【モンゴル】ウランバートルでボーズを手軽に食べるなら「Mandu House」へ

2019年10月 1,000tg=約40円

ウランバートルにはカフェや食堂などが点在している。安価にモンゴル料理を食べたいという時は食堂(ゴアンズ)に行けば良いのだが、モンゴル語オンリーとなるので、少し敷居が高いかもしれない。

スフバートル広場(チンギスハーン広場)近くの「Mandu House」はその悩みを解決してくれるお店。
カジュアルな店内では、ボーズ(モンゴル風小籠包)を食べることができる。

5秒で分かるコンテンツ

Mandu House

スフバートル広場から東に少し歩くと「Mandu House」という看板が見えてくる。

Manduだと韓国や中国ぽい。
モンゴルでは「ボーズ」と言われている。

レジで注文と支払いをし、出来上がるとレジから持っていくシステム。

ディスプレイには写真と値段付きでメニューがあるので初見でも分かりやすい。
ボーズは英語記載もあるので、チキンやラムとか指定すればOK。
5個入りと8個入りがあるけど、ボーズ自体は気持ち大きいので5個入りで足りると思う。

僕はラムの5個入りを注文。6,900tg(約280円)。安い。
支払いはカードも使えたけど、AmexはNGだった。

少し待ってレジに呼ばれる。
ボーズとスープ、漬物3種。個人的にはこの漬物が美味しくて中々良かった。特にキムチは甘めの味で僕好み。

ボーズは少し羊の臭みはあったけど、中に具がたっぷりでとても美味しかった。
羊の臭みが苦手な人はチキンやビーフを頼むと安心かもしれない。
ちなみにお茶はそのままコップに入れるようだ。初めて見たけどロシア圏ではよく見るとのこと。

お店の情報

【店名】Mandu House
【住所】Avzaga Trade,, Ulaanbaatar, Ulaanbaatar
【営業時間】平日:08:00-23:00 土日:10:00-23:00
【アクセス】スフバートル広場から徒歩3分
【地図】

海外旅行先でも自由にSNSを使いた人必見!

旅行先でwifiを探して困った経験はありませんか?海外wifiなら1日数百円で自由にネットが使えます!今ならオトクなキャンペーンも実施中!