【レバノン】ベイルート:地元で大人気の「Barbar」でシャワルマを食す。

2018年10月 1USD=約1,500LBP=約113円

ベイルートのハムラ地区。
ここに地元民に人気のお店「Barbar」があると聞いた。
少し小腹が空いてきた頃、折角なので行ってみることにした。

アクセス

場所はハムラ地区の中心部。2番の路線バスの発着ポイントのすぐ近くに位置する。
2番バスはハムラから「Beit beirut」やArmenia St、ドーラ地区を経由する。
宿が近くにあったので、かなり重宝させてもらった。看板が大きいから行けばすぐに分かる。

Barbarでシャワルマを

Barbarは1982年にオープン。そろそろ40年近くになる。内戦中に開いたというのが凄い。
最初は小さなパン屋さんだったのが、今となってはこの角を牛耳る程の大きなお店へ。
ベイルートドリームなのか。

ここに来ると分かるけど、いくつか店舗があって、業態で異なる。
テイクアウト用(スタンドだけ)、スナック用、店内スペース用とある。

店内スペースは交差点の角。この看板があるので分かりやすい。

勝手に中に入ってしまってOK。メニューは入ったところに置いてある。
平日の夕方だけど、店内は混んでおり、賑やかだった。

テイクアウトのところは、ファラフェルが3,000ポンド(約2ドル)と安い。
反対に店内スペースはシャワルマが4,500ポンド(約3ドル)から。基本的にはサンドウィッチより、プレートがメイン。



シャワルマはメニューには記載なくて、入ったところの壁に書いてある。
プレートは1万ポンドや2万ポンドぐらいするけど、ボリュームもその分あるから、
2人とかならプレートとドリンクをシェアするのが良いと思う。
おばちゃん2人組が1人ずつプレートを食べてるのは力あるなと思った。

ちなみに英語は通じる、メニューも英語付きなので分かりやすい。
最初は、プレートにしようかと思ってたけどそんなにお腹に入りそうになかったのて、シャワルマのサンドウィッチに。

2,3分で到着。
中はチキンがたっぷり、ポテトとピクルスが入ってかなり美味。ソースとか別途かける必要はないレベル。

あっという間に食べてしまった。短期間ならこれだけでも生活できる。なので逃げ道として用意しておきたい。

店を出る時にお会計。米ドルしかなかったけど、10ドル渡したらレバノンポンドでお釣りが返ってきた。1ドル=1,500ポンドと固定だから計算はしやすい。

別日にはケバブを食べた。13,000ポンド(約8.6ドル)。
7upは1,500ポンド(約1ドル)。付け合わせのパンとピクルスは無料。オリーブとピクルス好きだからこういうのは嬉しい。

ホムスとか美味しそうだなと思った。
ハムラ地区に訪れたのならば是非。

お店の情報

【店名】Barbar
【住所】Hamra – PIccadilly Street، Bayrut, レバノン
【営業時間】24時間営業
【地図】