の近くとでも言えば分かってくれる。


↑ドアを開けて入ればok。車で来た時は警備員さんが開けてくれる。

空港からはタクシーで30-40分ほど、渋滞があると1時間弱はかかってしまう。値段は4,000ナイラ(約2,240円)。空港の到着ターミナルに出たら黙っていてもタクシーの勧誘がある。
Alaka周辺には何もなくただの住宅街。繁華街はラゴス島にある。
ラゴス島へはミニバス or BRTで10-15分ほど。
ミニバスは宿を出て大通りの歩道橋を渡ったところから、BRTは歩道橋を渡り、ラゴス島方面に歩いていくとバス停がある。

ミニバスは50ナイラ(約28円)、BRTは70ナイラ(約40円)。ミニバスは車掌に、BRTは乗車前にバス停にいる係員に支払う。たまにBRTはバス停に係員がいないことがあるので、その場合はバスに乗車し次の停留所で支払う。

逆に戻ってくる時は「Alaka」や「NationalStadium」へ行きたいと言えば、そのミニバスに乗せてくれる

ミニバスは「Idumota Market」から出ている。ミニバスはAlaka Estateの入り口目の前が停留所となるので、便利。BRTはNational Stadiumまで行かないといけないので、少し不便。

ベナン国境のセメへ行くためには、「Mile 2 Motor Park」まで行かないといけない。
ここからタクシーだと1,000~2,000ナイラ(約560~1,120円)、もしくはミニバスを1度乗り継ぎ50+50ナイラ=100ナイラ(約56円)。
ミニバスは「Orile」(オリレ)というところまで行き、そこで「Mile 2」行きに乗り換える。オリレ行きに乗ったら「Mile 2へ行きたい」と言えば、適当な場所で降ろしてくれる。
そこで「Mile 2」と連呼しているミニバスに乗り換える。所要30-40分ほど。

周辺施設

周辺には家ばかり。銀行が大通りに出てラゴス島方面へ歩いていくと、1つだけある。ATM・警備員あり。引き出せるかは試していない。Alaka Estateの入り口近くには売店があり、水とか飲み物なら手に入る。水はスーパーで買うより売店で買ったほうが10ナイラ(約5.6円)ぐらい安い。水は500mlで50ナイラ(約28円)。

歩いて20分弱のところに「SHOP RITE」という南ア資本のスーパー兼小さいショッピングモールがある。宿を出て歩道橋を渡り、ラゴス島方面へ。そして「Bode Thomas Rd」という道があるので、そこを真っすぐ行くと途中ドミノピザがある交差点があるので、そこを左折すると到着する。
面倒な人はバイタクを使うのも手。バイタクなら200ナイラ(約112円)ほど。もしかしたらもう少し安いかも。

▼Shop Riteの位置

ご飯を食べる場所はない。なので僕は陽がくれる前にガッツリ食べておいて、夜はバナナだけとかにした。逆に健康。
一応宿にBar兼レストランは併設されているが、値段やメニューなどは確認していない。

なおこの辺りは治安が良い。夜は出歩いていないので分からないが、昼間は歩いていて危険を感じることはなかった。
Alaka Estateは警備員が入り口にいる住宅街なのでその点も安心できるところ。

チェックイン/アウト

チェックインは11時から、チェックアウトも11時まで。
だけど朝到着したけど部屋が空いていたのですぐに入れてもらえた。
カードキー式。お金は1泊分を毎日支払う形。なので嫌になればすぐにチェックアウトすることも可能である。

宿の設備

WIFI

ある。ロビーが一番速い。僕はロビー近くの部屋だったので、部屋の中でもWIFIが繋げたので良かった。
ただアクセスが集中すると遅くなってしまうので、人がいない時間を見計らって繋げてほしい。それでも接続が上手くいかなかったりするんだけど。

シャワー&トイレ

シャワーとトイレは兼用。部屋の中に付いている。清潔にはされており、ジェルやローション、歯ブラシ、バスタオルなどのアメニティも付いている。
シャワーはお湯は出るのだが、水圧はかなり低い。ちょろちょろしか出ないので、段々と惨めな思いになってくる。この点は悪かったかな。

ベッド&部屋

ベッドはダブルなので広い。ゆとりがある。エアコンも付いているので夜も快適な睡眠が可能。
テレビもあるけどチャンネル数は多くはないので、さほど面白いとは感じず。ニュース見たかったな、という印象だ。
部屋は清潔にされており、ハンガーなどのクローゼットもある。ただ宿全体的なのだが、薄暗いのは悪い印象だった。何かどんよりした気分になるぐらい。

朝食

朝食は好きな時間に指定することが可能。7時に頼んだら「15分待って」と言われて、本当に15分で出来上がったので驚いてしまった。
部屋まで運んでくれて、メニューは食パンとオムレツ、紅茶。結構シンプル。味は可もなく不可もなく。

まとめ

ラゴスは全体的に宿の値段が高い。
なので「このクオリティで、この値段!?」と驚く方もいるだろう。それほどコスパが見合っていない場所だ。
この宿もこのクオリティなら3,000円ぐらいで泊まりたいところだけど、仕方がない部分はある。

マイナス面は部屋の暗さとシャワーの水圧面。短期ならいいけど長期は嫌だな、と感じた。
ただ「15分で出来る」と言った朝食がちゃんと15分で出来上がったり、スタッフは全体的に親切なので、そこは好印象だった。
周囲も何もないけど治安は良く、エアコンもあるので安心・快適に過ごすことができた。

もしラゴスに短期で滞在される方、ラゴス1泊目どうしようかと思っている方にはオススメしたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です