【ドミニカ共和国】 サントドミンゴ⇒サンペドロ・デ・マコリス、バス移動

サントドミンゴからサンペドロまでバス移動しました。

2015年1月 1DOP=約2.6円

◆はじめに

サントドミンゴから車で1時間離れたところにサンペドロ・デ・マコリスという町がある。

サミー・ソーサやロビンソン・カノーを生んだ野球の町として知られており、広島東洋カープの「カープアカデミー」が在ることで知られている。

カープアカデミー見学のために、ここの町まで向かったので、その時に使ったバス情報を公開する。

現地では路線バスや長距離バスを含めて「グアグア」と呼ぶので、以下グアグアと使う。

◆サントドミンゴ⇒サンペドロ

サントドミンゴは「キャピタル」、サンペドロ・デ・マコリスは「サンペドロ」と呼ばれたりする。

サントドミンゴを出発するグアグアは、バスが多く集まる「パルケ・エンリキージョ」(Parque Enriquillo)の近くから発着する。

Av.MexicoからCalle Jose Martiに入り、少し坂を上がると、サンペドロまで向かうバスの出発ターミナルが見えてくる。会社名は「ASTRAPU」。

サンペドロまでは120ペソ(約312円)。公共交通機関は安い。所要時間は1時間、朝晩のラッシュに巻き込まれると1時間半ぐらいかかる。バスは20~30分に1本のペースで出ており、暑いドミニカでは有難い「エアコン付」だ。

チケットはバスに乗車する前に駐車場内のボックスで購入する。

そして貰った半券を乗車する前、もしくは乗車後に回収しに来た係員に渡す。後は乗っているだけ。チケットボックスは基本お釣りがないものだと思ってほしいので、なるべく細かいお金を用意しておくといいだろう。

サンペドロまでは約1時間。市内で少し客を乗せて、そのままサンペドロまで真っ直ぐ海沿いの道を走るので、首都から向かう場合は進行方向右側が海を見れて綺麗だ。空港やボカチカ付近を見ながらサンペドロへ。

サンペドロ市内に入ってくると、客の要望に応じてバス停に停車していく。バス停にはバイタクの勧誘がたくさん。サンペドロではタクシーやグアグアよりもバイタクのほうが移動としてはポピュラーみたいだ。

1時間で到着。バスは一度オフィス前を経由して、そのまま市内を巡回していくので、地理がワカラナイ人はここのオフィスで降りるといいだろう。終点ではないので注意。乗り過ごしても最後はここに戻ってくるんだけど。

降りるとバイタクの勧誘があるので、行きたいところがある人はバイタクに乗るといいだろう。値段交渉は必須。そこまで吹っかけてはこない。

サントドミンゴまでのバスもここ出発。乗車前にチケット買って、乗るときに渡す。もう1社首都まで運行してみるみたいだけど、詳しい話は知らない。

そこまで難しい話ではないので、サンペドロまで行く人は安いグアグア使ってみてはどうだろうか。

◆サントドミンゴ⇒サンペドロ

【会社】ASTRAPU

【料金】片道120ペソ(2015年1月30日現在)

【時間】約1時間 ※道路状況では1時間半ほどかかる場合も

【発着】

サントドミンゴ発:Parque Enriquillo近くのCalle Jose Martiから

サントドミンゴ着:Parque Enriquillo目の前

サンペドロ発着:Av Francisco Alberto沿い。周辺にはバス会社いくつかある。

海外旅行先でも自由にSNSを使いた人必見!

旅行先でwifiを探して困った経験はありませんか?海外wifiなら1日数百円で自由にネットが使えます!今ならオトクなキャンペーンも実施中!

2 件のコメント

  • 【特別案内】公式ライター・キュレーターのご案内
    稲村航平様
    突然のご連絡失礼致します。
    『Amebaみんなの編集局』の公式ライターのご案内です。
    こちらのブログ記事を拝見させていただき、ご連絡差し上げました。
    記事を拝見させて頂き、是非ともAmebaが運営する情報メディア
    「Spotlight」、「by.S」などのAmeba公式ライターとして
    参加頂けないかと思いお声掛けをさせて頂きました。
    ★記事作成頂けるメディアのご紹介
    Spotlight(話題を生み出す発掘メディア。月間訪問者数が900万人突破!)
    http://spotlight-media.jp/
    by.S(大人ガール層をターゲットにした「毎日をアップデートできるような情報」メディア)
    http://by-s.me/
    などに関する記事を書いていただきたいと考えております。
    旅行・スポット記事例
    http://spotlight-media.jp/trip
    例1)中庭から見えるノスタルジックな風景!旅行の際に訪れたい世界のスタバ5選
    http://spotlight-media.jp/article/109925000548350645
    例2)泊まれば気分は主人公!映画やドラマに出てきそうな世界の宿7選
    http://spotlight-media.jp/article/106927158719173667
    記事は、『Amebaみんなの編集局』という編集システムが御座いますので、
    そちらを使って記事を書いて頂きます。
    ★公式ライターとして参加すると・・・
    弊社が運営するキュレーションバイラルメディア「by.S」、「Spotlight」
    の記事を書いて頂けます。
    記事作成支援金として、記事アクセス数に応じた報酬プログラム
    やランキング賞金など独自のボーナスプログラムが御座います。
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    ▼Amebaみんなの編集局について▼
    https://curation.ameba.jp/
    『Ameba公式ライター』にご興味ありましたら、下記URLより公式ライターに応募をお願い致します。
    Amebaみんなの編集局 ライター応募フォーム
    https://curation.ameba.jp/apply/form#/
    ※応募条件※
    ・月1回以上、記事公開ができる方
    ※注意事項※
    ・必ず経験の有無に関する回答欄に
     ネット上で公開されているあなたが執筆した記事のURLを記載
    ・必ず備考欄に
     「旅ブロガー」と記載
    何かご不明な点がございましたら、下記までお気軽にご連絡ください。
    Ameba公式ライター採用 
    writer_recruit@cyberagent.co.jp
    是非とも、稲村航平様にもご協力いただけたら幸いです。
    ご応募お待ちしております!どうぞよろしくお願いいたします。

  • 株式会社サイバーエージェント 藤 様
    ライターお誘いのご連絡ありがとうございます。
    前向きに検討させて頂きますが、少し考える時間を下さいませ。
    何卒宜しくお願いいたします。
    稲村

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です