【中国】天津:中国式朝ごはん「豆腐脑」と「油条」を味わう。














中国式の朝ごはんを食べた話です。
2017年3月 1人民元=約15円

中国の朝ごはん

中国の朝ごはんは少し油っこいところもあるけど、お腹に優しいものをいつも食べてる。
大餅は別として、基本的にはお粥を食べていたけど、宿の近くにお粥を出す店がなかった。
なので、今回は「豆腐」にチャレンジ。

食堂「国振餐厅」

宿泊していたibisの交差点挟んだ向かい側にある店。地元民が多いので気になっていた。
値段はなかったけど、そこまで高くないと考えて入店。
中で食べるのは味気がないので、外に座った。PM2.5なんか関係ない。
皆食べてる「豆腐脑」と「油条」を注文。
すぐそこで作っているので、1分も待たずにやってくる。この回転の速さ素晴らしい。
中国の朝、自転車やスクーター、そして車のクラクションをBGMに食す。どの国でもそうだけど、屋外で食べるのは気持ちがいいものだ。これだけで何倍も食事を豊かにしてくれる。
豆腐脳は豆腐とキクラゲ、ネギに餡をかけたものだと聞いていたが、その通り。お腹に優しい味だ。意外とボリュームがあった、というか油条がお腹に溜まる。油条はそのまま出てくるので、手が脂っこくなる。なのでビニールを貰うか、箸を使おう。
これで2.8元(約42円)というのだから安い。豆腐脳が2元、油条が0.8元だろう。
中国式朝ごはん、是非トライしてみてはどうだろうか。

お店の情報

【店名】国振餐厅
【住所】Liujing Rd, Hedong Qu, Tianjin Shi
【営業時間】不明
【メニュー】豆腐脳:2元、油条:0.8元
【アクセス】地下鉄9号線「大王庄」駅から徒歩5分。
【地図】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です