【アルメニア】エレバン:市内から空港へ、わずか70円のシャトルバスを利用する。














2017年8月 1AMD=約0.22円

エレバンの空港へのアクセス

エレバンの空港へは、今まで2パターンの行き方があった。
1つがタクシー、もう1つが路線バスを使う方法だ。
前者は確実、後者は安いけど不向きな部分もある。

特に今回は深夜便ということもあり、タクシーを使うことを考えていたが、宿のスタッフから「空港バスがあるわよ」と教えてもらったので、使ってみることにした。

空港シャトルバス

バスが運行をスタートしたのが、今年の6月。まだ始まって2ヶ月経っていない。

ルートは共和国広場から空港へ、逆は空港からバスターミナルを経由して共和国広場へ。
共和国広場には地下鉄が通っているので、ここまで出てしまえば各方面へと向かえる。

共和国広場の乗り場は、噴水前の駐車場。上の噴水の写真でミニバンが止まっているところから。
いくつかミニバンが止まっているけど、こんな感じのもの。フロントに空港とは書いてないが、空港名の「Zvartnots」(ズヴァルトノッツ)と記載があり、✈️EXPRESSと側面に。

地図:

わずか片道300AMD(約66円)。路線バスなら100AMDなので40円差。絶対こっちの方がいい。

しかも24時間運行、素晴らしい。共和国広場を毎時0分に出発するので、分かりやいスケジュール。
僕は23時に出るので、30分前に到着して、車に荷物置いて、出発までは噴水ショーを見ていた。

バスは冷房が効いており、道が空いてれば20分程で空港に到着。
空港はアライバル(1階)に到着するので、出発は2階なのでエスカレーターで上がろう。
料金は降りる際に支払う。

反対に空港から市内に行く人は、到着ターミナルを出たらこのような看板がある。

そしてバス停表記も。ここから出発。これも毎時0分なのかな。1時間に1本だけど、飛行機の本数もそこまで多くないから、ちょうどいいんじゃないかな。

まとめ

エレバンの空港シャトルバスを紹介した。ミニバンスタイルだけど、荷物は後ろに置けるし、速くて快適。ミニバス使う理由がないほど。

共和国広場まで出れば、地下鉄に乗り継げるし、立地としては良いかな。
まだスタートしては間もないので、そこまで知られていない交通機関。是非使ってみてはどうだろうか。