【NY】 紅葉真っ盛りのコールドスプリングに日帰り旅行。

NYから紅葉が見頃のコールドスプリングへ日帰り旅行をしてきました。

2015年10月31日 1USD=約120円

紅葉に染まるコールドスプリング

 

2週間ほど滞在したニューヨーク。その中で一つ行きたいところがあった。それが「コールドスプリング(cold spring)」だ。

こじんまりとしていて、紅葉が見頃ということもあり、お金を出してでも行きたいなと思っていた。
ということで晴れた土曜日の午前中に日帰り旅行をしてきた。

メトロノースを使った行き方(アクセス)

コールドスプリングへはグランドセントラル駅から出ている「メトロノース」に乗っていく。

メトロノースにもいくつか路線があるのだが、コールドスプリングを通るのが「Hudson」線。路線図では緑色になっているはず。

だいたい1時間に1本間隔で運行。片道14ドル、往復28ドル。割高に感じるかもしれない。グラセンから52マイルなのでだいたい80キロぐらい。車だと1時間ちょっとで着く。
メトロノースは「オンピーク」と「オフピーク」がある。値段が全然違うので、乗る時間帯を注意してほしい。基本ラッシュの時間帯(朝は上り、夕は下り)がオンピークとなり高い。

グラセンには改札がないので、事前に券売機で切符を購入しておく。片道分往復分好きな方で。コールドスプリングにも券売機があるので何かあっても大丈夫。
チケットは車掌さんが検札するので必ず持っておくこと。往復の人は行きに回収されないように注意して。

グラセンのホームは33番線。時によっては変更になるかもしれないので、乗る前に電光掲示板で確認しよう。
また気をつけてほしいのが、時間帯や曜日によっては直通のではなく、途中止まりや各停のもあるので、MTAのサイトでタイムスケジュールを確認してほしい。

http://as0.mta.info/mnr/schedules/sched_form.cfm

また復路について。基本的には直通なのだが、期間などによって「CROTON-HARMON」で乗り換えなければいけないので、そこは気を付けてほしい。

ハドソン川沿いを電車は走るのだが、往路は進行方向左側、復路は進行方向右側に座るとハドソン川の綺麗な景色を眺めることができる。

コールドスプリングを歩く

朝6:50発の電車でコールドスプリングへ。何故かめちゃくちゃ早い電車に乗った。08:05にコールドスプリング到着。太陽が上がり始めているときであった。

土曜日ということもあり周辺は静か。人も殆ど歩いていないし、観光客も僕だけだ。

まずはハドソン川沿いに出る。川を挟んだ反対側の山々には赤く染まった木が立ち並び、そこに陽が射すので、色がより鮮やかに見える。

冬の始まりを感じさせるような冷たい風が吹き付けてくる。10月の終わり、ダウンを持ってきたほうがよかったみたいだ。

コールドスプリングという町は小さい。ただ歩くだけなら1時間もあれば見て回れてしまう。
朝早いので店も空いていないし、太陽も昇りきっていない。なのでゆっくりと歩く。

メインストリート。ここがコールドスプリングの基幹道路だ。アメリカの田舎町を感じさせる景色。道の両端には車が止まり、レトロな家が並んでいる。

時期がハロウィンだったので、飾りつけをする家も多い。結構凝っているところもあり見ていても飽きることはない。なんだかカボチャよりもクモがやけに多かった印象。たまたまかな。

寒い、と感じるが2月のNYに比べればマシと考え、太陽が当たるところを歩いていく。
するとMain StとChestnut Stとの交差点に教会があった。「Episcopal Church of St. Mary-in-the-Highlands」。

辺りは赤や黄色の葉っぱだらけ。お日さまが当たっていて神秘的な美しさを演出している。

しばしここで写真をいっぱい撮った。紅葉を見に来たわけだから、こういう場所を逃すことはできない。

いるのは僕だけ。車は多いけど人は殆どいない。たまに犬を散歩する人が。もしかしたら人よりリスのほうが多いかも。

教会の前でのんびりとした時間を過ごした。

教会からChestnut Stを東に行くと「Foodtown」というスーパーがある。店の前にはカボチャ。

値段もさほど高くはないので田舎だから物価高いというわけではなさそうだ。
ここで気付いたのが、白人系しかいない。客も店も外も。勿論黒人系が運転する車もあるけど、歩いてる人を含めて殆どがそれ。NYに慣れてしまうと、何だか変な気持ちになった。

通り沿いの一軒家は少し古めかしいけども清潔に保たれている。そして庭が広く、車が止まっていて、木が立っている典型的なアメリカのお家。嫌いではない。今の季節だから紅葉と重なって素敵に見えてくる。

しばし街歩きを楽しんだところでNYへ戻ることに。

メインストリートを歩いて駅へと戻っていく。メインストリート沿いには店が沢山あり、10時頃から続々とオープン。中にはブランチを提供するカフェもあり、値段は高いけど雰囲気は良さそうだった。

コールドスプリングで有名なのがアンティークのお店。これ目的にNYから観光客がやってくる。

メインストリートの真ん中ぐらいに蔦で壁が埋め尽くされている建物がある。

この時期は紅葉しておりとても美しかった。

メインストリートはさほど長くはない。のんびり一周しても1時間ちょっともあれば余裕だ。滞在目安は2時間ぐらいだろう。
ご飯やちょっと郊外に行くなら3,4時間ほどかな。

コールドスプリングの駅。土曜日の午前中ということもあり、ハドソン川を北上する列車は満席だった。こっちはリターンなのでガラガラ。のんびりとニューヨークへ戻った。

まとめ

紅葉真っ盛りのコールドスプリングへ訪れた。鉄道往復28ドルと安くはないので、時間やお金に余裕がある人は是非行ってもらいたい。

天気がいい時が勿論オススメ。時間帯は誰もいない時に歩きたいなら午前、気にならないのなら午後がいいだろう。

【NY】 紅葉真っ盛りのルーズベルト島を歩く。

2015.11.30

【NY】 紅葉が美しいスタテン島をのんびり散策。

2015.12.23

【NY】紅葉が美しいセントラルパークを散歩する。

2016.01.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です