【東京】羽田から上海へ、LCCの春秋航空を使う。【中国】














羽田から上海まで春秋航空を使ってみました。

2016年10月

◆はじめに
週末を使って旅行に出かけた上海。お金をセーブするために、LCCの春秋航空を使うことにした。
最近名前はよく聞くけど、どういった会社なのか。実際に搭乗してみた。
◆チケット購入
上海往復は2万円ぐらいで買うことができた。セールだったから安い。
出発も土曜は1時半、日曜は19時現地発とまるで週末旅行をしてくれ、というようなスケジュール。
ネットで購入、クレジットカード決算。珍しく?決算手数料がかかったけど、元の航空券が安いからそこまでな気にならなかった。
◆チェックイン
春秋航空はWEBチェックインというものがない。そして空港の自動チェックインも羽田空港にはない。なので有人カウンターでの対応となる。
ということは、並ぶのだ。1時半出発なので余裕持って23時半羽田到着したけど、すでにこのような列。
並んでいるのも大半は中国系で日本人は少なめ。地味にチェックインに時間がかかってしまう。
皆時間かかっていたので、何にかかるのだ?と疑問に思いながら、チェックイン。
「中国何日いますか?」と聞かれて、「2日」と答えて終了。15日以内かオーバーか確認なのかな。
なので24時にはチェックイン終わったけど、30分弱並んだ割にはチェックインは1分半ぐらいで終わってしまった。
パスポートだけでチェックインできるから、予約確認書などの書類は必要なし。
◆出国
羽田深夜発が重なっている上、日本旅券と外国旅券の区別もないので、出国審査は長蛇の列。
だけど、僕は前に登録していた自動化カウンターへ。初めて使ったけど、わずか30秒ほどで出国。超簡単。パスポートスキャンして、人差し指の指紋検査するだけ。
スタンプ押されないけど、窓口行けば押してくれるから、融通効かなさそうな国行く時は、別途押してもらうのがいいかも。
春秋航空のゲートは136番。1階に降りる。なのでバスに乗って、飛行機が止まってるところまで移動しなければならない。
0時45分ゲートオープン。早く行ってもバスに乗らないといけないので、焦らず。
バスで移動し、タラップで搭乗。久々の感覚だ。
機内は3列×3列。ビジネスクラスはない。
前2列が足元が広い席ぽいけど、個人的にはエコノミーでも狭いとは思わなかった。
脚伸ばせるし。もちろん日系キャリアと比べると座席間隔は狭いけど3時間ぐらいのフライトなら問題がないレベル。
離陸、というか席に座った瞬間から記憶がない。
気付いていたら、上海浦東に到着していたのだ。爆睡。
なので機内サービスとかどうこう言えない状況。雰囲気的に機内食はなし、入国カードは配られる、免税もあるというような様子。
朝3時半に浦東へ降り立つ。
半ば寝ぼけながら、ここでもタラップを降り、バスに乗る。
◆中国入国
浦東はターミナル2に到着。この時間帯は春秋航空のみなので、入国する列もスムーズに進んだ。
パスポートと入国カード出して、そのまま入国。日本人はほぼスルーパスなので、気が楽である。
さて時刻は朝4時、地下鉄は6時からしか動いていない。バスも一応あるけど、こんなに早く市内に行っても店が空いていない。
なので空港で一眠りしてから行くことを決めた。とはいえ、空港の下調べは殆どしていなく、ベンチも少ないので、通路の死角で雑魚寝。
若干床がヒンヤリして、悪くはなかったけど、小さなマットでも持って来ればよかったかなと思った。
春秋航空使う人は、ホテルを早めにチェックインするか、空港泊の対策をしていくことをオススメしたい。
◆おわりに
羽田から上海まで春秋航空を使った。
殆ど眠っていたので感想に困ってしまうけど、悪いとは思わない。
高速バス感覚なら全然だし、眠ってしまえばフラッグキャリアもLCCも関係なくなってしまう。
セールで安い時は900円とかやっていたりするので、上海又は中国に行く時にどうだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です