【シンガポール】朝食:カヤトーストを「Toast Box」(マリーナベイサンズ店)で食べる。

2019年9月 1SGD=約80円

シンガポールの朝。外食文化のある国だと朝ごはんもさほど困らない。
以前2回来た時は存在を知らなかったんだけれども、「カヤトースト」というトーストが有名とのこと。

トーストにバターとカヤジャムをサンドしたもの。サクッ(パリッ?)という食感と甘い味が病みつきになるとのことだ。

カヤトーストは「Yakun Kaya Toast」というチェーンが有名だけど、朝から暑さの中歩かせるわけにもいかず。
マリーナベイサンズのショッピングモールに「Toast Box」というこれまたカヤトーストを出すチェーン店があるので、そちらに訪れた。

5秒で分かるコンテンツ

Toast Box

マリーナベイサンズのショッピングモールにある。上から見たら左側。鼎泰豊の近くにある。
ガレリア階(B1)に位置している。地下という感覚はないので、ガレリア階とだけ記憶しておこう。

お店は7時半オープン。朝8時頃だけど賑わっていた。
先にカウンターで注文と支払いを行うので並んでいるように見えるが、中の席は余裕があった。

メニューは写真付き。分かりやすい。
カヤトーストと半熟卵、ドリンクがセットになったものは7.4ドル(約592円)。
5ドルぐらいであると思ったけど、マリーナベイサンズ価格もあるかな。ローカルなところだと5ドルぐらいであると思う。そこまで引く費用考えると仕方ない。

他にもメニューがあって、ラクサとかナシレマとかガッツリ系も。これらは10ドルを越す。マレー系なんだなと実感。

ドリンクはコーヒーか紅茶。
コーヒーは「Kopi」(コピ)、紅茶は「Teh」(テー)と呼ぶ。
セットではミディアムになるんだけど、結構量は多かった。
朝からアイスティーはカラダにくる。ホットかアイスコーヒーにすればよかったかな。アイスコーヒーはコンデンスミルクを入れるのでかなり濃厚な味だった。

会計したらドリンクを持って席へ。
ご飯は出来上がったらアラームが鳴る。フードコートみたいな感じ。
スプーンや調味料もセルフ。

カヤトーストは2切れ。結構軽めだけど濃い味。かなり美味しい。

半熟卵が2つ付いている。これに醤油や塩コショウを振りかけて、卵に付けて食べるんだけど、これがまた美味いんだな。ここまでバランスが良くなるのかと感動してしまった。
カヤジャムが良さを引き立ててくれているんだろうけど、ベターながらもカヤトーストは新たな発見になった。

場所柄、日本人も多く見かけた。
確かに家族連れ含めて、朝ごはんもそれなりに抑えられるし、お腹も入るので良いとは思う。

シンガポールのB級グルメ?カヤトースト、美味しくいただくことができた。
カヤジャムもお土産で売られているのでバラマキ用、自宅用とちょうどいいだろう。

お店の情報

【店名】Toast Box – Marina Bay Sands
【住所】2 Bayfront Avenue #B1-01E, Galleria Level, シンガポール 018956
【営業時間】07:30-20:30
【アクセス】MRT Bayfront駅(CE1 / DT16)からマリーナベイサンズのモールへ。ガレリア階(B1)に位置している。
【地図】

海外旅行先でも自由にSNSを使いた人必見!

旅行先でwifiを探して困った経験はありませんか?海外wifiなら1日数百円で自由にネットが使えます!今ならオトクなキャンペーンも実施中!