【UAE】ドバイ:ディラの「White Fort Hotel」はWi-Fi速くて、寝るだけなら問題ない宿。

2018年11月 1AED=約30円

White Fort Hotel(ホワイトフォートホテル)

【住所】Baniyas Square, Baniyas Metro Station, Naif Road, Deira – Deira Al Maktoum Hospital Rd – Dubai – アラブ首長国連邦
【宿泊日】2018年11月23日~24日(1泊)
【評価】★★★★☆
【料金】シングル:AED 207 (/泊、約6,300円)
【設備】
Wifi:○(速) シャワー:温 洗濯機:× エアコン:○ キッチン:× バスタオル:◯ 物干し場:×
その他:なし
【アクセス】メトロ・グリーンライン「Beniyas Sq」駅より徒歩2分。
【地図】

予約

お馴染みのbooking.comで予約した。ドバイに安宿は多くはない。
シングルで1万以下はまあまあ安い方。飛び込みだと高いので、予約していく方が安い。
ディラ地区はこういうホテルが多いし、空港にも近いので、シングルならこの辺りで探すのが良いだろう。
反対にドバイ滞在を満喫したい人は、他の大手チェーンなどを予約するのが楽しいと思う。

アクセス

立地は下町ディラの中心部に位置する。
メトロのグリーンライン「Beniyas Spuare」の1番出口から徒歩2分。

1番出口を出たら、進行方向側へ真っ直ぐ進む(Hyatt Place方面)。

そしたら右手に「White Fort」の看板が見えてくる。

入口は大通りではなく、裏手になるので、建物の角を曲がる。

そうするとホテルの看板、1階に「福建小吃」ていう中華レストランがあるので、そこを入るとレセプション。

周辺施設

ディラ地区は雑踏とした様子。
南インドやパキスタンな食堂が多く、安価にご飯を堪能できる。

歩いているのは、インパキ、バングラ、スリランカの南アジア系。
エチオピアやエリトリア、ケニアなどの東アフリカ系、ナイジェリアやガーナなどの西アフリカ系、フィリピン系、そして最近では中国系が多く、彼らが入り混じっている。
特に割合が多いのは、最初の南アジア系だ。

チェックイン&チェックアウト

チェックイン:15時
チェックアウト:13時

チェックイン時にお支払い。
カード使えるぽいけど、胡散臭いので現金支払いにした。

宿の設備

WIFI

Wi-Fiは部屋でも通じる。思ったよりも速くて、動画とかもスムーズに見れる程。

ベッド&部屋

シングルルーム。可もなく不可もなくという感じ。
少し湿ってて、薄暗さがどこか懐かしい気持ちにさせてくれる。

これで6,000円は高いなと思ったりするけど、まあしょうがない。
ベッドはセミダブルぐらい。エアコンも効きが良くて、枕元にコンセントがあったので寝心地としては良かった。

シャワー&トイレ

部屋に付いてる。バスタオルとシャンプー類も完備。
排水がそこまで良くないけど、乾燥していることもあって、乾きはとても早かった。

温水、水圧も問題はなし。

まとめ

ドバイのエコノミーホテル。可もなく不可もなくで、寝るだけなら十分だと思う。
思った以上にWi-Fiが早かったし、意外に外も静かで寝る環境としては適していたかな。

ここに長期滞在はできないけど、トランジットや2泊ぐらいなら良いと思う。