【香港】羽田から香港へ、LCCの香港エクスプレスに乗る。

羽田から香港まで香港エクスプレスに搭乗しました。

2017年1月 1HKD=約15円

◆はじめに
年初めに香港エクスプレスを使って、香港へと2泊3日で出かけた。
その時の往路の備考録を示したいと思う。
◆チケット購入
 
チケットはもちろん香港エクスプレスのホームページで購入。
ちょうどセール期間中ということもあり、3連休の往復でも約18,000円とかなり安く抑えられることができた。
香港エクスプレスは随時セールをやっているので、タイミングを是非掴んでもらいたい。
東京から香港の間は1日に何便も飛んでいるので、自分の都合に合ったフライトを選べるのも便利なところ。
◆羽田早朝便
羽田を6時出発する便を使った。
そのため羽田には遅くとも5時は着いていないといけなかったけど、自分の家から始発はなかったので、早朝の空港バスを使うことにした。
新宿駅に新しくできたバスタ新宿から、4時発で羽田空港行きのバスが出ている。
所要は30分弱と4時半は着くことができるので、結構便利だ。片道2,000円。予約もできる。
4時新宿まで行くことが必要になってくるけど、近辺の人ならタクシー飛ばせば大丈夫。
とはいえ、一般的なのは羽田空港に終電入りして朝まで待つことや、平和島とかに宿泊することだろう。
あくまでも僕は新宿駅に家が近かったのと、家で寝てから行きたかったので、この選択を使ったのだ。
◆羽田から香港へ
・チェックイン
香港エクスプレスでは出発の24時間前からWebチェックインが可能となる。
座席指定は有料になってしまうけど、当日空港で変更できるので、問題なし。
Webチェックインをしても一度チェックインカウンターに立ち寄る必要がある。だけどWebチェックイン専用のレーンがあるので、さほど待たされることはないはずだ。
カウンターはCゾーン、LCCだけど真ん中に近いところで良いところを使っていると思う。
朝の4時ぐらいだったので待つことなく、2分ぐらいでチェックイン完了。
そのまま出国。
朝のフライトだと台北行きのタイガーエアーやピーチ、ソウル行きの大韓航空がある。これらは個人もそうだし、エイチ・アイ・エスのツアーで使われたりするので、それなりに人がいる。
なので、「空いてるだろ」と思わない方がいいかもしれない(中に入ればガラガラだけど)。
香港エクスプレスは140番台のゲートなので、少し歩く。余裕持って。途中フードコートがある。
5時50分ぐらいには搭乗開始。早い。飛行機にはオリジナルの名前が。今回は焼売号。
・座席ピッチ
173センチの僕から見れば、足元は「広いな」と感じるほど。エアアジアやジェットスターと比べると格段に違う。満足。
・機内食
機内食は有料。点心セットやパッタイなどが65HKD(約975円)。カップメンは30HKD(約450円)。ソフトドリンクは25HKD(約375円)。アルコールは45HKD(約675円)。
高いとは思うけど、点心セットは香港系のキャリアというところだろうか。
・AELの販売
機内ではエアポートエクスプレスのチケットを販売している。
香港駅まで往復180HKD(約2,700円)のところ、162HKD(約2,430円)。九龍駅までは160HKD(約2,400円)が144HKD(約2,160円)の割引。
片道も香港駅が90HKD(本来は100HKD)、九龍駅が81HKD(90HKD)とお得になっている。
・機内にて
免税店の販売ぐらいで特に何かがあるわけではない。機内モニターもないし。僕は5時間ひたすら寝ていたことしか記憶にない。
入国カードが配られるので、貰っておこう。寝てたら貰えなかったので、その時は客室乗務員に伝えよう。
飛行機は10時35分に香港へと着陸をした。
◆香港入国
香港ではブリッジはなくタラップ。そこからバスに乗って入国ゲートへと向かう。
早く行ってもバスは同じなので焦らないように行こう。11時ぐらいにイミグレに到着。
そこから5分ぐらい待って入国。香港、前に行った時はスタンプ押されたけど、いつの間にかパスポートにはスタンプ押さなくなったみたい。
イミグレの後はすぐに手荷物受け取りゾーン。ここにはトイレもATM(HSBC)もあるので、必要なものは揃っている。HSBCは新生銀行が使えるので、いつもお世話になっている。
ここの外を出ると到着エリアだ。後は各々市内へと向かうことになる。
◆おわりに
香港エクスプレスを始めて使った。感想としてはLCCの割には快適な移動ができた。スクート並みに足元広かったので、満足。5時間なので寝てれば着く距離だから、ちょっと我慢ということも可能だ。
今後も安ければ使っていきたいと思う航空会社だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です