【香港】西貢:「金山粥店」でお粥と腸粉を朝から堪能する。














2017年12月 1HKD=約15円




海鮮で有名な西貢

離島の塔門に朝から行こうと思い、7時前には西貢にいた。
西貢は九龍半島の北西に位置し、海鮮料理が有名。

港町にもなっており、チャーターフェリーなども出ていたりする。
朝なので海鮮の気分ではない。

今回もオープンライスで検索していたら、「金山粥店」というおかゆの店を見つけたので、行ってみることにした。

金山粥店への行き方(アクセス)

西貢のバスターミナルから行くのが確実だ。

湾沿いを歩いていき、「海鮮街」という門が見えたら右手の道に入る。

この八百屋が見えたら狭い路地を入っていこう。

この写真の景色が目の前に見えていたら、八百屋を通り過ぎている。10メートル下がれば八百屋がある。

金山粥店でお粥

ここはお粥と腸粉のお店。セットで注文する人が多い。
日曜の朝7時前、そこまで人は多くはない。
店自体は朝6時から営業している。平日は13時まで、土日は17時までだ。

メニューはテーブルにあるので、ここでも指差し注文を活用。
お粥は「牛片粥」、腸粉は「蝦腸粉」(小)を注文。
お粥は大体22元(約330円)、腸粉は安くて7元(約105円)、高いと15元(約225円)程だ。


お粥と腸粉は別々の場所で作られる。こういう風景良いよな。

腸粉はすぐ作ってくれるので、先に出てくる。
タレと絡まっており、ネチネチしてなくかなり美味しい。評価が高いのも頷ける。

続いてお粥。アツアツ。特に味付けはされてないので、卓上の調味料で調整していく。肉の旨味が出てるので、そこまで濃くする必要はないかな。

お粥は冷ましながら、やけどしないように気をつけて。
お粥は素朴な味わい、腸粉のタレが少し濃いのでお互いに食べると調和が取れる。こういう狙いなのか?

のんびりとした朝飯。お会計は出る時に。
テイクアウトもできるぽいので、湾沿いで食べてもいいかも。

お店の情報

【店名】金山粥店(Congee)
【住所】香港 Sai Kung, 西貢舊村2號
【アクセス】西貢のバスターミナルから徒歩7分程。
【営業時間】平日06:00~13:00、土日06:00~17:00
【メニュー】お粥は大体22元(約330円)、腸粉は安くて7元(約105円)、高いと15元(約225円)程
【地図】