【サウジアラビア】リヤド:バトハー地区のフィリピン料理屋さん「Pinoy Restaurant」

2019年12月 1SAR=約30円

サウジアラビアには多くのフィリピン系の出稼ぎ労働者が滞在している。
サウジだと約150万以上はいると言われている。UAEが約65万人ぐらいなので倍以上だ。
そのためフィリピン航空とサウディアは両国間のフライトを飛ばしており、人の往来がある。

リヤドのバトハー地区は「リトルマニラ」かと思う程のフィリピン系の多さ。滞在していたホテルの近くということもあり、フィリピン料理を堪能してみることにした。

5秒で分かるコンテンツ

Pinoy Restaurant

いくつかバトハー地区にはフィリピン料理屋さんがあるけど、ここはその中でも評価の高かったお店。

フィリピン料理屋とはいえ、そこはサウジアラビア。シングル用とファミリー用でゾーンが異なっている。

中はまさに食堂。メニューを注文し会計するという流れ。
メニューから選んでもいいし、ショーケースの中にあるものから選んでも良い。
僕は「Sisig」を食べたかったので、口頭注文。



フィリピンだと豚肉が使われていることが多いけど、ここでは牛肉だった。
Sisigが20SAR(約600円)、7upが5SAR(約150円)。安くはない、もっと安くする方法もあるけど食べたいものを食べる事が大事だ。

鉄板に焼かれたSisigが登場。
匂いや見た目からしてプルコギ。そして味もプルコギに近い。
ご飯と合う味、豚肉より美味しいかもしれない。

これは飲み物必須。
てか周りのフィリピン人で飲み物を頼んでない人はいなかったな。本国でも確かに飲み物は皆頼んでた印象がある。

美味しかったので直ぐに完食。
食器類はそのままでOK、満足なご飯になった。

お店の情報

【店名】Pinoy Restaurant
【住所】Al Amal, Riyadh 12643 サウジアラビア
【営業時間】07:00-24:00(お祈り時間、金曜昼間は閉まる)
【地図】

海外旅行先でも自由にSNSを使いた人必見!

旅行先でwifiを探して困った経験はありませんか?海外wifiなら1日数百円で自由にネットが使えます!今ならオトクなキャンペーンも実施中!